RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10
31
最近はすっかり積みゲーが多くなり、一刻も早く消化せねばと、残念ながらゲームの購入を控えていたのですが、つい「Shadow Walker 影の少年と光の妖精」を購入してしまいました。
やっぱりWiiウェアは敷居が低くてつい買ってしまいますよね。

このゲームは光の妖精・ポポとなって、木の妖精・ルクスを影を使って導いてあげる、というパズル要素の強いアクションゲームとなっています。

プレイヤーはステージ上に配置されているマホマホの柱を利用して影を作り、影と影とを結び、影の中でしか移動できないルクスをゴールへ導きます。

勿論、ゴールまでの道のりは一筋縄ではいきません。
道中、ルクスを影の外に飛ばそうとするオバケがいるので、上手いこと避ける方法を考えないといけません。
また、マホマホの柱は3種類の属性があり、その属性に応じてステージ上のギミックが色々変化するので、何をどうすれば道が開けるのか考えさせられます。

説明書を読んだあたりでは少し複雑に感じましたが、実際にプレイしてみると、序盤のステージは段階的にプレイ方法が学べる様なチュートリアルになっており、非常に分かりやすかったです。
ここで基本を学んだことで、それ以降、初めて見るギミックでも想像力を膨らませて攻略できるようになりました。

ただ、マホマホの柱で作った影は時間が経つと消えてしまうのですが、その影が消えてしまうまでの時間を表示して欲しかったです。
いける、と思ったところで影が消えてミスになってしまうことも…

全体的に丁寧に作られていて、遊びやすく、やっぱり落としてよかったと思います。
あとはボリューム次第でしょうか。
1000Wiiポイントなのでそれなりに期待していますが…

操作もシンプルですし、主に体より頭を使うゲームなので、アクションが苦手な人でも楽しめると思います。
ほのぼのとした世界観もいいですね。

―関連サイト―
Shadow Walker 影の少年と光の妖精
http://shadow.gamearts.jp/index.html
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。