RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.12
16
AGAIN FBI超心理捜査官AGAIN FBI超心理捜査官
(2009/12/10)
Nintendo DS

商品詳細を見る

「アナザーコード」や「ウィッシュルーム」でお馴染みの開発会社、シングが手がける新作アドベンチャーゲーム「AGAIN FBI超心理捜査官」が発売されました。

シングのアドベンチャーゲームは「ウィッシュルーム」しかプレイしたことはありませんが、そんな「ウィッシュルーム」が好きだったので、非常にそれっぽい「AGAIN」は楽しみでした。
そしたら「ウィッシュルーム」の新作が発表されてのけぞりましたが、「AGAIN」には「AGAIN」にしかない楽しみがあると期待して購入。

このゲームはDSを縦持ちして進めていくアドベンチャーゲームです。
大きく2つのパートに分けられます。

1つ目は情報やアイテムを駆使し、証言者から様々な証言を集め事件の真相に迫っていく、ごく普通のアドベンチャーゲームっぽい「捜査パート」。
2つ目はこのゲームの肝とも言える「パストヴィジョンパート」。
過去と現在の左右の画面を見比べ、過去を再現することで、過去、その場所で起こった出来事を知り、真実を解き明かします。

遊んでみて、丁寧に作られたアドベンチャーゲームだと感じました。

過去の会話のログが見られるのは勿論、セーブからの再開時には簡単なあらすじが流れるので、ちょっぴりプレイの間隔が開いてしまったとしても安心して再開できます。

FBIのオフィスに戻ると相棒がヒントをくれるのも親切で、誰でも詰まることなく捜査を進められると思います。

また、作品全体の雰囲気がとても良いです。
海外ドラマを意識した、というだけあって、音楽や演出によりゲームらしからぬ落ち着きを持った作品になっていると思います。
作品の雰囲気の良さはぜひ公式サイトなどで確認してください。

登場するキャラクター達は複数の絵を使って動いているように見せているので、臨場感は抜群。
「ウィッシュルーム」でも同様の表現方法が採られてましたね。

惜しむべくはパストヴィジョンの説明が小難しくなりすぎていること。
左右に過去と現在の映像が出るので、タッチペンを駆使して現在の状況を過去に合わせる。という内容なのに説明が小難しくて、とっつきにくい印象を与えてしまっているなぁ、と思います。
プレイヤーは画面を見ていますが、主人公のジェイは現場を見ているので、その差を埋めて、上手く説明するのは確かに難しいのですが。

肝心なストーリーですが、まだ序盤なので何とも言えませんが、ちょっと驚きの展開があったところで今これを書いているので、続きが気になって仕方ありません。
まだまだ奥が深そうです。

これは安心して遊べるアドベンチャーゲームですね。
とりあえず「ウィッシュルーム」が好きだった方には楽しんでもらえるのではないかと思います。
これは来月発売される「ラストウィンドウ」にも期待大です。

―関連サイト―
AGAIN FBI超心理捜査官
http://www.tecmo.info/product/again/
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。