RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.12
16
極限脱出 9時間9人9の扉極限脱出 9時間9人9の扉
(2009/12/10)
Nintendo DS

商品詳細を見る

プロデューサーに「428 封鎖された渋谷で」のイシイジロウさん。
シナリオ&ディレクションに「Ever17 -the out of infinity-」の打越鋼太郎さん。
キャラクターデザインに「ストリートファイター」シリーズの西村キヌさん。
という豪華布陣で送るチュンソフトの新作サウンドノベル「極限脱出 9時間9人9の扉」が発売されました。

サウンドノベルは「428」しかプレイしたことはありません。
でも、「428」が面白すぎて面白すぎて、そんな「428」の総監督であるイシイジロウさんが関わっているとなれば(今回はプロデューサーですが)期待せずにはいられません。

このゲームは大きく2つのパートに分かれて進行していきます。

1つは選択肢を選んでシナリオを進めていく「ノベルパート」。
もう1つはタッチペンを利用し、アイテムや知恵を駆使して密室からの脱出を図る「脱出パート」。
それらを交互に繰り返して物語を進めていきます。
ちなみに、このゲームはマルチエンディングだそうで、ノベルパートで選んだ選択によってエンディングまで変化してしまうそうです。

私は脱出ゲームというジャンルは初めてなのですが、DSとの相性はいいと思いました。
密室の中に散りばめられた怪しいところをタッチして、アイテムを集めたりしながら謎を解く。
DSなので怪しいところを感覚的にタッチすることが出来ます。

脱出パートで必要なのは洞察力と根気強さですね。
しっかりと集中して見落とさない力、何度も部屋の中を調べていく粘り強さ。
どちらも私に足りないものだ…

ノベルパートでは上画面にキャラクターが表示され、セリフはそちらに表示されるので、誰のセリフかというのが理解しやすくなっています。
反面、上画面のキャラクターの動きが少ないのがちょっと残念です。

マルチエンディングなんですが、セーブデータが1つしか作れないのはどうなんでしょうか。
私はあんまりマルチエンディングのものって遊ばないので、これでいいのかも知れませんが。
いくつかセーブ出来た方が便利だとは思いました。
あとは1周辺りのプレイ時間次第かな?
ただ、いつでもセーブ出来るのはとてもいいです。

いかんせんシナリオはまだ途中なので謎だらけです。
一緒に行動しているメンバーも謎だらけ。
謎が謎を呼んで、やっぱり続きが気になる作りに。
果たしてゼロの目的やいかに!?

静のノベルパートと動の脱出パートがあることで、メリハリが生まれてゲームを楽しくさせてくれています。
脱出パート中にノベルパートが挟まれることがあり、脱出パートが浮いた感じにならないよう上手くまとまっていると思いました。
体験版は脱出パートだけだったので、あれだけではこのゲームの面白さは計れませんね。
やっぱり面白かったです。
プレイヤーを間違いなく極限脱出の世界に誘ってくれるでしょう。

―関連サイト―
極限脱出 9時間9人9の扉
http://www.chunsoft.co.jp/games/999/ds/
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。