RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09
19
久しぶりにパワフルプロ野球カードゲームのカード紹介です。
ずいぶん間が開いてしまいましたね。
申し訳ないです。
今回は日本を代表するクローザーである千葉ロッテマリーンズの小林雅英選手です。

まずは基本情報。

直球4
変化球4

Hシュート

【自分が変化球3をプレイした時】「変化球」+2。

守備位置 

まず目を引くのが直球と変化球、両方の数値が4ということ。
直球と変化球の数値が同じだと、相手にどちらを投げるのか予測されにくくなり、安定した投球が行えます。

またHシュートの特殊能力を持っているため、変化球3のカードが実質5のカードとして扱え、さらにサクセスカード「変化球投手」(「キレ」か「変化球(ツーシームを除く特殊能力の変化球)」を持つ投手の「変化球」+2)の恩恵を受けるのでさらに安定感が増しています。
ただ、変化球3のカードはサクセスカード「ジャストミート」(ミート打ちで、自分と相手のアクションカードが同じストライクカード(球種と数値の両方)ならば、判定結果がホームランになる)を使われる危険性が高いので、プレイするときは相手の捨て札を覚えておくなど対策が必要でしょう。

小林選手は安定感の高い頼れる抑え投手です。
このゲームでは投手に代打を出す機会が多いので、控え投手は意外と重要です。
そこで、小林選手を使って投手が交代した後もしっかり相手を抑えましょう。

―関連サイト―
パワフルプロ野球カードゲーム公式サイト
http://www.konami.jp/th/card/pawa_p/index.html
2006.09
18
約3週間ぶりにパワプロカードゲームの大会がコナミカードゲームセンターで行われました。
コナミカードゲームセンターは休日&遊戯王の大会開催、ということでものすごい人がいました。が、パワプロカードゲームミニ大会の参加者は私を含め4人。
そのうち一人は私の友人のコモリケイなのですが…
3イニング制トーナメント形式で行われました。
使用デッキは小久保、松中の中軸で一発を狙うHR狙いデッキです。

1回戦:プロ野球チャンスデッキ

2点を先行する幸先のいい展開に持ち込むも、追いつかれピンチに。
しかし、松中の満塁ホームランで一挙4特典を加え、6-2と突き放す。
最終回、満塁のピンチを迎えるも何とか抑えて6-2で勝利。

2回戦:メジャーデッキ

初回に1点先制され、追う展開に。
しかしながら追いつけないうちにさらに1点を追加される。
しかも、相手の投手を崩すことが出来ずに0-2で完封負け。
最後のバッターに好リードは辛い…

結果は2位でした。
前回4位だったので成績が上がってうれしかったです。
しかし、中々対戦は慣れませんね。
相手の出したカードを覚えようにも、数値計算などをしているとぱっと忘れてしまって、覚えていられるカードは数枚…
まだまだ精進が必要です。
2位の商品としてランダムでカードを3枚貰ったのですが、そのうち2枚がヤクルトの青木選手でした…orz
一応、1枚はパラレルだったのですが…落ち込みます。

その後は今日対戦することがなかったコモリと対戦をしたりして過ごしました。
そこでも2連勝したし、今日は中々ついていました。
対戦してくれた方々、ありがとうございました。

コナミカードゲームセンターで来月のイベントスケジュールを貰ってきたので掲載しますね。
10月は9日と21日にイベントがあります。
9日14時からルール教室が行われ、15時からミニ大会が行われます。
21日15時からルール教室が行われ、16時からミニ大会が行われます。
ルール教室→ミニ大会の流れはルールを確認したあとに大会に参加できるので、まだ対戦をしたことがない人も安心して大会に挑めるようになるので歓迎です。
もし大会に出たいけど対戦したことがないから不安、というかたもルール教室でバッチリルールを確認したうえでミニ大会で奮闘してみてはいかがでしょうか?
ルール教室に参加すると今ならまだスリーブセット(40枚)がもらえますしね。
あ、あと今月もまだ23日にミニ大会があるので、そちらの方も参加者募集中ですよ。
自分が募集するものじゃあないのかもしれませんが…
しかも自分はまだいけるか分かりません…
参加したときはよろしくお願いします。

―関連サイト―
パワフルプロ野球カードゲーム公式サイト
http://www.konami.jp/th/card/pawa_p/index.html
2006.09
02
友人のこもりがパワプロカードゲームを始めた、ということで早速対戦してみました。
身近にプレイヤーが増えてうれしい。
ルールは3回まででDHはなしです。

まず1戦目、石井・関本の1、2コンビにやられてしまいました。
粘り打ちで石井が出塁、関本がヒット+サクセスカード好打者で長打に、石井が走塁○でホームインで流れるように1点。
「アベレージヒッター」か「流し打ち」があればミート+3という驚異的な好打者の能力にすっかりやられてしまいました。
強すぎる…
結局はこの1点を守り抜かれて0-1で負け。

2戦目は先発や控えの選手、打順を変えてリベンジ。
しかし、変えた先発の岩隈が大乱調。
初回にあれよあれよと4失点。
後半巻き返すも力及ばず2-5で負け。

3戦目は友人とトレードして手に入れた和田を使い勝負。
相手の岩瀬をジャストミート2回と強打者+フルスイングの超パワーコンボで1イニング中に3ホーマーをたたき出すなど今までの2戦が嘘のように打撃が好調で、最終回に小林雅が1点取られるも6-1で勝利しました。

結果は1勝2敗。
こちらの方がスタメンは全然いい選手が並んでいただけにこの結果は…orz
やはりこのカードゲームで大切なのはかけたお金ではなくプレイングと運ですね。
もっと心理戦がうまくなりたいと思いました。

―関連サイト―
パワフルプロ野球カードゲーム公式サイト
http://www.konami.jp/th/card/pawa_p/index.html
2006.08
30
久しぶりにパワプロカードゲームのカード紹介です。
秋葉原全域で「パワフルプロ野球カードゲーム」の方が売り切れちゃっているらしく、どうしたものか…
近所は売ってるけど高いんだよなぁ…
そんなこんなで今日は昨日、復活を遂げた東北楽天ゴールデンイーグルスの岩隈久志選手です。

まずは基本情報。

直球5
変化球3

スライダー

【自分が変化球3をプレイした時】「変化球」+2

フォーク
【自分が変化球1をプレイした時】「変化球」+1

守備位置 

変化球の特殊能力が2種類あり、バリエーション豊富な投球を見せることが出来ます。
ここぞという場面でサクセスカード「ジャストミート」(ミート打ちで、自分と相手のアクションカードが同じストライクカード(球種と数値の両方)ならば、判定結果がホームランになる。)で一発、という事態を避けやすくなります。

ただ、変化球の数値が3と低いので変化球を投げる際は注意が必要です。
サクセスカード「変化球投手」(「キレ」か「変化球(ツーシームを除く特殊能力の変化球)」を持つ投手の「変化球」+2)や「気合い」(「直球」か「変化球」を宣言する。投手の宣言した球種+2)のカードを使い、強化してあげると安心でしょう。
基本的には直球の能力が5と高いので、直球中心で時折変化球で外す、というピッチングがいいのではないでしょうか。

岩隈選手は楽天のエースらしい先発をしっかり任せられる高い能力を持った投手です。
巧みな投球術で完封しちゃいましょう。

―関連サイト―
パワフルプロ野球カードゲーム公式サイト
http://www.konami.jp/th/card/pawa_p/index.html
2006.08
25
今日はコナミカードゲームセンターで行われたパワフルプロ野球カードゲームのティーチングとミニ大会に参加してきました。
が、緊張のためあまり覚えていないので(^^;軽めのレポートです。

まずはコナミカードゲームセンターの会員登録を済ませ、ティーチングに参加。
ティーチングはデッキは用意されたものを使ったのですが、初めて実戦を行えていい経験になりました。
説明書を読んで大体は理解していたので、それが確認できてよかったです。
ティーチング終了後に参加賞でスリーブ40枚ももらえましたしね。

そしてミニ大会に参加。
参加者は私と高校生の方と小学生が2人の計4人。
ちょっと寂しい感じ。
トーナメントで争われました。
イニングは3回でした。

1回戦。

メジャーデッキ使用の方でした。
やはりメジャーは能力が高いですね。
特に1番イチローは強力です。
白熱する接戦だったのですが、最後にやられてしまい負け。

負けてしまったので3位決定戦へ。

3位決定戦。

日本デッキ使用の小学生が相手でした。
ちょっとルールに対して理解仕切れていないところが見受けられましたね。
上原に代打を出した後の回で上原を出してきました(´Д`;
まぁ、そういうことはちゃんと指摘して進めていきました。
序盤に岩隈が変化球を打たれちゃったのが痛くて結局負けてしまいました。

そんなわけで結果は4位…
参加賞にランダムでカードを1枚もらえて福留のパラレルが出たのが唯一の救いか…?
優勝すると4枚もらえたみたいですが…

その後、戦えなかった子と対戦。
こちらもメジャーデッキ。
序盤に岩隈が大乱調…
結果は負け。

続いてDHを入れて再戦。
今度は1点差に迫られるも何とか勝利。
これが今日唯一の勝利でした…

しかし、こうした対戦を通してなんとなくコツみたいなものが分かってきた気がします。
ぜひもう一度参加してリベンジを果たしたいです!
そのときはもっとレポートも詳細に書けるといいなぁ…

対戦を通じて感じたのはポケモンカードなど通常のターン制のカードゲームに慣れている(多分遊戯王も)と、二人が攻守どちらのターンでも行動を起こすパワプロカードゲームは頭の切り替えが必要ですね。
まったく別物です。
小学生の2人はそれがちゃんと出来てないのか、あまり考えてカードを出す気がないのか、本来なら守備側が先にカードをセットするのに攻撃側のときに先にカードをセットしたり、ミート・パワー選択フェイズを飛ばしてサクセスを使ったり、ぐちゃぐちゃしていました。
確かにパワプロカードゲームはその何を誰がどうする、という手順が難しいのですが、ちゃんと決められた手順でゲームは楽しんで欲しいものです。

―関連サイト―
パワフルプロ野球カードゲーム公式サイト
http://www.konami.jp/th/card/pawa_p/index.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。