RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.12
31
Category : ゲームの話題
みなさんご無沙汰しております。

うっかりブログを全然更新しないまま年を越してしまいそうだったので、今、慌ててこのブログを書いています。
せめて恒例の年まとめくらいは、ということで、まとめます。
そういえば、今年はレッドスネークカモン流行りませんでしたね。

まずは今年、購入したゲームソフトから振り返ってみましょう。

2月

3DS「レイトン教授と超文明Aの遺産」(レベルファイブ)

3月

3DS VC「ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 大地の章」(任天堂)
3DS DL「マンションパーカッション」(ポイソフト)
3DS DL「怪獣が出る金曜日」(レベルファイブ)
3DS「ルイージマンション2」(任天堂)
3DS DL「虫けら戦車」(レベルファイブ)
Wii U VC「MOTHER2 ギーグの逆襲」(任天堂)
3DS DL「宇宙船ダムレイ号」(レベルファイブ)
Wii U「ドラゴンクエスト X 目覚めし五つの種族 オンライン」(スクウェア・エニックス)

7月

Wii U「ピクミン3」(任天堂)
3DS「逆転裁判5」(カプコン)

8月

Wii U「The Wonderful 101」(任天堂)

9月

3DS「モンスターハンター4」(カプコン)
Wii U「ゼルダの伝説 風のタクト HD」(任天堂)

10月

3DS「ポケットモンスターY」(ポケモン)
Wii U DL「Wii Sports Club(テニス)」(任天堂)

11月

Wii U「スーパーマリオ 3Dワールド」(任天堂)
3DS「初音ミク Project mirai 2」(セガ)

12月

Wii U DL「ファミコンリミックス」(任天堂)
3DS「ゼルダの伝説 神々のトライフォース2」(任天堂)

以上。
計20本でした。

おぉ、このブログを始めてから一番少ない本数です。
ゲームを買っても買っても積んでしまうという魔の状況から少しは脱却できそうです。
いや、まだまだクリア出来ていないソフトが今年購入したものも含めて多々あるのですが…

今年はPS3やXbox360向けのソフトを1本も購入していないのですが、一応ハード別の内訳を見てみましょう。

Wii U 5本
Wii U DL 2本
Wii U VC 1本

3DS 7本
3DS DL 4本
3DS VC 1本

今年は本数は少ないながらも据え置き機、携帯機のバランスが取れた一年でした。
Wii Uに関しては任天堂のソフトばかりになってしまっている現状はどうしたものかと思いますが、これ以上ゲームを買ってもまた遊びきれなくなってしまうのでバランスが難しいところです。
それもこれも任天堂が定期的に面白そうなタイトルを発売し続けてるからなんですけどね。
今年の日本マイクロソフトを見習う必要は全くないのですが、この調子でソフトは発売しつつ来年以降はサードパーティ製のタイトルなども呼びこんで欲しいものです。

DL専売ソフトの比率は40%と全体の本数が減る中、レベルファイブのGUILD02シリーズを3本全て購入したことなどが要因ですね。
今回もどれも小粒でも面白い作品だったので、03以降も続けて欲しいのですが、まったくその気配がありません。

それではメーカー毎の内訳を見てみましょう。

10本
任天堂

4本
レベルファイブ

2本
カプコン

1本
ポイソフト
スクウェア・エニックス
ポケモン
セガ

任天堂の構成比は50%と近年にない高い水準になっています。
これはWii U向けのタイトルが任天堂タイトルに集中してしまっているという市場的な要因もありますが、ゲーム全体の購入本数が減ると必然的により面白そうな任天堂のソフトを購入してしまうという個人的な傾向もあると思います。
PS3向けやXbox360向け、3DS向けのソフトで他に欲しかったソフトが全くなかった、という訳ではないのですが、全体の状況を加味すると必然的に取捨選択されてしまうのが今の現状ですかね。
昨年までがあまりに手当たり次第に買い続けてしたとも言えますが。

個人的には様々な色のある作品に触れていきたいと思っているので、複数のメーカーのソフトを購入したいとは思っているので、来年以降はこの状況は少し改善していきたいですね。
そのためにも、頑張れ、サードパーティ。

以上、購入したソフトの情報をさらっとまとめてきました。

続いては今年のオススメソフトの発表です。
昨年に倣って今年も据え置き機パッケージ(DL併売含む)部門、据え置き機ダウンロード専売部門、携帯機パッケージ(DL併売含む)部門、携帯機ダウンロード専売部門、ハードを問わずシリーズ、続編物以外でオススメのソフトを選ぶ新人賞全5部門でお送りします。

据え置き機パッケージ(DL併売含む)部門

ピクミン3

ピクミン3ピクミン3
(2013/07/13)
Nintendo Wii U

商品詳細を見る


やっぱりピクミンは面白いなぁと、待った甲斐がありました。

岩ピクミンと羽ピクミンがすごく良かったです。
新しく、かなり特徴のある振り切った能力を持ったピクミンの登場でシリーズ作品のお約束プラスアルファの部分がしっかり強化出来ていました。
種類をただ増やすのではなく入れ替えたのも、ステージに100匹までしか出せないけど使うときは10匹くらい使うというピクミンのシステム上もいい決断だったと思います。

マップを良く見ることが攻略のカギとなるピクミンにはゲームパッド上で確認できるマップは相性も良かったですね。
Wiiリモコンとヌンチャクでプレイすると、ちょっと使い方が難しいのですが…
それを差し引いてもWiiリモコンとヌンチャクでのプレイは気持ちがいいものなので、未体験の人はぜひ試してみてもらいたいです。

据え置き機ダウンロード専売部門

ファミコンリミックス

これはずるいソフトが出たなと思いました。

ファミコン時代の任天堂ソフトの一場面で出されるお題をクリアしていくというノリ的には「メイド イン ワリオ」シリーズに近いソフトなのですが、ファミコン時代の任天堂ソフトのチュートリアル的だったり名場面のダイジェスト的だったりするお題の数々は知っている人はにやり、知らない人もおーっとなる一言で言うと各ソフトの魅力をごっそり持ってきたずるいソフトになっています。
これはずるい。
是非他のメーカーやSFC以降のハード向けのソフトなどでも同じ企画をやって欲しいです。

携帯機パッケージ(DL併売含む)部門

モンスターハンター4

モンスターハンター4モンスターハンター4
(2013/09/14)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る


シリーズ初体験だったのですが、この作品の持つスルメ感、巻き込み力を存分に感じました。

まずはスルメ感。
ゲームの基本システムはクエストをクリアし強い装備を揃えて新たなクエストに挑むの繰り返しなのですが、このリズムというかデザインが良く出来ていると思います。
素材が集めづらすぎてもダメだし、クエストが長く掛かりすぎてもダメになりそうなところを、程よいラインでゲームのレベルデザインがされており、プレイヤーが自然と繰り返し遊べるような設計になっていることにすっかりやり込んでから気付きました。

そして巻き込み力。
マルチプレイが可能なことで、誰かの力を借りて大型モンスターを狩ることが可能なんですよね。
するとすごくいい装備が手に入る。
そうするとソロプレイも楽になるので、ゲームが進めやすくなる。
上手い人は勿論、ゲームが苦手という人も誰かと一緒にプレイを楽しむことでお互いに良い効果をもたらすゲームシステムになっており、それが多くの人を巻き込む力の源になっていると思いました。
決して誰でも楽しめるとは言い難い難易度が高めのゲームにも関わらずあれだけの人に指示される理由を実際に触れてみて初めて気付かされましたね。

携帯機ダウンロード専売部門

虫けら戦車

実はGUILD02の中では一番期待してなかったのですが、ゲームとしてはとても良く出来ていました。

初めは「怪獣」や「ダムレイ号」も買うのでついで買い的な気持ちで買いました。
ところがどっこい、ミッションに合わせて戦車をカスタマイズしていく戦略性、迫りくる虫の気持ち悪さ、ゲームとしての楽しみやゲームならではの演出が高いレベルでまとまっている作品になっていました。

でもやっぱり、この世界観をもっと活かせる綺麗なグラフィックでも遊んでみたい。
どこでもいいのでHD機向けのダウンロードソフトとして作ってもらえないですかね。

新人賞

ファミコンリミックス

これが明確に新人賞と言えるかは難しいのですが、企画自体はまったく新しいものなので今年の新人賞はこの作品に決めました。

同じことをファミコンソフトを使わず、まったく新しいミニゲームでやってもここまでの面白さにはならなかったと思うのですが、別々だったファミコンソフトたちをまとめつつ一つの遊びにしてしまう企画力…あぁ、やっぱり「メイド イン ワリオ」かとも思いますが、いやほんと素晴らしいソフトでした。

以上。

今年はパッケージ版に関しては新人賞に該当しそうなのが「101」しかなかったので逆に選ぶのに苦労しました。
「101」はこれはこれで面白いのですが、突き抜けた企画力を評して「ファミコンリミックス」に決めました。

そして今年一番の衝撃はやっぱり「モンスターハンター4」ですね。
このシリーズの持つ魅力の力をまざまざと感じました。
シリーズ未経験だったけど思い切って遊んでみて良かった。
やっぱり長くシリーズが続いたり多くの人に愛されているソフトはその「理由」が必ずあるはずなので、シリーズものでも思い立ったときに遊んでみるのが吉ですね。

来年に向けては先程も少し触れたように新しいチャレンジに対して少し消極的になっていたのかなというところに反省をしながらハード問わず形態問わず新規タイトルにチャレンジしていきたいですね。
「ゲームブログの管理人が続編・シリーズものしか売れないゲーム業界を体現してどうすんじゃい!」とお叱りの声が自分の中から聞こえてきます。

あとブログも定期的に更新していきます。
月一以上随時やることを目標に。
昨年も途中で息切れしてしまったので、息切れしても諦めないことを目標にしていきたいと思います。
ツイッタラーに染まってしまう前にブロガー成分を徐々に補給しながら2014年はのらりくらりとゲームを遊んでいきたいと思います。
とりあえず「戦国無双4」は買います。PS3版。
新ハードはすぐには買わないと思います。ソフト次第で。

それではみなさん、良いお年を。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。