RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.03
14
―ソフト情報―
黒子スタイル
対応機種:ニンテンドー3DS
メーカー:インプラス
発売日:2014年3月12日
価格:600円(税込)(ニンテンドーeショップにてダウンロード販売)
ジャンル:黒子ジャンプアクションゲーム
プレイ人数:1人
CERO:A(全年齢対象)
―――――――

・見た目に反してストイック

ちょっとかわいらしい見た目に反して思ったよりストイックに覚えていくゲームですね。

基本的にコースを周回していく形になるので、コースの形状や攻撃に必要なエネルギーや攻撃の属性を変える属性玉の配置を覚えることが攻略のカギです。

ただし、パターンを覚えてその通りに攻略をしていくタイプなのに、自分が出来ることは目の前へのジャンプと走ってるラインの変更と変更した攻撃の属性を捨てることの3つだけなので単調さは否めないです。

強制スクロールのアクションの宿命として、どうしてもステージの構成に激しい特徴の差を付けれないところや各ステージのクリア条件が特定の数のスイマを倒すだけになってしまってることが単調に感じしまう原因かも。

・せっかくの特徴が活かせない序盤が山場

このゲーム、黒子のスタイルによって能力や攻撃の属性、くろこ自体の挙動が変わってきて、それが遊びの幅を広げてくれるというのが特徴なのですが、このスタイル、ゲーム内のショップで購入して増やすことになります。

ただ、もう少し、各スタイルの取得はしやすくて良かったんじゃないかなぁ…

特に序盤。
いきなりスタイルをひとつ選択させられるけど、最初は別のスタイルを購入する元手がないので、延々と同じスタイルを使わざるを得なくなって、序盤で投げ出したくなる。

・分かりにくいけれど練られているシステム

黒子をはじめ、敵のスイマなどのデザインはよく出来ていると思います。

また、各スタイルは見た目や名前が捻られていて面白いですし、スタイルごとの能力や挙動は差が少ないけど、特徴を出そうとしてるのは感じ取れますね。

強制スクロールのジャンプアクションというスマートフォン向けゲームなどにもあるような超シンプルな基本システムに奥と手前のある3ライン制挙動や能力の異なるスタイルなど、オリジナルの味付けを施そうという気概が感じられるのはいいですね。

少しシステムの説明が上手くないのか、ゲーム開始時は分かりづらいところもありますが、慣れて来るとそのオリジナリティが魅力に感じられますね。

・なんと言っても売り方が下手

しかしまぁ、あんなにも世界観の説明が下手なゲームも珍しいと思います。
まぁ、ストーリーや世界観なんてあってないようなタイプのゲームだけど、もっと上手く説明出来なかったものか。

ゲーム自体の説明も一体、どんなゲームなのか想像しづらい。

自動スクロールでせまる足場を飛び越えましょう。

「スタイル」はスイマを倒すほどにレベルアップします。
「復活」や「速さの変化」・「ジュエル獲得率UP」など黒子が「スタイル」を身に着けることでページ(ステージ)の難易度が変化いたします。「スタイル」合わせは忘れずに!

一度クリアしたステージも、足場が動く「ムズッ!モード」で長くお楽しみ頂けます。


以上が任天堂ホームページに記載されているゲームの説明なのですが、一読しただけでは最初の一文以外はさっぱり分からないのではないかと思います。

なんか、こういうゲーム本編と違うところでアピールの仕方が上手くないメーカーというのはやきもきしてしまいます。

それでもゲームとしては色々とチャレンジしてきている作品ではあると思うので、気になる方はまずは公式サイトを。
プレイ動画の投稿を受け付けてたりするのですが、3DSのプレイ動画をどれだけの人が撮ってくれるのでしょうか…

…やっぱり、少しずれてる?

―関連サイト―
黒子スタイル
http://www.inplas.ne.jp/kuroko/pc/
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。