RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02
24
ノンブランドタイトルながら発売初週で13万本を売り上げ、今も品薄状態が続く、レベルファイブの「レイトン教授と不思議な町」。
発売日に購入してやっとプレイし終わりました。
プレイ時間は13時間くらい。
最近はセーブデータにプレイ時間が記載される場合が多くてこういうの書きやすいですね。

クリアまでにあまり時間がかからない、と聞いていたのでちょっと不安でしたが、まぁ、こんなもんかな、という感じ。
私がただ単純に時間がかかりすぎなのでしょうか。
ただ、やはりナゾの総数は120+αということで、少しボリュームには不満が残りますね。
ナゾは1度解いてしまえばもう1度、というわけにはいきませんので…
そういった点ではWi-Fiでの問題配信は期待です。
思い出した頃に受信すれば一気に問題が増えててウハウハですね。

ストーリー的にはアドベンチャー的なパートをこなしていくなかで、ナゾを次々に解いていく、というものです。
ただ、このナゾが大体ストーリーとは直接の関係がないものなんですよね。
川を渡るから川を渡る問題を出される、みたいな。
今作ではこれでも良かったかもしれませんが、続編も予定されているので、続編も同じような構成だとしたら、少しマンネリ気味になってしまうかもしれませんね。
ナゾとストーリーの融合をもっと期待したいです。

アニメはもうちょっと随所に入るのかなぁ、と思わせておいて、あまり多くはありませんでした。
序盤がアドベンチャーパートとナゾトキをこなしてすぐにアニメ、ということが続いたので、ちょっと期待しすぎだったのかも。
DSではこのぐらいが限界かな。
でも、もうちょっと期待したいのも事実。
クリア後にはアニメを観ることが出来るモードがあったのはよかったです。

クリア後のオマケは結構充実してますね。
てか、資料関係は相当凝ってるんですね。
世界観がとても良かったのはこういった細かい世界設定のおかげかな。
次回作も期待したいです。

ナゾトキは単純に面白いし、ストーリーも個性豊なキャラクター達が盛り上げてくれてとても良かったです。
ナゾトキとストーリーを融合させる、というレベルファイブの試みは概ね成功していると言えるのではないでしょうか。
なんにせよ次回作で本当の実力が発揮されるかな、と思います。
続編もできるだけ早く発売して欲しいです。
その前にまだ見つけてないナゾを見つけなくては。
では。

―関連サイト―
レイトン教授と不思議な町
http://www.layton.jp/
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

レベルファイブのこれから

ディベロッパーの頃のレベルファイブはそれこそスクエニ化という印象が強く、特に「ローグギャラクシー」ではアイタタ感は否めませんでしたねw
そのレベルファイブが今回パブリッシャーとなり、RPGというジャンルからもクオリティを求めるという行為からも離れ、純粋に新しいジャンルの開拓に挑みました。これによってレベルファイブの印象は大きく変わったんじゃないかと思います。

ディベロッパーではあくなき高みの挑戦を。パブリッシャーではあくなき新世界の挑戦を求めるレベルファイブの、今後に注目していきましょう。

そうですね

実は現行機は任天堂ハードしか持っていないので他ハードのレベルファイブ製のソフトはやったことがないんですよ…
なので、大変参考になりました。
そうですね、デベロッパーとしてはドラクエなども控えつつ、パブリッシャーとしても頑張っていって欲しいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。