RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.12
31
Category : ゲームの話題
毎年恒例(?)の1年を振り返るこの企画。
今年も相変わらず色々な事がありました。
まずは今年購入したソフトを振り返ってみましょう。

1月

Wii 「ソニックライダース シューティングスターストーリー」(セガ)
Wii 「大乱闘スマッシュブラザーズX」(任天堂)

2月

Wii 「ウイニングイレブン プレーメーカー2008」(コナミ)

3月

VC 「ジョイメカファイト」(任天堂)
Wiiウェア 「小さな王様と約束の国 ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル」(スクウェア・エニックス)
Wiiウェア 「みんなのポケモン牧場」(ポケモン)
Wiiウェア 「ことばのパズル もじぴったんWii」(バンダイナムコゲームス)

4月

Wii 「マリオカートWii」(任天堂)

5月

Wii 「リンクのボウガントレーニング」(任天堂)
DS 「プロ野球チームをつくろう!」(セガ)

6月

VC 「ヨッシーのクッキー」(任天堂)
VC 「スーパーマリオRPG」(任天堂)
PS3 「四季庭」(ソニー・コンピュータエンタテイメント)

7月

DS 「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」(スクウェア・エニックス)
DS 「リズム天国ゴールド」(任天堂)
DS 「パンダさん日記」(バンダイナムコゲームス)

8月

Wiiウェア 「スペースインベーダー ゲットイーブン ~逆襲のスペースインベーダー~」(タイトー)
Wii 「キャプテン★レインボー」(任天堂)

9月

Wii 「ワンピース アンリミテッドクルーズ エピソード1 波に揺れる秘宝」(バンダイナムコゲームス)
DS 「クイズマジックアカデミーDS」(コナミ)
DS 「ポケットモンスター プラチナ」(ポケモン)
Wii 「DISASTER DAY OF CRISIS」(任天堂)

10月

Wii 「Wii Music」(任天堂)
PS3 「リトルビッグプラネット」(ソニー・コンピュータエンタテイメント)

11月

Wii 「街へいこうよ どうぶつの森」(任天堂)
DS 「レイトン教授と最後の時間旅行」(レベルファイブ)
PS3 「ワールドサッカー ウイニングイレブン2009」(コナミ)

12月

Wii 「428 封鎖された渋谷で」(セガ)
Wii 「風のクロノア door to phantomile」(バンダイナムコゲームス)
Wii 「レッツタップ」(セガ)
Wii 「Wiiであそぶ ピクミン」(任天堂)
DSiウェア 「DECODE」(任天堂)

以上。
全部で32本。
去年よりも増えてる…
顕著な伸びを見せているのはオンライン配信系のソフト。
昨年はVCの5本のみでしたが、今年はWiiウェア、DSiウェアが開始されたこともあり9本を購入。
この部分の伸びが全体の伸びを後押ししましたね。

メーカー別では
任天堂 13本
セガ 4本
バンダイナムコゲームス 4本
コナミ 3本
スクウェア・エニックス 2本
ポケモン 2本
ソニー・コンピュータエンタテイメント 2本
タイトー 1本
レベルファイブ 1本

相変わらず任天堂強しですが、今年はセガの躍進が目覚ましいですね。
「428」や「レッツタップ」など興味深いソフトをたくさんリリースしてくれました。
そういえばカプコンがないですね。
来年に期待したいところです。

次はハードごとにこの1年で1番のオススメのソフトを挙げたいと思います。

Wii部門

マリオカートWii

マリオカートWii(「Wiiハンドル」×1同梱)マリオカートWii(「Wiiハンドル」×1同梱)
(2008/04/10)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

「マリオカートDS」の頃よりWi-Fi機能が強化されたことにより、マリオカートが本来持っている誰かと競う楽しさがさらに倍増した快作だと思います。
Wi-Fiでは最大12人で対戦が可能になり、ネットワークを通じて大会も開催されました。
今までもローカルでの4人対戦や雑誌やHP上でのタイムアタックの大会などはありましたが、誰もが気軽に、というのには少し敷居が高いものでした。
そういった本来「マリオカート」が持っていた楽しさをWi-Fiによってより気軽に触れられるようになったと思います。
さらにはWiiハンドルという新しい操作系で元々広かった間口をさらに広げることにも成功しているのがすごいです。
「マリオカート」の新しいスタンダードとなる作品でしょう。

DS部門

ドラゴンクエストV 天空の花嫁

ドラゴンクエストV 天空の花嫁ドラゴンクエストV 天空の花嫁
(2008/07/17)
Nintendo DS

商品詳細を見る

システム面もシナリオ面も素晴らしい。
思い出補正があるとしても名作の魅力は色褪せません。
モンスターを仲間に出来るシステムは自分だけのパーティを作る楽しみを味わえますし、親と子、出会いと別れが織り成すストーリーは引き込まれること請け合い。
「ドラクエIII」にあったような自由さ「ドラクエIV」にあったようなドラマ性を両立した、国民的RPGであるドラクエの1つの完成形だと思います。

PS3部門

リトルビッグプラネット

リトルビッグプラネットリトルビッグプラネット
(2008/10/30)
PLAYSTATION 3

商品詳細を見る

ユーザーのクリエイティビティが加わることでこんなにもゲームの世界が広がるのか、と驚きを隠せません。
ただのアクションゲームとしてみたら、至って普通の綺麗なグラフィックのアクションゲームです。
しかし、この作品の本当の魅力はステージをクリエイトし、それをシェア出来ること。
この作品はユーザーがいる限り、常に新鮮で新しい驚きを与え続けてくれるのです。
それは、時に私たち一般的なユーザーが意図していなかったような、ものすごい驚きを私たちに与えてくれたりします。
それはこの作品が持っている自由度の高さがもたらす驚きの場合もありますし、発想の転換が生んだ驚きの場合もあります。
驚きの種類も多種多様です。
そういったものを探す楽しみも含めてこのゲームの楽しさは成り立っているんだと思います。
この作品を遊ぶのならばネット環境は必須でしょう。
しかしながら、ネット環境があるのならPS3を買ってでも遊んでもらいたい、そんな作品になっています。

新人賞

リトルビッグプラネット

リトルビッグプラネットリトルビッグプラネット
(2008/10/30)
PLAYSTATION 3

商品詳細を見る

続編、シリーズものを除いた作品から選ばれる新人賞。
今年は「ウイイレ プレーメーカー2008」や「428」といった新人賞に分類すべきかどうか困る名作もありましたが、やはり出会った際のインパクト、そして本当の意味での新人賞、ということで「リトルビッグプラネット」に決めました。
ハード別部門と史上初のダブル受賞です。

今年はこのような形になりました。
我ながら普通すぎて驚きます。
新人賞のところで名前の挙がっていた「ウイイレ プレーメーカー2008」や「428」はどちらもWii部門を獲ってもおかしくない作品だったとは思いますが、やはり「マリオカートWii」という壁は相当高いものでした。
相手が悪かったですねー。

今年感じたことはやはりいよいよ、ネットワークサービスが本格化してきたな、ということです。
Wiiウェアが開始され、ソフトも様々な種類のものが出てきました。
年末にはDSiウェアも始まり、ソフトをダウンロードするというのが今後定着していくでしょう。
さらにネットワークを使用してただ対戦するだけでなく、「リトルビッグプラネット」や「うごくメモ帳」が見せているようにユーザーのクリエイティビティがゲームをさらに盛り上げる様な、そんなソフトが今後も増えていくのではないでしょうか。
来年はネットワークを通じ、どんな新しいサービスが提供されるのか、楽しみに待っていたいと思います。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

今年も1年、ありがとうございました。

今年、私のほうはちょっと企みがあって、来年になってから振り返ろうかと思いますが、maneさんと似たような感想になるかもしれません(笑)
ま、それはそれで私なりの答えなので、いいんですけどね。

来年もよろしくお願いします。
どうぞ、良いお年をお過ごしください。

あけましておめでとうございます。

こちらこそ、旧年中はお世話になりました。
今年もよろしくお願いします。

その企み、楽しみにしておきますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。