RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.12
12
マリオカート7マリオカート7
(2011/12/01)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

―ソフト情報―
「マリオカート7」
対応機種:ニンテンドー3DS
メーカー:任天堂
発売日:2011年12月1日
価格:4800円(税込)
ジャンル:アクションレースゲーム
プレイ人数:1~8人
CERO:A(全年齢対象)
通信:ローカルプレイ、ダウンロードプレイ、インターネット、すれ違い通信、いつの間に通信
―――――――

陸に、海に、空に、レースの世界がさらに広がる。
ニンテンドー3DSに待望の「マリオカート」最新作「マリオカート7」が登場しました。
「マリオカート」と名のつくものは一通りプレイしてきた身としては、やっぱりプレイせずにはいられませんね。
そんな訳で「マリオカート7」のファーストインプレッションです。

このゲームは「マリオ」シリーズでお馴染みのキャラクターたちが繰り広げる気軽に楽しめるアクションレースゲームです。
一般的なドライブシミュレーターと違い、「マリオカート」の魅力は何と言ってもその手軽さ。
難しいことは分からなくても、走って、アイテムを使って、気付いたら楽しく走れている、そんな楽しいレースゲームです。

今回は通信機能が大充実。
ソフトを持ち寄ってのローカルプレイ。
ソフトが1本あればみんなで対戦出来るダウンロードプレイ。
Wi-Fi通信を利用したインターネットプレイでは世界中のプレイヤーやフレンドと対戦出来る他、すれ違い通信ですれ違ったことのある人と直接、対戦することも出来ます。
また、コミュニティを作成し、オリジナルのルールで仲間内で楽しむことも可能です。
更に、3DSといえば、すれ違い通信。
前述したとおり、すれ違った方がインターネットプレイをしている際にそこに合流できるようになるほか、メッセージやゴーストデータ、参加しているコミュニティの情報のやり取り、すれ違った人のCOMと対戦することも出来ます。

操作方法は従来通りのスライドパッドとボタンを使用する他、ドライバー視点で3DS本体を傾けることで操作することも可能です。

○良かった点

・豊富な通信機能


このソフトの通信機能の活かしっぷりはすごい。
今までの3DSソフトの中で一番の充実ぶりと言えるでしょう。

まず、インターネットプレイ。
最大同時に8人での対戦が可能です。
更にフレンドや最近インターネットプレイを一緒に遊んだ人、すれ違った人に合流して一緒に遊ぶことも出来ます。
この合流というのがミソで、従来、フレンドと対戦したいと思った場合、フレンド対戦を選んでフレンドを集めて、という流れになるのですが、今回はフレンドが世界中の人とインターネットプレイを楽しんでいるところに合流出来ちゃうんです。
いちいち予定を合わせなくても、誰かが遊んでいるところにそっと参加出来るこの仕様は、今まで以上に気軽にフレンドと対戦することが出来るんですよね。

更に、すれ違い通信。
メッセージやキャラクターのやり取りは勿論、その場だけでのすれ違いに終わらず、すれ違った人とインターネット上で合流できる仕組みが取り入れられていて、すれ違う楽しみが更に広がりましたよね。
ただ、出来ればすれ違いからのインターネットプレイからのフレンド申請が出来ると更に嬉しかったのです。

・バリエーション豊かで、驚きや発見のあるコース


今回は今までのシリーズ以上にコースの表情が豊かです。
高低差、ジャンプ、空を飛ぶ、水の中、走っていると色々な表情を見せてくれるコースは、走っているだけでも楽しい。

それだけでなく、分岐もふんだんに取り入れられていて、走り込んでいくたびに新しい発見が出来て嬉しい、そんなコースが多数収録されています。
リメイクコースもいいですが、やっぱり最新作の魅力が詰まった新コースたちが素晴らしいです。

・カスタマイズで自分だけのマシンが作れる


「マリオカートWii」ではキャラクターに加え、マシンを選択することが出来ましたが、今回はマシン本体だけでなくタイヤやグライダーも選ぶことが出来ます。
それぞれ選んだパーツによって最高速や加速力、ハンドリングなどの能力が変わってきますので、見た目や能力を見ながらお気に入りの組み合わせを探していく楽しみがあります。
マシン選びの楽しみが加わって、今までちょっと単調だった1人プレイもより楽しめるようになりました。

○イマイチだった点

・オートドリフトは残して欲しかった


今回はドリフトはマニュアルオンリーで「マリオカートWii」の時にあったオートドリフトがなくなってしまいました。
オートドリフトがあれば、本当に「マリオカート」って何?って人でもプレイできる環境がすぐに作れました。
みんなでワイワイ楽しむのにはとってもいい機能だったので、ダウンロードプレイも出来る「マリオカート7」でも採用してほしかったのですが…

○総評

気軽にみんなと遊べる「マリオカート」の決定版。
今すぐ「マリオカート7」を買って街へ繰り出そう。


「マリオカートWii」はインターネットを利用した大人数対戦を実現し、いつでも大勢の人と楽しめる「マリオカート」の楽園みたいな環境が作られました。
が、「マリオカート7」は更に進化。
見知らぬ人とは勿論、フレンドとの対戦も本当に気軽に出来るようになりました。
ソフト内でフレンドが遊んでいることを知ることが出来るのは勿論、HOMEメニューのフレンドリストからもフレンドに合流出来るようになっているので、この後、ちょっと「マリオカート7」自体が廃れてきてしまったとしても、この良い部分は継続して残っていくことでしょう。
更にはすれ違った人とインターネットを通じてリアルタイムで対戦出来る、という今までのすれ違い通信の概念を一段飛び越えた仕様も搭載されており、見知らぬ人から知ってる人、すれ違ったことのある人まで本当に世界中みんなと気軽に遊べる「マリオカート」です。

勿論、通信機能だけでなく、コースのバリエーションやルートの豊富さやマシンのカスタマイズ性の高さで1人でも楽しめる。
さぁ、今すぐ「マリオカート7」を買って街へ繰り出そう。

あ、管理人と対戦したい、という方も募集中です。

―関連サイト―
マリオカート7
http://www.nintendo.co.jp/3ds/amkj/index.html
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。