RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.03
19
nwifi.jpg


少し前ですが、こんなニュースが流れてきました。

ニンテンドーDSとWiiのネット通信サービス「Wi-Fiコネクション」終了 - ITmedia ニュース

ニンテンドーDSとWiiで提供されてきたネット通信サービス「ニンテンドーWi-Fiコネクション」が5月20日23時でサービスの提供を終了すると発表されました。

2005年11月にサービスを開始してから実に8年半。
有料サービスであった64DDのランドネットが約1年、モバイルアダプタGBが約2年でサービスを終了したことを考えると、無料のサービスでありながらこれだけの期間提供されてきたことは、それだけネットワークを介したサービスが一般に普及した証だとは思います。

元々、ニンテンドーWi-Fiコネクションは対応ソフトの収益から運営費用を賄うことで無料でのサービスの提供を実現していたものなので、対応ソフトが出なくなった(3DSとWii Uは新たなネットワークサービス「ニンテンドーネットワーク」に移行)今、サービスを続けていくのは困難と判断されたのではないでしょうか。

さて、ここでやっと今日の本題。

かつてはハードメーカーはソフトウェアを動かすための筐体としてのハード設計を行うこと以上に、自社ハードに向けたクオリティの高いソフトウェアを提供することこそ、一番の仕事と言えるものでした。

しかし、これからは、ハードメーカーによるおもてなし戦国時代がやってくると確信しています。

というか、すでにそれは来ています。
これからさらに過熱していきます。

その1つの理由が、各ハードメーカーが提供する有料での会員サービスの普及です。

すでにXbox時代からネット通信プレイなどの利用では有料の会員登録が必要だったマイクロソフトに加え、新たにプレイステーション4からはソニーもネット通信プレイなどの利用のためには有料での会員登録が必要になりました。

それぞれ月額500円くらいのサービスなので、それほど利用のハードルは高くないものですが、これが例えば、2社、3社と加入する必要が出て来るとしたら、結構な負担になってしまいます。

そう考えると、ユーザーは出来るだけ有料会員登録するハードを抑えたい、となるのが自然の流れ。

結果としてより一層ハードが選択されることとなり、ハード間の競争がし烈なものになってきます。

ゲーム機なので、提供されるソフトウェアの充実というのは各社取り組んでくるところではありますが、PCとのマルチ展開が当たり前の洋ゲーの例を見て分かるように、自社開発ソフト以外のソフトラインナップで差別化を図るのは今後、ますます難しいものとなっています。

そこで各社、自社ハードで提供するサービスの面にますます力を入れていきます。

すでに行われているような過去作の無料提供だったり、セーブデータのオンラインストレージ機能だったり、有料会員限定のスペシャルなアプリケーションの提供などだけでなく、今後、ユーザーが望むと望まざるともハードメーカーは自社ハード向けのサービスを充実してきます。

自社内でソフト開発に避けるリソースには限界がありますから、そこにプラスアルファで誰もがうらやむ超大作を開発するのは難しいことです。

使えるリソースの中で誰もがうらやむソフトを更に増やすことが難しいとしたら、ハードメーカーが大規模なソフト開発よりは平易なサービス面の充実に走ることは想像に難くありません。

一方、有料の会員サービスを提供していない任天堂にもこの出来事は対岸の火事とはいえません。

過去作の無料提供や会員限定セールなど有料会員ならではのお得感のあるサービスがないのは納得できる部分はありますが、インターネットブラウザなどアプリケーションの面では他社と同程度の水準が求められます。

無料を貫く任天堂がどれだけサービスの面で他社と見劣りしないものを提供するのか。
難しい舵取りが求められています。

ますます過熱するハードメーカーによるおもてなしの様相はまさに戦国時代。

次はどんなあっと驚くサービスが提供されるのか。
何はともあれ、ゲームライフがより充実すれば嬉しいですね。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。