RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.02
10
MADWORLD(マッドワールド)【CEROレーティング「Z」】MADWORLD(マッドワールド)【CEROレーティング「Z」】
(2010/02/10)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

「ベヨネッタ」や「無限航路」を開発したプラチナゲームス開発。
Wii初のZ指定ソフト「MADWORLD」が発売されました。
一時は日本での発売はないのかもしれないとやきもきしていましたが、無事に発売されて良かったです。

このゲームはWiiリモコンとヌンチャクを存分に使った残虐すぎるアクションゲームです。
難しい操作はありませんが、ただ敵を殴って倒すだけでなく、道端のオブジェクトを効果的に使って敵を倒すことで、より高得点を狙えるので、どのように高得点を狙っていくか、という戦略性が楽しいです。
初めに丁寧なチュートリアルがあるので、プレイ方法や高得点の狙い方は説明書を読んでいなくても理解出来ます。

ただ、Wiiリモコンやヌンチャクを振る動作が頻繁に出てくるので、あんまり振りすぎると疲れてしまう恐れも…
私は明日、筋肉痛にならないか心配です。

もう、とにかく残虐表現がハンパないです。
思わず目を疑いたくなるような表現が次から次に…
でも、この表現のまま発売してくれてよかった。
突き抜けすぎた残虐表現と独特の黒一色のグラフィックなので、プレイしていて気持ち悪くなったりってことはないと思います。
これがリアルなグラフィックだったらちょっと…という感じですが、残虐すぎる表現とグラフィックのおかげで逆に変に気後れすることなく爽快感が味わえます。

独特の黒一色のグラフィックは全体的に漂うアメコミ調の演出と非常にあっていて良いです。
デモシーンでは本当にコミックを読んでいるかのような感覚を覚えます。
ただ、敵や道端のオブジェクトと背景の区別がつきづらいですね。
一応、敵は画面左下のミニマップに映ってますし、オブジェクトに近付くと「LIFT」とメッセージが表示されるのですが。

難易度はやや高め。
ザコは大したことないのですが、ボスは何だかんだでやられちゃったりします。
ただ、ボス戦でやられてもコンティニューの残りがあれば、今まで削ったボスの体力を引き継いで再開できるので、クリアはしやすいと思います。

3Dのアクションゲームとしては作りは割と平均的。
普通に遊びやすいです。
やっぱり魅力は突き抜けすぎた残虐表現と世界観、オブジェクトを組み合わせて高得点を狙う戦略性でしょう。
18歳以上の方で、なんだか最近色々溜まってるな、と思っている人はぜひこの突き抜けた残虐表現が生む爽快感を体感してみてはいかがでしょうか。

―関連サイト―
MADWORLD
http://www.spike.co.jp/madworld/
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。