RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01
16
バイオハザード/ダークサイド・クロニクルズ コレクターズ・パッケージ(サントラCD「ダークサイド・シンフォニー」、映像DVD「ダークサイド・フラッシュバック」、特典冊子「ダークサイド・レポート」同梱)バイオハザード/ダークサイド・クロニクルズ コレクターズ・パッケージ(サントラCD「ダークサイド・シンフォニー」、映像DVD「ダークサイド・フラッシュバック」、特典冊子「ダークサイド・レポート」同梱)
(2010/01/14)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

銃撃が呼び起こす、恐怖と闇の記憶。
Wiiならではのガンシューティングになったクロニクルシリーズ最新作「バイオハザード/ダークサイド・クロニクルズ」が発売されました。

今回は「バイオハザード2」、「バイオハザード コード:ベロニカ」のストーリーを追体験できるのに加え、レオンとクラウザー2人による「オペレーション・ハヴィエ」という新シナリオが楽しめます。

操作はWiiリモコン1つでも遊べるシンプルなものになっています。
ポイントして撃つ訳です。
分かりやすい。
それだけでなく、武器の入れ替えがしやすくなるヌンチャクスタイルガンシューティングの臨場感が増すWiiザッパーにも対応。
オススメはやっぱりヌンチャクスタイルですかね。
ボタンの押しやすさ、武器の入れ替えのしやすさが1番だと思います。

グラフィックはHD機で使われてる技術を流用しているというだけあって、Wiiながらしっかりと綺麗なものになっています。
銃撃で破壊やアクションが起こるオブジェも多数用意されており、作り手の丁寧さを感じます。

やはり一人称視点のガンシューティングゲームなので臨場感が抜群ですね。
音も中々良いです。
リロードする音や体力が減った際の鼓動の音など臨場感を増すのに一役買ってますね。
出来る限り音も楽しんでほしいです。

ただ、視点移動が激しいので、割と酔い易いかもしれません。
私は3D酔いはしない方なのですが、それでもちょっと驚くぐらい移動しています。
その視点移動や音が臨場感を増している要因でもあるのですが、難しいところです。

ガンシューティングゲームなので、Wi-Fiランキング機能は搭載されて良かったですね。
1つの目標になります。

難易度はちょっと高いかもしれません。
ノーマルでも油断は禁物。
ただ、1プレイ辺りが短いので、きっちり集中して、ゲームに取り組むのにはちょうどいい刺激かと思います。

1プレイ辺り10分程度で終わるものなので、気軽に楽しめる作品だと思います。
1プレイ辺りが短いのは2人プレイとの相性が良さそう。
ただ、気軽に楽しむだけでなく前述したWi-Fiランキングやステージ中に隠されたアーカイブ集めやプレイ内容によって称号が得られるタイトルなどやり込む要素も充実。
気軽にもしっかりも楽しめる作品になっています。

―関連サイト―
バイオハザード/ダークサイド・クロニクルズ
http://www.capcom.co.jp/bio_dc/
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Wii『バイオハザード/ダークサイド・クロニクルズ』 ファーストインプレッション

  (※右側は「コレクターズ・パッケージ」です) 『バイオハザード/ダークサイド・クロニクルズ』 対応ハード : Wii 発売元 : カプコン 開発 : キャビア 発売日 : 2010/01/14 希望小売価格 : 7,340円(税込) ジャンル : ホラーガンシューティング プレイ人数 ?...

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。