RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.10
03
Category : ゲームの話題
○本体保存メモリの容量不足は2009年春頃解決予定

正式にアナウンスがされて何より。
SDカードを使って今までよりも簡単に、それでいてセキュリティもしっかりとした方法みたいです。
SDカードから1つの操作でソフトが起動できるようなので、今までよりずいぶん楽になりますね。
あとは起動に必要な時間次第ですね。
内臓のメモリと同じくらいであって欲しいのですが…

○インターネット接続率の向上へさらなる取り組みを発表

この秋から製造するWiiにWiiをインターネットに繋ぐと出来ることをまとめた3分半くらいのムービーがチャンネルとして組み込まれるそうです。
見てみたいなー。
どこかで見れるといいですね。

そして注目の施策としてはやはり「Wiiネット接続できる人ができない人を手助けして500Wiiポイントを両方がもらえるキャンペーン」ですかね。
よくあるお友達紹介キャンペーンのWii版というところでしょうか。
一定の手順を踏むことで、インターネットに繋げるようになったWiiとそれを手伝った人のWiiに500Wiiポイントをプレゼントする、というサービス。
すでにNTTと連携していますから、さらに企業と組むのではなく、1人1人に協力を仰ぐサービスとは、まったく予想していませんでした。
これはやってみたい。
しかし、周囲にそういう人がいない。
どうすれば…!?

○新規タイトルも多数、Wiiタイトルラインナップ発表

この年末、Wiiで最も注目されているタイトル「街へいこうよ どうぶつの森」の発売日が11月20日決定しました。
新しい周辺機器Wiiスピーク同梱版が7800円(税込)、ソフト単体が5800円(税込)。
Wiiスピークは電話のような使い方が出来る「Wiiスピークチャンネル」でも使えるようです。
このチャンネルはWiiスピークを持っている人同士が会話を出来るのはもちろん、Wiiスピークを持っていない人にも音声付きのメッセージを送ることが出来るそうで、利用の幅が広がりそうですね。
あとはカメラを付けてテレビ電話のようなことが出来れば最強ではないでしょうか。

Wiiは非常に多くの新規タイトルが発表されました。
年末に向けては世界初、リモコンを持たずにプレイできる「Let's TAP」や久々のコンシューマーでの登場となる「風のクロノア」など興味が湧くタイトルがたくさん発表されました。
また年明け以降は「罪と罰2(仮)」などのゲーマー向けタイトルはもちろん、「みんなが主役のNHK紅白クイズ合戦(仮)」など幅広い層へ向けたラインナップが発表されました。

さらにコーエーから「戦国無双3」、ナムコからは「テイルズ」シリーズのマザーシップタイトル、もちろんカプコンからは「モンスターハンター3」各社の主力級タイトルも紹介されました。
ただ、一般の方には音声のみでしたが。
画面が見れないとなんとも言えませんが、これは期待して大丈夫でしょう。

そして新たにGC時代の作品をWiiの操作系に作り直した作品群「Wiiであそぶセレクション」シリーズが年末から7タイトル展開されていきます。
その第1弾「Wiiであそぶドンキーコングジャングルビート」が12月11日に発売、第2弾「Wiiであそぶピクミン」が12月25日発売となっています。
どちらも価格が3800円(仮)とお求めやすくなっているのは魅力ですね。
というか、「ピクミン」欲しい。
確かにGC版もやったし、まだ持っていますが、Wiiリモコンと「ピクミン」の親和性を想像しただけで、もうワクワクが止まりません。
ある意味、今回のカンファレンスで1番興奮したタイトルでした。

今回のカンファレンスではE3では期待されながらもあまり発表のなかったゲーマーにも強いWiiの姿、というのをある程度示せたのではないかと思います。
内蔵保存メモリ問題や層の薄さが指摘されていたゲーマー向けタイトルの充実が発表され、いよいよWiiがポストPS2となる未来も近くなってきたのではないでしょうか。

―関連サイト―
任天堂ホームページ
http://www.nintendo.co.jp/
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。