RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.12
31
Category : ゲームの話題
いよいよ今年もあと僅か。
今年はどんな1年でしたか?

毎年恒例となってきましたこの企画。
まずは今年購入したソフトを振り返ってみましょう。

1月

Wii 「FRAGILE ~さよなら月の廃墟~」(バンダイナムコゲームス)
DS 「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル エコーズ・オブ・タイム」(スクウェア・エニックス)
DS 「ひらめきアクション ちびっこワギャンの大きな冒険」(バンダイナムコゲームス)

2月

Wiiウェア 「珍道中!! ポールの大冒険」(セガ)
Wiiウェア 「Board Warriors」(ハドソン)
DS 「マリオ&ルイージRPG3!!!」(任天堂)
Wii 「ワンピース アンリミテッドクルーズ エピソード2 目覚める勇者」(バンダイナムコゲームス)

3月

Wii 「実況パワフルプロ野球NEXT」(コナミ)
DSiウェア 「ころがしパズル塊魂」(バンダイナムコゲームス)
DSiウェア 「空気読み。DS」(Gモード)

4月

VC 「星のカービィ3」(任天堂)
DS 「メイドイン俺」(任天堂)

5月

Wii 「ウイニングイレブン プレーメーカー2009」(コナミ)

6月

Wiiウェア 「王だぁ!」(ポイソフト)
Wii 「アークライズファンタジア」(マーベラスエンターテイメント)
DSiウェア 「ドラゴンクエストウォーズ」(スクウェア・エニックス)
Wii 「Wii Sports Resort」(任天堂)
Wiiウェア 「光と闇の姫君と世界征服の塔 ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル」(スクウェア・エニックス)

7月

DSiウェア 「エレクトロプランクトン トレーピー」(任天堂)
DS 「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」(スクウェア・エニックス)
DSiウェア 「エレクトロプランクトン レックレック」(任天堂)
DS 「おかえり!ちびロボ! ハッピーリッチー大そうじ!」(任天堂)

8月

Wiiウェア 「トメナサンナーWii」(コナミ)
Wiiウェア 「ディシプリン*帝国の誕生」(マーベラスエンターテイメント)
DS 「日本経済新聞社監修 知らないままでは損をする「モノやお金のしくみ」DS」(任天堂)

9月

Wii 「王様物語」(マーベラスエンターテイメント)
DS 「ラブプラス」(コナミ)
DS 「ポケットモンスター ハートゴールド」(ポケモン)
DSiウェア 「遊べる絵本 マインドテン」(任天堂)
DS 「アイドルマスター ディアリースターズ」(バンダイナムコゲームス)

10月

Wiiウェア 「Shadow Walker 影の少年と光の妖精」(ゲームアーツ)

11月

Wii 「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー」(スクウェア・エニックス)
DS 「レイトン教授と魔神の笛」(レベルファイブ)

12月

Wii 「New スーパーマリオブラザーズ Wii」(任天堂)
Wii 「戦国無双3」(コーエー)
Wii 「ウイニングイレブン プレーメーカー2010」(コナミ)
DS 「AGAIN FBI超心理捜査官」(テクモ)
DS 「極限脱出 9時間9人9の扉」(スパイク)
DS 「ゼルダの伝説 大地の汽笛」(任天堂)

以上。
39本。
また去年より増えました。
しかし、まだまだクリアできていないソフトがごっそりあるような…

フォーマット別に見てみると

Wiiディスク 11本
Wiiウェア 7本
VC 1本
DSソフト 14本
DSiウェア 6本

Wiiディスクがちょっと減ってますね。
多分、去年7本もあった任天堂のWiiディスクが今年は2本だけだったせいかと…
反対にDSソフトが増えました。
去年より倍増。
「ドラクエ」や「ラブプラス」、「アイマス」などの話題作が多かったですからね。

今年はWiiウェア、DSiウェア共に購入本数が増えましたね。
WiiウェアはSDカードメニューの登場も大きかったですね。
あれで気軽に買えるようになりました。
反面、VCは1本のみ。
確かに、魅力的なソフトの配信が少なくなってきたVCですが、新しいゲームが遊びたくて、古いゲームには構っていられない、というのが実情です。

そういえば、PS3向けのソフトを1本も買ってない…

メーカー別では

任天堂 11本
バンダイナムコゲームス 5本
スクウェア・エニックス 5本
コナミ 5本
マーベラスエンターテイメント 3本
セガ 1本
ハドソン 1本
Gモード 1本
ポイソフト 1本
ポケモン 1本
ゲームアーツ 1本
レベルファイブ 1本
コーエー 1本
テクモ 1本
スパイク 1本

任天堂の構成比が30%を切りましたね。
昨年、一昨年と40%程度は任天堂のソフトだったので若干下がった感じ。
それでも月に1本近く任天堂のソフトを買っている訳ですが。

やはり配信系のソフトでマイナーなメーカーのソフトを遊ぶ機会が増えましたからね。
また、「AGAIN」や「999」の様にデベロッパー重視での作品選択も影響しているでしょう。

来年もこんな感じでにぎやかなラインナップになるといいのですが。

次はハードごとにこの1年で1番オススメのソフトを挙げたいと思います。
今年は配信型のソフトも増えたのでWiiディスク部門、Wiiウェア部門、DSソフト部門、DSiウェア部門、新人賞の5部門でいきたいと思います。

Wiiディスク部門

ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー

ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラーファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー
(2009/11/12)
Nintendo Wii

商品詳細を見る


まるで自分が映画の主人公にでもなったかのような没入感。
演出面は流石、FFシリーズという出来栄え。

ドラマチックな物語だけでなく、シューティングやレースなど様々な遊びの要素も満載でやり込み要素も多彩。
気軽に楽しみたい人にもじっくりと遊びつくしたい人にもオススメ出来る作品です。

Wiiウェア部門

珍道中!! ポールの大冒険

このゲームはアクションゲームではなく一発ネタです。
こんなただのネタを1本のゲームに出来てしまうのがWiiウェアのいいところではないでしょうか。
パッケージに負けないようなWiiウェアソフトも多数ありますが、Wiiウェアらしさ、という点ではこのソフトが1番よかったと思います。
あれだけ喋って500Wiiポイントと、とってもお買い得ですしね。

ネタだけでなく、アクションゲームとしても意外と(?)しっかり出来ているので、懐かしの横スクロールアクションとしても楽しめると思います。

DSソフト部門

ラブプラス

ラブプラスラブプラス
(2009/09/03)
Nintendo DS

商品詳細を見る


閉塞感のあった恋愛シミュレーションというジャンルに大きな一石を投じた作品。
ここにあるのは「ゲーム」ではなく「生活」なんだと思います。
一言で言うと「nintendogs」の彼女版な訳なんですが。

シナリオを読み進めていって、女の子との恋愛を成就させるだけでなく、彼女とのリアルタイムの恋愛を楽しむ。
本当の意味での恋愛シミュレーションと言えるのではないでしょうか。
こんなソフトだからこそ、ネットであれだけ話題になったんだと思います。

DSiウェア部門

ころがしパズル塊魂

内容としては「コズモギャング・ザ・パズル」を「塊魂」向けにアレンジしたものなのですが、元のシステムが良く出来ているんでしょうね、病みつきになる面白さがあります。
いつでもどこでも楽しめるパズルゲームというジャンルはやっぱりDSiウェアと親和性が高いですね。
本家とは別物なので「塊魂」を遊んだことがない方にもオススメです。

新人賞

アークライズファンタジア

アークライズ ファンタジア(特典無し)アークライズ ファンタジア(特典無し)
(2009/06/04)
Nintendo Wii

商品詳細を見る


続編、シリーズもの以外でオススメのソフトを選ぶ新人賞。
今年はマーベラスエンターテイメントの「アークライズファンタジア」です。

悪く言ってしまうと内容としてはありきたりな、「テイルズ」っぽいRPG。
それでもきっちりと丁寧に作られた良質のRPGでした。

戦略的でありながら分かりやすい戦闘システム、魅力的なキャラクターたち、武器のカスタマイズやクエストなどメインストーリーだけではないやり込み要素。
様々な要素が詰め込まれていて、よくぞここまで、と言いたくなる良く出来たRPGです。
ちなみに歴代のWiiソフトの中でもトップクラスのプレイ時間を掛けたくらいボリュームも申し分なしです。

ラブプラス

ラブプラスラブプラス
(2009/09/03)
Nintendo DS

商品詳細を見る


そして今年はもう1本。
「アークライズファンタジア」が従来型を丁寧に踏襲した新星なのに対して、「ラブプラス」は前述したとおり、今までのそのジャンルに一石を投じる革新的な新星。
どうしても決められなくて、両方を新人賞にしたいと思います。

以上。
今年はこのような形になりました。
今年はオススメを決めるのにかなり悩んだ気がします。
新人賞は2つになっちゃうし…
来年もこんな風に悩めるといいのですが。

やっぱり今年のゲームを語る上で、「ラブプラス」は避けては通れない話題ですよねぇ。
その他にも「ドラクエ」や「ポケモン」、私はやってませんが「FF」とか、話題作の多い1年だったと思います。
皆さんのお気に入りはどんなソフトだったでしょうか。

来年はとりあえず今年、消化しきれていないゲームを消化しつつ、1月には早くも「バイオ」や「ドラクエ」などが控えており、休まる暇がありません…
こう、だーっとクリアしたいものですが、こうも数が多いと中々…
来年の目標はゲームをクリアすることですかね。

あと、Wiiウェアなどで色々なメーカーのソフトに触れ合える機会が増えてきたので、来年もこの傾向が続くといいな、と思います。
それでは、よいお年を。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。