RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01
21
ラストウィンドウ 真夜中の約束ラストウィンドウ 真夜中の約束
(2010/01/14)
Nintendo DS

商品詳細を見る

自らの手で、読み解いていく物語。
任天堂とシングのタッグによるアドベンチャーゲームの最新作「ラストウィンドウ 真夜中の約束」が発売されました。

前作に当たる「ウィッシュルーム 天使の記憶」が面白かったので、今回も期待しつつ購入しました。

全体的には前作を踏襲した安定感のあるつくりになっています。
前作も丁寧に作られて安心して楽しめるアドベンチャーゲームだったので、今回も同じような作りで一安心です。

この作品の魅力としては多数のイラストを動かして登場人物が動いているように見せる演出会話の駆け引きが重要になっていくアドベンチャーパートDSの特性を活かした謎解きがあると思うんですよ。

演出については前作以上にパワーアップ。
バストアップのイラストだけでなく、全身のイラストを使った演出も多用されています。
また、前作よりも表情やしぐさの種類が増えて、前作以上にキャラクターたちの感情を豊かに表現しています。

ただ、操作が前作を踏襲しているので、前作であまり気に入らなかった移動画面での操作はやっぱりあまり気に入らないんですよねぇ。
タッチペンでカイルを移動させるのはいいのですが、気になるところを調べるのには虫眼鏡のアイコンをタッチしたり、辺りを見渡すために画面下にあるレバーを動かしたり、前作のままでした…
十字ボタンとタッチペンの併用で移動画面がすごくしっくりきた「AGAIN FBI超心理捜査官」の方が私は好きです。
オールタッチペン操作の弊害と言えるかもしれません。

今までの行動を小説という形でしっかりと残せるのはゲームをやる時間があまり取れない人には嬉しい機能ですね。
しばらくやっていなくても、しっかりと今までの流れを復習できます。
それだけでなく、あらすじや登場人物の特徴などもいつでも確認できるので、サクッと前回のプレイを思い出したり人物関係を思い出したりするのも便利。
このあたりのフォローの巧さは感心させられます。

章の終りにはその章で起きたことを振り返ることができるのも振り返ることでしっかりとストーリーを頭に入れることになるので私は好きです。

やはり丁寧に作られていて、アドベンチャーゲームが初めての方やなかなか時間の取れない方にも遊んでいただきやすい作品になっていると思います。
ストーリーについてはまだ序盤なので、分からないことばかり。
「AGAIN」のように事件がいきなり始まるわけではないので、序盤は少しダレてしまうかもしれません。
今後の展開に期待です。

―関連サイト―
ラストウィンドウ 真夜中の約束
http://www.nintendo.co.jp/ds/yluj/
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

DS『ラストウィンドウ 真夜中の約束』 ファーストインプレッション

『ラストウィンドウ 真夜中の約束』 対応ハード : DS 発売元 : 任天堂 開発 : シング 発売日 : 2010/01/14 希望小売価格 : 4,800円(税込) ジャンル : アドベンチャー プレイ人数 : 1人(セーブデータ3つ) 備考 : 振動カードリッジ対応(※DSi・DSi LLでは使用で?...

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。