RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.02
04
ドラゴンクエストVI 幻の大地ドラゴンクエストVI 幻の大地
(2010/01/28)
Nintendo DS

商品詳細を見る

真実を発見する旅へ。
SFC版の発売から14年。
初のリメイクとなった「ドラゴンクエストVI 幻の大地」が発売されました。

SFC版は友人に借りてちょこっとしかやったことのない私。
今回は購入したのでエンディングまで迎えたいです。

システムは今までDSでリメイクされた「ドラクエ」シリーズと同様。
キャラクターやフィールドは2D、街やダンジョンは3Dといういつもの形です。
操作も今までと同じですね。
タッチペンでは操作できませんけれど、元々「ドラクエ」は複雑な操作がいるゲームではないので、操作で戸惑うことはないでしょう。

教会でのセーブだけでなく、中断機能も搭載されており、移動中でも安心して遊べると思います。

すれ違い通信は今回も対応していますが、私はまだそこまでプレイが出来ていないので何とも…
かなりハイペースで売れているようなので、何とかこの波に乗ってすれ違い通信したいところですが…

これはオリジナル版の違いによるところだと思うのですが、演出面が過去2作よりも強化されていますね。
ドットのキャラクターの細かな動きだとか、SFCの後期に発売されただけはありますね。

うーん、正直、あんまり書くことがないくらい、安定感はあるんですがいつも通りの作り。

スライムカーリングなどのミニゲームが入っていたりしますが、新しい要素は弱いですね。
ただ、DSでの「ドラクエ」のリメイク版は「ドラクエ」のリメイクとしては1つの完成系だと思うので、SFCでは遊んだけれどDSでのリメイク版は1度も遊んだことがない、という方も違和感なく遊ぶことが出来るでしょう。
あんまりRPGは遊んだことがない、という方も難しいシステムや操作がいらない「ドラクエ」なので安心して遊べるでしょう。
「IX」しか遊んだことがない、という方は2Dだけの戦闘シーンとか、ちょっと違和感を感じるかもしれませんが、昔ながらの「ドラクエ」の味だと思いますので、ぜひ体験してみてください。

つまりまぁ、いつも通り誰でも楽しめる「ドラクエ」に仕上がっていますので、安心してください、ってことです。
以上。

―関連サイト―
ドラゴンクエストVI 幻の大地
http://www.square-enix.co.jp/dragonquest/4to6/dsdq6/index.html
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。