RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.06
09
―ソフト情報―
「宇宙船ダムレイ号」
対応機種:ニンテンドー3DS
メーカー:レベルファイブ
発売日:2013年3月27日
価格:800円(税込)(ニンテンドーeショップにてダウンロード販売)
ジャンル:密室サスペンス・アドベンチャー
プレイ人数:1人
CERO:B(12才以上対象)
―――――――

・「GUILD」シリーズ第2弾

様々なクリエイターの方が斬新なアイデアの作品を提供する「GUILD」シリーズの第2弾。
前回は4作品を1つのパッケージソフトとして発売した後、4作品それぞれがダウンロード版として配信されるという形式を取りましたが、第2弾となる今回は3作品が初めからダウンロードソフトとして1週間ごとに配信されます。

その第3弾となったのがこの「宇宙船ダムレイ号」。
チュンソフト在籍時代に「弟切草」などを手掛けた麻野一哉さんと「かまいたちの夜」シリーズのシナリオを担当された我孫子武丸さんが送る説明なし、ヒントなしの密室サスペンス・アドベンチャーです。

・手探り感を楽しむ

このゲームの最大の特徴はチュートリアルなどの説明が一切なく、手探りでゲーム内で「出来ること」を見つけながら物語の真相に迫っていくところです。

「出来ること」を発見していく楽しみ自体をゲームとして取り入れている点は原点回帰的でありながらも新しい驚きを与えてくれます。
「あ、こんなことが出来るんだ」というひらめき力が試されますね。

・期待ゆえに気になる

一方で極端に従来のゲームの文法から逸脱している部分は少なく、ある程度ゲームを頻繁にプレイしているプレイヤーからしてみるとある種の「ゲームのお約束」に則っていれば、ゲーム内で「出来ること」を発見するのは簡単です。

また、序盤こそ発見の連続を楽しむことは出来ましたが、シナリオが進んでいくにつれて操作系に関してはマンネリ化してしまい、物語の真相に近づいていってる楽しみはあるものの期待していた「出来ること」を発見していく楽しみ自体は萎んでいってしまうというのは少し気になりました。

ニンテンドー3DSという様々なギミックを受け入れられるだけの幅の広いハードに対して、アプローチとしては良かったんですがゲームを作る側の想像力が負けてしまったかな、と思うところはありました。
そういう意味ではせっかく3DSで出したのですから、もう少し操作において従来の「ゲームのお約束」を覆すような冒険をしてくれても良かったと思います。

・とはいえ「GUILD」シリーズとしてはあるべき姿かも

期待していた分、少し消化不良な点もありました。

しかし、着眼点自体はとても良く、特に少しずつ「出来ること」を探しながら増やしていける序盤はとても楽しめました。
一人きりの寂しい宇宙船の中でホラー的な演出が時折入ることでのドキドキ感や、スペースリーチの出す音による不快感など、ゲーム全体の恐る恐る物語の真相に迫っていかないといけないプレイヤーの心理を演出する雰囲気作りは良く出来ていたと思います。

こういった冒険的な作品こそ「GUILD」シリーズにふさわしいんじゃないかと思える、そんなゲームです。

―関連サイト―
宇宙船ダムレイ号|GUILD02
http://www.guild-series.jp/02/damrey/
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。