RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.05
12
―ソフト情報―
「MOTHER2 ギーグの逆襲」
対応機種:Wii U
メーカー:任天堂
発売日:2013年4月27日(ファミコン生誕30周年記念キャンペーン:2013年3月20日~2013年4月18日)
価格:900円(税込)(ニンテンドーeショップにてダウンロード販売)(ファミコン生誕30周年記念キャンペーン価格:30円(税込))
ジャンル:ロールプレイング
プレイ人数:1人
CERO:A(全年齢対象)
対応コントローラー:Wii U GamePad、Wii U PROコントローラー、Wiiリモコン、Wiiリモコン+クラシックコントローラーPRO
オリジナル版発売:1994年8月27日
―――――――

・キャンペーンは終わってますが…

現在開催中のファミコン生誕30周年記念Wii U バーチャルコンソール体験キャンペーン。

これはファミコン生誕30周年を記念して期間限定でWii U用バーチャルコンソールタイトル1本を特別価格で提供するというキャンペーンです。
そこで「MOTHER2」がなんと驚きの30円で発売されるとのことで、購入してみました。

Wiiの時は「スマブラX」にちょびっと遊べるものが収録されていたものの、結局は配信されませんでしたからね…

ちなみに私は「MOTHER3」はプレイしましたが「2」は初めてのプレイです。

・ゲームパッドは意外と使えます

まずはWii U版のバーチャルコンソールの感想を少し。

Wii U版のバーチャルコンソールの一番の特徴はなんといってもテレビ画面だけでなく、手元のゲームパッド単体でも遊べるというところですね。

気分やシチュエーションに合わせてプレイスタイルを選べるので、じっくり腰を据えたいときはテレビで、軽く遊びたいときにはゲームパッドで、といった形の遊び分けが出来ます。
これはテレビを付けて、据え置き機をわざわざ起動して、しっかりとした姿勢になって…といった準備が面倒なときなどに重宝します。

一人暮らしでも全然使う機会ありますね。

・システム自体はオーソドックス

さて、ゲームの感想に戻ります。

システムとしてはオーソドックスなコマンド選択式バトルのRPGになっています。

致命傷を負ってもHPがゼロになる前に回復などが出来れば助かるドラムロールのシステムなどはあるそうですが、序盤だと意識できないくらいなので今後に期待してます。

自分より弱い敵に触れると戦闘画面に入らずに戦闘が終了するのは楽でいいですね。
それでいて経験値もちゃんと入りますし。
ただ、少しテンポが悪いので、もう少しテンポよく倒してくれればより気持ち良かったと思います。

・糸井節炸裂?

なんといっても魅力的なのは雰囲気ですね。

街並みやそこに息づく人々、出てくる敵キャラクター。
そのどれもユーモアやアイロニカルな表現に富んでいて、ゲームなんだけどやけに現実的な、没入を追究するよりもはっと我に返されるような、不思議な感覚があります。

現代に近い世界観設定がいい味出してますね。

・記憶に残るゲーム

まだ序盤なのですが今でも語られる作品である理由が少し分かった気がします。
今後、もっとお話を進めていくと、恐らくもっと理解できるのではないかと思います。

キャンペーン期間は終わってしまったのですが、通常価格でのダウンロードは今後も可能なので、ちょっとWii Uは新作が出ない時期が続きますので、この機会に過去の名作に触れてみるのもいいのではないでしょうか。

―関連サイト―
Wii U|MOTHER2 ギーグの逆襲|Nintendo
http://www.nintendo.co.jp/wiiu/software/vc/jbbj/index.html
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。