RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.04
07
―ソフト情報―
「怪獣が出る金曜日」
対応機種:ニンテンドー3DS
メーカー:レベルファイブ
発売日:2013年3月13日
価格:800円(税込)(ニンテンドー3ショップにてダウンロード販売)
ジャンル:怪獣が出る世界体験シミュレーター
プレイ人数:1人
CERO:A(全年齢対象)
―――――――

・「GUILD」シリーズ第2弾

様々なクリエイターの方が斬新なアイデアの作品を提供する「GUILD」シリーズの第2弾。
前回は4作品を1つのパッケージソフトとして発売した後、4作品それぞれがダウンロード版として配信されるという形式を取りましたが、第2弾となる今回は3作品が初めからダウンロードソフトとして1週間ごとに配信されます。

その第1弾がこの「怪獣が出る金曜日」。
「ぼくのなつやすみ」シリーズなどを手掛けた綾部和さんが送る、巨大怪獣が出るテレビ番組の世界を自由に遊びまわれる世界体験シミュレーターです。

「ぼくのなつやすみ」シリーズは未体験の私ですが、実際に怪獣が出現するノスタルジーな世界を体験出来る、という興味深い設定が気になって購入しました。

・ゲームというより映画的

遊んでみて感じたのはゲームというよりは一つの物語を楽しむ作品になっている、ということですね。
複数のストーリーが同時並行的に進んでいき、ある程度は好きな順番で楽しむことが出来ますが、キーとなるストーリーを進めないと他のサブストーリーも新しいものが出なくなるので、その自由度もあまり高くありません。
プレイヤーが介入できる余地はほとんどないですね。

・怪獣カード合戦

ゲーム的な要素としては集めた怪獣カードを使った怪獣カード合戦がありますが、これも戦略性はあまり高くないのでゲーム的な面白さは薄いですね。
じゃんけんの要素のあるゲームで以外カードと呼ばれるその手以外には勝てるカードがあったり面白い試みはあるんですけどね。

しかし、どこかレトロなデザインの怪獣カードたちはとても魅力的。
フレーバーテキストもいい味出しています。

・童心に帰れる

この様に、このゲームはその世界を構築する雰囲気作りがとっても良く出来ています。

商店街の街並みやコンパクトな街の傍に広がる田園風景など、ゲームの舞台である昭和40年代くらいの日本の原風景の再現性が高いです。
また、商店街で流れている放送がいい味出してるんですよね。

そして、子供たちの子供らしさもこのゲームの大きな魅力です。

子供たちのコミュニティ内での振る舞い、大人と対した時の憧れや疑問の念など子供が体感する子供ならではの社会というのを上手く表現出来てるんですよね。
プレイしているとまるで童心に帰ったような、そんな気持ちにさせてくれます。

・これぞ職人芸

ゲームらしいゲームというよりは雰囲気や疑似体験を楽しむものとして、パッケージとして大がかりに作るよりもダウンロード販売出来るくらいのコンパクトなサイズにまとまっていたことが逆に良かったと思います。

一言でまとめると本当に雰囲気ゲー。
ただ、その雰囲気作りがまさに職人芸というか、巧さが光り輝いています。
という訳で、公式サイトを見てこの世界観に魅力を感じた方は是非。

―関連サイト―
怪獣が出る金曜日|GUILD02
http://www.guild-series.jp/02/kaijuu/
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。