RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.03
20
―ソフト情報―
「ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 大地の章」
対応機種:ニンテンドー3DS
メーカー:任天堂
発売日:2013年2月27日
価格:600円(税込)(ニンテンドーeショップにてダウンロード販売。3月20日までは500円(税込))
ジャンル:アクションアドベンチャー
プレイ人数:1人
CERO:A(全年齢対象)
―――――――

元々は2001年にゲームボーイカラー用ソフトとして発売されたソフトです。
「ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 時空の章」と同時に発売され、それぞれで入手できる「あいことば」を使うことで2つの世界を繋げて冒険することも出来るという新しい2バージョンの連携の形を示した作品です。
勿論、VC版でも「あいことば」は健在ですので同時に配信開始した「時空の章」を用意すれば2つの世界を繋いで冒険することが出来ます。

ちなみに私はオリジナル版をどちらも遊んだことがなく、初めての「ふしぎの木の実」です。

ゲームボーイでの「ゼルダの伝説」と言えば「夢を見る島」がありましたが、今作も基本的には「夢を見る島」などを踏襲しており、ABボタンに割り振った剣やアイテムを駆使し謎を解き、敵を倒し、ダンジョンを攻略していきます。
この辺りはもう本当にお馴染みの「ゼルダの伝説」という感じ。
色々なところを探索するドキドキ、新しいアイテムを手に入れて行動範囲が広がった時の喜び、これぞアクションアドベンチャー。

しかしながらやっぱりボタンが少ないですね…
アイテムの入れ替えが頻繁に必要になってしまい、その辺りは元がGBCのソフトなので仕方ないとはいえストレスを感じずにはいられません。

今作の一番の特徴は四季のロッドと呼ばれる季節を自在に変えられるアイテムを使い謎を解くところですね。
過去と未来、普通の世界と小さな世界、光の世界とトワイライトなど世界を変化させて謎を解いていくのは「ゼルダの伝説」では鉄板ネタではあるのですが、今回は四季ということで、夏であれば植物が成長したり、冬であれば水面が凍るなど、その変化も非常に面白いアイデアが取り入れられてます。

実は今回「大地の章」のみを購入して「時空の章」を買っていないのですが、それもこの四季を使ったシステムに興味があったからなんですよね。
そしてやっぱり四季は直感的にシステムが理解しやすく、変化も著しいので面白いと思いました。
またどこかで取り入れてくれないかな…

斜め見下ろし視点なので全体が把握しやすい半面、アクションはシビアで謎で詰まるというよりは単純にやられてしまう機会が多いかも。
その辺りはトライ&エラーでやりくりしましょう。

VCの中断機能やバックアップの機能はやっぱり便利ですね。
ゲーム的にはいつでもセーブできるのですが、中断機能のおかげでよりストレスなく遊び始めて遊び終えることが出来ます。
この手軽さがVCの最大の魅力ですよね。

全体としては安定した内容に四季のロッドというアイテムの新しいワクワクがプラスされて満足度の高い作品になっていると思います。
まだ全然序盤ですが。
(積まないように)頑張ります!

―関連サイト―
ニンテンドー3DS|ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 大地の章|Nintendo
http://www.nintendo.co.jp/3ds/eshop/vc/qacj/index.html
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。