RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.05
07




慶応大学の特別招聘教授で、GREEの社外取締役も務められている夏野剛さんのTwitter上での発言が色々と物議をかもしている様なので、ちょっと思ったことを2つほど言いたいと思います。

まずは問題の本質を捉えずに比較対象にしていること。

今回、コメントの元となった話題は「妖怪ウォッチ」の「妖怪メダル」という玩具が品薄のため、それを買い求める人々が殺到しているという話題が元になっていました。

メダルは確かに数十種類のメダルの中からランダムで封入されており、レアなメダルは出づらく希少価値の高いものになっていますが、品薄になっているのは「妖怪ウォッチ」自体の人気が社会現象化しており、玩具の売れ行きが好調なためであり、封入されるメダル自体のレアリティで射幸心を煽っている訳ではありません。
「人気がありすぎて買えない」だけであり、問題の本質は最近のカップヌードルトムヤムクン味と同じような需給バランスの問題です。

一方、かつてソーシャルゲームがやり玉に挙げられたときに問題になったのは景品表示法でも規制されている「カード合わせ」という手法を取ったコンプガチャの問題であり、本質的な部分が全く異なっています。

それなのに両者を比べて違っているというのは意味がない言説の様に思えます。



そしてもう1つ、いくつか同じような発言があるのですが「子どもを騙すのは社会的な批判の声が大きいから、馬鹿を騙してお金をむしり取ろう」と聞こえてしまうのは私だけでしょうか。

この「自己責任論」で自らの関わる事業の正当性を証明するしかない状況というのは、その事業が実態のない虚業と言われても致し方ないと自ら認めているようにも聞こえます。
事業主ですら商品価値の正当性を説明できない状況な訳ですから。

企業にはあの手この手の煽りで作り出した「虚像の価値」ではなく、価値を認めた上で支払ってもらえる「本質的な価値」を提供していって欲しいです。
騙した相手は一期一会でも、ファンは細くても長く付き合ってくれるものです。

人間の数に上限がある以上「虚像の価値」に対価を支払う人はいつかいなくなります。
少しずつでも少しでも多くの人と少しでも長く付き合っていくことが、業界全体の繁栄に繋がると思うのですがいかがでしょうか。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。