RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.04
21
dmlc.jpg

―ソフト情報―
D.M.L.C.-デスマッチラブコメ-
対応機種:Wii U
メーカー:ケムコ
発売日:2014年4月9日(ニンテンドーeショップにてダウンロード販売)
価格:1,080円(税込)
ジャンル:ノベルアドベンチャー
プレイ人数:1人
CERO:C(15才以上対象)
―――――――

・出落ちで終わらない、引き込まれる独特な世界観が魅力

このゲームの最大の特徴は主人公が女の子に告白されるとゲームオーバーとなるシステムです。

ノベルゲームというと、話を進めていくことで様々なヒロインと結ばれていくゲームが多いジャンルですが、あえてその逆を突く設定で、まずハートを鷲掴みにされます。

しかし、ここで終わらないのが、このゲームのすごいところ。

話を進めれば進めるほど深まっていく謎。
驚きの急展開。
何気ない日常の描写もしっかり盛り込まれることで湧いてくる親近感とそれを否定された時の猜疑心のいたたまれなさ。
その連鎖し、絡まり合った謎が少しずつでもほどけていく快感。

物語の世界にグイグイ引き込まれていく仕掛けがふんだんに用意されているので、気付いたらやめどころを失う。
そんなゲームになっています。

・BGMやイラストが少なく、ボイスはない

いくらダウンロード専用タイトルとはいえ据置機のノベルゲームとしてはBGMやイラストのバリエーションが少なすぎたり、いわゆる一枚絵のイベントシーンもほとんどないため、視覚的な面では物足りなさがあります。

いわゆる「普通」ではない世界なので、ある程度グラフィックでももっと世界観を補完してくれると嬉しかったのですが。

あとはボイスもありません。

そういった意味では良くも悪くも低価格なダウンロード専用タイトルという感じです。

・遊びやすさに配慮されたシステム

ノベルゲームなのでマルチエンディングのスタイルを取っていますが、ルート分岐についてプレイ後に詳しい解説を見ることが出来たりするので、色々なエンディングが見やすいのは嬉しい仕様でした。

ルート分岐のポイントが終盤に固まっているのも周回プレイに優しいです。

・GamePadとノベルゲームは相性抜群

GamePad単体でのプレイも可能なのはノベルゲームと相性抜群でした。

私は一人暮らしなので、テレビの使用は何の気兼ねもないのですが、テレビを使用するよりもGamePad単体プレイの方が軽い気持ちで遊びやすいと思っています。
ノベルゲームの場合、複雑な操作も要求されないため、GmaepPadを使用して、それこそ寝転がりながらとか自由なスタイルで楽しむことが出来るので、据置機で発売するのであればWii Uというのはいい選択だったと思います。

・手頃に楽しめるノベルゲーム

ちょっとクセの強い文章とキャラクターが織りなす物語ですが、それを補って有り余る物語の引き込み力は見事。
「リア充になると爆発する」という力強い設定があるだけに、それをどう料理するのか気になっていたところでしたが、物語の展開はその設定のインパクトを霞めるくらい楽しめるものになっています。

オートセーブやスキップ、ゲームオーバー時やマルチエンディングに関するルート分岐の解説も豊富に用意されており、遊びやすく作られた作品です。

これをフルボイスにしたりもっとイラストの種類を増やすとあと何千円も上がってしまうというのなら、少し見た目はシンプルになってしまいますが、このぐらいの手ごろな価格で提供されて良かったです。

―関連サイト―
D.M.L.C | WiiU
http://www.kemco.jp/applipage/wiigame/wiiu/dmlc/index.html
2014.04
09

戦国無双4 (通常版)戦国無双4 (通常版)
(2014/03/20)
PlayStation 3

商品詳細を見る

―ソフト情報―
「戦国無双4」
対応機種:PlayStation 3
メーカー:コーエーテクモゲームス
発売日:2014年3月20日
価格:[パッケージ版] 7,200円(税抜) / [ダウンロード版] 6,286円(税抜)
ジャンル:タクティカルアクション
プレイ人数:1~2人(オンライン時:2人)
CERO:B(12才以上対象)
備考:PlayStation Vita版も同時発売
―――――――

・これぞ据置機の無双!

とにかくワラワラ感がすごい。
直近で遊んだシリーズが「戦国無双 Chronicle 2nd」なので、やはり携帯機とは敵の表示数、グラフィック共に段違いですね。

まさに据置機ならではのリッチな「無双」という感じになっていて、シリーズの魅力をハードによって良く引き出せています。

特に新たに登場した神速攻撃で手軽にザコ敵を一掃出来るようになり、いつでも爽快感満点のアクションが繰り出せるようになったのが良かったです。
大量の敵を神速攻撃や無双奥義で倒す爽快感が最高!

・物語により引き込まれるようになった無双演武

ナンバリングタイトルで4作目、10周年を迎えるシリーズだけあって、あらかた有力武将を使いきってしまった感のある作品ですが、新規登場武将が有力武将の腹心であることを逆手に取った新しい無双演武の形が良くはまっていました。

「3」では個人ごとにストーリーが用意されていましたが、今作では地方ごとにストーリーが紡がれる形となり、共に戦う仲間とのストーリーが丁寧に描かれ、より合戦感が増しました。

お互いの関係性や個人ではなく「国」として戦国時代とどう向き合っていくのか、という点がしっかりと描かれていたので作品の世界にぐいぐい引き込まれますね。

・操作キャラの切り替えでより面白く

今作では新たに合戦の際に二人の操作キャラを選択し、キャラクターを切り替えながら合戦を攻略していきます。

自分が操作をしていないキャラクターはある程度、行動の指示を出しておくことが出来るので、より効率の良い攻略法を模索していく戦略性が高まりました。
一騎当千の力技も可能ですが、上手く二人のキャラクターを切り替えながら効率的なプレイでクリアが出来るとそれもまた違った達成感があります。

また、キャラクターを切り替えることが出来ることで、いわゆる瞬間移動的な使い方も出来るので、目的の場所に素早く辿りつけるなど、難易度を抑えることにも繋がってます。

・単調で物足りない流浪演武

自分だけのオリジナルの武将を作り、全国各地の武将を仲間にしていく流浪演武。

「戦国無双 Chronicle」シリーズの様に有名な合戦を渡り歩くのではなく、用意された合戦を繰り返し、武将との交流を深めていく内容になっており、どうしても単調です。

例えるなら「モンスターハンター」シリーズでドスジャギィを何回も倒さないとリオレイアが出て来るクエストが出てこない、という感じで、途中でだれてしまいます。

「戦国無双 Chronicle」シリーズとの住み分けが必要だったためだとは思いますが、ただでさえゲームとしては単調なゲームなので、大きな合戦による物語がないと作業感が増すだけなので、このシステムは残念でした。

・横に広いゲーム

このゲームでは総勢50人以上の武将が登場してくるので、自分の好きな武将で好きに楽しめるのがなんと言っても魅力です。

沢山のキャラクターがいるので、史実の上で好きな武将を選んでもいいし、戦国無双のキャラクターに一目ぼれしたとか、単純に爽快感のあるプレイが気持ちいいキャラクターとか、自由に選べる幅の広さがあります。

ゲームのボリュームには重厚長大なストーリーやゲーム自体の奥深さで楽しませる縦に広いボリュームと、豊富なキャラクターやモードで自由に遊べる横に広いボリュームがあると思いますが、このゲームは後者の代表格の様な存在ですね。

―関連サイト―
戦国無双4
http://www.gamecity.ne.jp/sengoku4/
2014.03
24

初音ミク Project mirai 2 (通常版)初音ミク Project mirai 2 (通常版)
(2013/11/28)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

―ソフト情報―
初音ミク Project mirai 2
対応機種:ニンテンドー3DS
メーカー:セガ
発売日:2013年11月28日
価格:[パッケージ版]6,279円(税込)[ダウンロード版]5,600円(税込)
ジャンル:3Dリズムアクション
プレイ人数:1
CERO:A(全年齢対象)
通信:ローカルプレイ(ミニゲームのみ)、すれちがい通信、いつの間に通信
―――――――

とにかくこれでもかと要素が詰め込まれた作品。
満腹です。

前作にもあったボタンモードは円状にカーソルが移動する前作からグラフィカルに動くものにチェンジ。
曲の雰囲気や世界観を多彩に表現してくれる一種の演出になっています。

新たに登場したタッチモードはやや鬼畜的な難易度もあるボタンモードと比べると誰でも親しみやすい難易度が魅力。
プレイしていて楽器を演奏しているような楽しさが味わえるのもタッチのいいところですね。

どちらもタイミングの取り方が上手く気持ちいいです。
1曲も4分程度なのでついつい次の曲、次の曲…とやめ時を忘れてしまいます。

前作に収録されていた曲もまるまる収録した全47曲。
それぞれタッチとボタンで3つの難易度があるので、単純に282譜面!
遊びきれない…

前作でも楽しかったPVへのコメントの交換に加え、プロフィールカード自分で作ったメロディーダンスも交換出来るようになり、すれちがい通信の楽しみも増しました。

コスチュームに加えインテリアを変更出来るようになったり、ミクたちとコミュニケーションが取れるようになったり、ミニゲームで「ぷよぷよ」も遊べたり…あー要素が多すぎて書ききれない!

―関連サイト―
初音ミク Project mirai 2
http://miku.sega.jp/mirai2/index.html
2014.03
20

ピクミン3ピクミン3
(2013/07/13)
Nintendo Wii U

商品詳細を見る

―ソフト情報―
ピクミン3
対応機種:Wii U
メーカー:任天堂
発売日:2013年7月13日
価格:5,700円(税込)
ジャンル:AIアクション
プレイ人数:1~2人
CERO:A(全年齢対象)
対応コントローラー:Wii U GamePad、Wiiリモコン+ヌンチャク、Wii U PRO コントローラー
―――――――

マルチタスク箱庭アクションここに極まれり。

最大で3人のキャラクターを切り替えながらピクミンを指揮出来るようになったため、今まで以上に仕事の効率性を追求出来るようになっています。

キャラクターの切り替えやGamePadを使って操作していないキャラクターの移動の指示を出すなど、操作面では覚えることは多いです。

その分、戦略を練り、覚えた操作を駆使して効率よく作業を進め、複数の作業を見事に達成させた時の達成感が最高です。
やればやるほどどんどんハマっていくのがこのゲームの魅力ですね。

闇雲にピクミンの種類を増やすのではなく、入れ替えをして5種類にしたのは煩雑になりすぎずによかったです。
また、1人と1匹で冒険することになるところからのチュートリアルもしっかりあり、経験者には少し長い気もしましたが、初心者の方も安心です。

相変わらず見た目に反して歯ごたえのあるゲームにはなっていますが、多彩な操作で難所を攻略していくゲームらしい面白さと、小さな世界で奮闘する箱庭世界のかわいさが上手く合わさったゲームになっています。

―関連サイト―
ピクミン3
http://www.nintendo.co.jp/wiiu/ac3j/
2014.03
15
pkmnbt.jpg

―ソフト情報―
ポケモンバトルトローゼ
対応機種:ニンテンドー3DS
メーカー:ポケモン
発売日:2014年3月12日
価格:800円(税込)(ニンテンドーeショップにてダウンロード販売)
ジャンル:アクションパズル
プレイ人数:1~4人
CERO:A(全年齢対象)
通信:ローカルプレイ、すれちがい通信
―――――――

・アクティブなパズルゲーム

3匹同じポケモンを並べて消していくパズルをやりながら敵と戦う、というシステムが一見すると「パズドラ」的に見えますが、「ドロップを動かした際の軌道上のドロップが全てスライドする」という「パズドラ」と違って、こちらは「A地点とB地点のポケモンを入れ替える」システム。

更にコンボを狙う際に一手で狙う「パズドラ」と違い、「パネポン」の様にコンボ中も次の手、次の手とポケモンを動かしていくことでコンボを重ねていくアクティブなパズルゲームになっていて、「パズドラ」をプレイしたことがあると逆に戸惑いますね。

シリーズ初体験なので前作遊んだ方にはお馴染みなのかも。
あと、「パネポン」プレイヤーの方も馴染みやすいかも。

・ピリリと効いた要素がゲームを引き締めてくれる

コンボ中も休むことなく頭と同時に手も動かしていくゲームになっているので、中毒性がものすごく高いと思います。
「消す」作業そのものが面白いと思えるパズルゲームはいいパズルゲーム。

また、簡単な条件でコンボが繋ぎやすくなるトローゼチャンスに突入するのもコンボが沢山出せて脳内アドレナリンを分泌させてくれます。

ただし、トローゼチャンスに入るとポケモンがボックスに追加されなくなります。

そこからフィールド上のすべてのポケモンを消すと、一旦、トローゼチャンスは解除されますが、ポケモンがボックスに満たされコンボが続けられるという仕様になっています。

この、簡単にコンボが決められるトローゼチャンスには入りやすいけれど、そこから更にコンボを繋いでいくのは難しい、というのがピリリと効いていて、プレイに緊張感を与えてくれます。

・いい妨害

敵ポケモンの妨害は通常の「攻撃により自分のエネルギー(=HP)が減らされる」というものの他に、「敵ポケモンが壁を突き破ってボックス内に降りて来る」というものがあります。

この敵ポケモンが壁を突き破ってボックスに降りて来るという仕様がすごく良いです。
妨害としてのレベルが高い。

一度、ボックス内に入られると、そのポケモンを倒すまで自分がパズルで消すために使うスペースが削られてしまうんですね。

これはものすごく邪魔でいやらしさを覚える仕様になっていて、なんとか阻止したいと思えるいい妨害だと思います。

割とザコ的なポケモンは小さく、落ちてきやすいけど邪魔になりにくい。
ボス的なポケモンは大きいので、落ちてきにくいけど落ちてきたらすごい邪魔になる。
というバランスも良かったです。

・ポケモンの色についてもう少し配慮が欲しかった

気になる点としては仕方ないことかもしれませんが、特に色合いが似ているポケモンがいる場合に、ボックス内の視認性が悪いことですね。

全てのポケモンがタイプに合った色をしているわけではないので仕方ないことですが、自分でサポートとして連れてきたポケモン以外のポケモンに関しては似た色のものが被らないように出現させてくれても良かったかも。

・ポケモンがたくさん登場する意味を持たせて欲しかった

ポケモン毎の能力差がほぼ攻撃力のみで、一切サポートポケモンに選ばれないようなポケモンが大半になってしまうのもちょっと残念。
多分、基本的なプレイの上で「使えない」と思われてしまうポケモンの数は本編以上なんじゃないでしょうか。

色々なポケモンが使えるようなバリエーションあるステージや、各ポケモンに最低でも1つ特性を持たせたりしてくれると良かったですね。

―関連サイト―
『ポケモンバトルトローゼ』公式サイト
http://www.pokemon.co.jp/ex/battletrozei/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。