RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.03
28
ケータイアプリで展開されていた、いつでもどこでも空気が読める「空気読み。」が「空気読み。DS」としてDSiウェアに登場しました。

このゲームでは様々なシチュエーションで自分の分身となる「お前」をボタンを使ったり、タッチペンを使ったり、はたまたマイクに息を吹きかけたりして、その場の空気を読んだ行動をしていくゲームです。

100問の空気を読むシチュエーションが登場し、すべてを終えると、どれだけ空気が読めていたかが診断できます。

操作もすべて空気を読んで判断することになります。
ボタンを押して動かしそうならばボタンを押せばいいですし、上っぽかったら十字ボタンの上を押す、とう感じです。

しかし、思った通りの動きをしてくれない場合もあったので、もういっそ、すべてタッチペンだけで操作が出来る、とかの方が良かったですね。
ボタン+十字ボタン+タッチペン+マイクでは最適な入力方法が何なのかから探さなくてはいけませんから。

ボリューム的には本当に100問の診断をやったら、特にもう1度やろうとは思わないくらいさっぱりとしたものになっています。
すでに答えの分かっている空気を読んでも…

誰かに遊んでもらうにしても、サクッと楽しめる10問での空気読み診断ではかなーりアバウトな診断しかされず、かといって100問はちょっと多いような気がして、中途半端な感じが残念。
せっかく「空気が読めるかどうか診断できる」という一人で遊ぶよりも、多人数でシェアするような遊び方が似合う題材なのに、上手く料理できていないなぁ、と。
遊びやすさとしては「脳トレ」みたいな感じがちょうど良かったと思います。

独特の世界観と空気が読めているかどうか診断できるという題材はとても良かったと思います。
それだけにゲームとしての完成度に不満が残るものでした。
次回は「もっと空気が読める 大人の空気読みトレーニング」という感じでお願いします。

―関連サイト―
空気読み。DS
http://www.g-mode.jp/title/kuukiyomi/dsi/
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。