RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11
13
ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラーファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー
(2009/11/12)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

発表からどのくらい経ったでしょうか。
いよいよ、Wii用ソフト「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー」が発売されました。
みなさん言っていると思いますが、相変わらず長いタイトルです。

「FFCC」というと協力プレイが楽しめるアクションRPGというのが普段のイメージですが、今回はがらりと変わって基本的にはソロプレイのアクションアドベンチャーです。
時代設定が他のシリーズと比べてずっと後、というとこもあり、根底の世界観ぐらいしか共有してるものはありません。
しかも、主人公のレイルは剣などの武器は使わず、手近にある物体やモンスターを武器にして戦ったり、一風変わった感じになっています。
ほとんど別物なので、シリーズ未経験の方も入りやすいと思います。

序盤を遊んだ感想を一言で言うと、期待を裏切らない面白い作品に仕上がっています。

プレイを始めると畳みかけるようにイベントシーンが続きますが、途中、プレイアブルイベントが入るので長いイベントシーンも苦にならず、逆にぐっと世界に引き込まれていきます。
初めのデモが終わった後もぐいぐいとストーリーに引っ張られていき、時間を忘れて楽しむことが出来ました。
「428」の時も感じましたが、先へ先へと進みたくなることが結果として長いプレイ時間に繋がったとしても、全く疲れたりしないんですよね。
むしろすがすがしい。
あー面白かったぜ、という感じ。

こうやって入り込めるのもWiiとしてはかなり綺麗な部類に入るグラフィックがあるからこそですね。
美麗な映像だからこそ、よりリアルを感じて物語に入り込めます。
Wiiの限界を理解しつつもそこを上手くカバーするような見せ方、作り方になっていて、本当に綺麗です。

また、豊富に用意されたプレイアブルイベントが物語を単調にさせないのもいいですね。
ともすればRPGなどって同じ様なコマンド式のバトルを続けないといけなかったりするわけです。
しかし、このゲームであればレースゲーム的な要素あり、ステルスゲーム的な要素あり、色々な側面を見せてくれます。

この様に様々な操作方法が要求される本作ですが、何かの操作が必要な場面では画面にしっかりとヘルプが表示されるので、操作方法で迷うことはないでしょう。
しかも、あまりミスをしないような作りになっていますし、万一、ミスをしてしまっても直前からやり直せるような作りになっているので、アクションゲームなどが苦手な人でも楽しめると思います。

不満があるとすればワールドマップがないことですね。
物語上、必要な行き先の指南はスティルツキンというシリーズお馴染みのキャラクター(ただし、今回はちょっとイケメン)が教えてくれるのですが、そもそもその言われた場所はどっちだろう、みたいなこともあるわけで。
標識の矢印を持ち上げれば、矢印が常に行き先を教えてくれるのですが、その標識がまず見つからなかったり。
うーむ、ワールドマップ欲しかったです。

あ、あと、街の人々とあんまり会話できないことですかね。
一応、街の人々がどんなことを考えているのかアイコンは出るのですが、会話は出来ないんですよね。
「ようこそ、葡萄農園へ」みたいなのはないのです。
ちょっと寂しい。

いつでも写真を撮れる機能は面白いけれど使うかな?という感じ。
FFCCTCB091113_001641.jpg
こんな感じでイベントシーンでも写真が撮れますが、没入感を絶ってまで写真を撮る必要があるのか?と。
でも、今後、色々なところに行くようになったら色々撮りたくなるのかも。
まだ分かりません。

ゲームシステムもグラフィックも本当にしっかりと作り込まれていて、とりあえず、序盤は大満足。
私は初代以外は「FFCC」シリーズを色々遊んできて、かなり期待を高くして待っていたのに、さらにその期待を超える出来でした。
この年末、Wiiで1番のオススメソフト…かも。

―関連サイト―
ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー
http://www.crystalbearers.jp/
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。