RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.05
04
party.png

関ジャニ∞の安田くんと丸山くんを起用した「集まればWii U」というCMが流れていたのを覚えていますか?

元々、「集まればWii」という様々なシチュエーションで集まった人々がWiiに興じるCMがあり、そのWii U版という形でした。

でも、このCM、Wii版とWii U版では明らかに違う点があるのです。

それはWii U版は「家族・親戚」しかフィーチャーされていない、ということです。
Wii版の頃は女子会や鍋会など、大人だけが集まるシチュエーションが用意されていたのに…

そもそもPS4やPS3だと人が集まって遊ぶ姿をあまり強く打ち出してない…

これはつまり、大人が集まって据置型のゲーム機で遊ぶことがあまり想定されていない・想像されていないということの表れなのではないかと危機感を覚えました。

でも、確かにインターネット環境もますます整備されている昨今、例えば「マリオカート8」を遊ぶのなら、わざわざ誰かの家に集まらなくても、インターネットを通じて遠く離れた友達と対戦出来てしまいます。
その方が部屋を片付ける必要もないし、奥さんのご機嫌をうかがう必要もありません。

だとしたら、これからの時代、大人も集まってでも遊びたくなるパーティーゲームとは何なのか。

キーワードはAR(拡張現実)です。

ARとは「人が知覚する現実環境をコンピュータにより拡張する技術」(Wikipediaより引用)
つまり、コンピューターの力を使って現実の世界を仮想現実の世界と結びつける技術な訳です。

3DS本体に同封されているARカードなどに代表されるように、カメラを通じてそこにないものを浮かび上がらせるものなどが一般的ですが、他にも身近な例を挙げると「Wii Fit」も一種のARと言えます。

「Wii Fit」はゲームではありますが、ゲームの中の世界のキャラクターを成長させたり、ゴールへの到達を目指すのではなく、自分自身の現実のダイエットや健康管理にゲームを活用するという形になっています。
コンピューターによって作られた仮想現実を使って現実世界に影響を与える様な構造になっているんですね。

この様にARは既に私たちの生活やゲームとの付き合い方に新しい一面を提供してくれています。

つまり、これからのパーティーゲームに求められるのはインターネット回線を通じて交換出来てしまう様なデータで構成されるものではなく、ネット回線では交換不可能なリアルの場で対面した人々の「現実」をより面白い方向に拡張出来るゲームの提供にこそあると思います。

「Wii Party」シリーズのリビングパーティやWii Uダウンロードソフトの「わいわい!みんなでチャレンジ」などがまさにこれに当たりますね。

これらの遊びやソフトは場としてゲームを活用するのではなく、「現実」を拡張する手助けをゲーム機に負わせることで、「現実」での遊びの幅を広げてくれています。

現行ハードではWii U GamePadやKinect、PlayStation Cameraといった一風変わったデバイスが多数登場しています。
そんな今だからこそ、ただデータをやり取りするための場であったゲーム機のパーティーゲームをゲーム機の力で「現実」そのものを拡張する方向にアップデートする時が来ているのではないでしょうか。

そう、今こそパーティーゲームは変革のチャンス。
「集まればゲーム」の新しい時代を期待しています。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。