RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.04
21
dmlc.jpg

―ソフト情報―
D.M.L.C.-デスマッチラブコメ-
対応機種:Wii U
メーカー:ケムコ
発売日:2014年4月9日(ニンテンドーeショップにてダウンロード販売)
価格:1,080円(税込)
ジャンル:ノベルアドベンチャー
プレイ人数:1人
CERO:C(15才以上対象)
―――――――

・出落ちで終わらない、引き込まれる独特な世界観が魅力

このゲームの最大の特徴は主人公が女の子に告白されるとゲームオーバーとなるシステムです。

ノベルゲームというと、話を進めていくことで様々なヒロインと結ばれていくゲームが多いジャンルですが、あえてその逆を突く設定で、まずハートを鷲掴みにされます。

しかし、ここで終わらないのが、このゲームのすごいところ。

話を進めれば進めるほど深まっていく謎。
驚きの急展開。
何気ない日常の描写もしっかり盛り込まれることで湧いてくる親近感とそれを否定された時の猜疑心のいたたまれなさ。
その連鎖し、絡まり合った謎が少しずつでもほどけていく快感。

物語の世界にグイグイ引き込まれていく仕掛けがふんだんに用意されているので、気付いたらやめどころを失う。
そんなゲームになっています。

・BGMやイラストが少なく、ボイスはない

いくらダウンロード専用タイトルとはいえ据置機のノベルゲームとしてはBGMやイラストのバリエーションが少なすぎたり、いわゆる一枚絵のイベントシーンもほとんどないため、視覚的な面では物足りなさがあります。

いわゆる「普通」ではない世界なので、ある程度グラフィックでももっと世界観を補完してくれると嬉しかったのですが。

あとはボイスもありません。

そういった意味では良くも悪くも低価格なダウンロード専用タイトルという感じです。

・遊びやすさに配慮されたシステム

ノベルゲームなのでマルチエンディングのスタイルを取っていますが、ルート分岐についてプレイ後に詳しい解説を見ることが出来たりするので、色々なエンディングが見やすいのは嬉しい仕様でした。

ルート分岐のポイントが終盤に固まっているのも周回プレイに優しいです。

・GamePadとノベルゲームは相性抜群

GamePad単体でのプレイも可能なのはノベルゲームと相性抜群でした。

私は一人暮らしなので、テレビの使用は何の気兼ねもないのですが、テレビを使用するよりもGamePad単体プレイの方が軽い気持ちで遊びやすいと思っています。
ノベルゲームの場合、複雑な操作も要求されないため、GmaepPadを使用して、それこそ寝転がりながらとか自由なスタイルで楽しむことが出来るので、据置機で発売するのであればWii Uというのはいい選択だったと思います。

・手頃に楽しめるノベルゲーム

ちょっとクセの強い文章とキャラクターが織りなす物語ですが、それを補って有り余る物語の引き込み力は見事。
「リア充になると爆発する」という力強い設定があるだけに、それをどう料理するのか気になっていたところでしたが、物語の展開はその設定のインパクトを霞めるくらい楽しめるものになっています。

オートセーブやスキップ、ゲームオーバー時やマルチエンディングに関するルート分岐の解説も豊富に用意されており、遊びやすく作られた作品です。

これをフルボイスにしたりもっとイラストの種類を増やすとあと何千円も上がってしまうというのなら、少し見た目はシンプルになってしまいますが、このぐらいの手ごろな価格で提供されて良かったです。

―関連サイト―
D.M.L.C | WiiU
http://www.kemco.jp/applipage/wiigame/wiiu/dmlc/index.html
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。