RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07
05
ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクルシリーズのWiiウェア第2弾。
今度は魔王の娘・ミラとなり、クリスタルを守るため、塔に魔物を設置して、迫りくる冒険者たちをなぎ倒す。
世界征服RPG、「光と闇の姫君と世界征服の塔 ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル」が配信開始されました。

前作「小さな王様と約束の国」では国を発展させつつ、各地に冒険者たちを送り、魔王を倒す、というどちらかと”静”のイメージの強い作品でした。
しかし、今回はとにかく臨機応変に行動していく、”動”のイメージが強い作品になっています。

ゲームを始める際にはワールドマップから攻め込むステージを選択して、大戦争を始めます。

大戦争中に自分が行える行動は主に以下の4つです。

フロアを設置。
モンスターを召喚。
モンスターを強化。
アイテムを使う。


これらを駆使し、最上階のダーククリスタルを冒険者から守り抜きます。

それぞれの行動を行うためにはネガティブパワー(NP)というポイントが必要になってきます。
初めにあるNPをすべて使用しても、冒険者を倒すことでNPを回復させることが出来ます。
しかし、冒険者の攻め方に臨機応変に対応するためにも、先を見越した計画性が必要です。

まずはフロアの設置を行います。
フロアがなければ冒険者は塔を最上階まで素通りです。
フロアには冒険者に危害を加えるものや、モンスターをサポートするものなど様々。
種類によってモンスターを配置できる数も変わって来るので、迫りくる冒険者に合わせて最適なフロアを選びましょう。

モンスターの召喚&強化では各フロアにモンスターを配置していきます。
モンスターにはそれぞれ系統があります。
系統は5種類。

格闘系。
射撃系。
魔法系。
回復系。
汎用系。


3すくみの関係があり、格闘系は射撃系に強く、射撃系は魔法系に強く、魔法系は格闘系に強くなっています。
この系統はモンスター、冒険者ともに持っているものなので、攻めてくる冒険者の系統に合わせてフロアのモンスターの構成を調整するといいでしょう。

冒険の途中で手に入れられるアイテムを使用することで、大戦争を有利に進めることが出来ます。
アイテムは1ステージでの使用回数が限られているので、タイミングを見計らって使用しましょう。

また、ステージを終えるとカルマを入手することが出来ます。
このカルマを使用することで、塔の強化やモンスターの強化を行うことが出来ます。
ステージクリアに失敗しても、倒した冒険者分のカルマが手に入るので、もし躓いても次に進めるチャンスが生まれますね。

次々に迫りくる冒険者に対して、フロアを設置したりモンスターを設置したり、忙しくも楽しい作品になっています。
簡単そうに見えて、意外と奥が深いです。
系統の3すくみは勿論、冒険者によってはフロアのモンスターをすべて攻撃したり、フロア自体を攻撃して、モンスター諸共フロアを破壊したり、ただ単純にフロアに大量のモンスターを配置しただけでは攻略は難しいです。
ただ、難しい分、冒険者の動きを予測して、フロアやモンスターの配置が上手くいった時は快感です。
リアルタイムストラテジー的な楽しさがあります。

結構、ぱっと見は複雑なのですが、フロアの設置から学べるチュートリアルがあるので、安心して始められます。
また、システムのポイントはワールドマップでいつでも確認できるようになっている親切設計です。
Wiiウェアのソフトなのでここはポイント高いです。

マップの種類も豊富で、メインストーリーだけでなくサブマップもあり、追加コンテンツを購入しなくても十分楽しめそうです。
追加コンテンツがあると、クリアの助けになって良さそうですけどね。

前作の登場キャラクターが敵として登場するなど、前作経験者にはちょっと嬉しい演出も○。

ただ、相変わらずキャラクターが無表情なのはなんとかならないものでしょうか…
ミラはイメージ的にもっと快活なイメージがあるので、あの無表情のままでは違和感がすごい…

ただ、そこさえ脳内補完すれば、かなり楽しめるソフトになっていると思います。
「光と闇の姫君と世界征服の塔」といい「王だぁ!」といい、Wiiウェアは手ごろながらしっかり遊べるソフトが多いですよね。

あ、あとこの長くて覚えにくいタイトルも何とかして欲しかったかなぁ、と思います。
人と話したりするの大変です。

―関連サイト―
光と闇の姫君と世界征服の塔 ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル
http://www.mylifeasadarklord.jp/index.html
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。