RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.12
09
ゼルダの伝説 スカイウォードソード (期間限定生産 スペシャルCD同梱)ゼルダの伝説 スカイウォードソード (期間限定生産 スペシャルCD同梱)
(2011/11/23)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

―ソフト情報―
「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」
対応機種:Wii
メーカー:任天堂
発売日:2011年11月23日
価格:6800円(税込)
ジャンル:アクションアドベンチャー
プレイ人数:1人
CERO:A(全年齢対象)
―――――――

大切な人の、助けになりたい。
「ゼルダの伝説」シリーズ最新作がWiiで登場。
「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」のファーストインプレッションです。

このゲームは主人公・リンクを操作し、フィールドやダンジョンに待ち構える謎を解きながら、幼なじみのゼルダを救うアクションアドベンチャーです。

このゲームの特徴はWiiリモコンプラスまたはWiiモーションプラスを付けたWiiリモコンを使用し、主人公・リンクの振るう剣をプレイヤーのリモコンの動きとシンクロさせて操作が出来る、というところです。
Wiiリモコンプラスを上から下におろすと、当然、リンクも剣を縦方向に振ります。
また、右から左へリモコンを振ると、リンクの剣は横方向、といった形で操作が出来るので、ガードをしてくる相手に対して、隙のあるところから剣を振ることでダメージを与えていく、という今までの「ゼルダ」シリーズにはないアクションそのものの戦略性、というのが生まれました。

また、剣の操作は勿論、アイテムや選択肢の選択時もリモコンを振ることで操作することが多いので、非常に直感的に操作が出来るようになっています。

○良かった点

・ゲームの中のキャラクターとの一体感が気持ちいい

このゲームの最大の魅力、それはプレイヤーが操作するリンクとの一体感がとにかく気持ちいいことです。
剣が狙った通りの軌跡を描き、敵を倒せたりすると、やっぱり爽快なんですよね。
今、俺が敵を倒した!みたいな充実感・手ごたえがあります。

なかなかない操作性なので、最初は剣の扱いに戸惑ってしまう部分もあるのですが、難しいからこそ、剣が徐々に使えるようになってくる喜び、上手く敵を倒せた時の充実感、というのが得られているのだと思います。

・親切な設計で遊びやすい

ゲームの導入部分に関してはゲームに必要な操作方法を話の流れに添ってしっかりと教えてくれるようになっていて、説明書を見ずともゲームを始めても問題ないくらいです。

例えば、縦または横どちらかに切った時だけダメージを与えられる敵、というのが登場するのですが、こういった敵がいることで剣を振り分けることの重要性、上手く振り分けるコツみたいのを序盤から学んでいけるようになっています。

また、今回も「ゼルダ」シリーズではお馴染みの冒険をサポートしてくれるファイというキャラクターがいまして、彼女の情報量が非常に豊富で、敵との戦闘時はとりあえずアドバイスを聞いておけば対処しやすくなると思います。

その他にも行き先を分かりやすくしておけるのろしの機能やセーブポイントの設置場所が多いなど、初めて「ゼルダ」を遊ぶような人でも遊びやすい様な工夫が随所にされています。

・作り込まれた世界

このゲームは非常に細かいところまで作り込まれているなーと感心させられることが多々あります。
例えば、リンクの膝上くらいまでの水かさのところにリンクが入ると、動作がぐんと重くなるんですよ。
まさに水の中に入ってしまった様な感覚。

また、一人一人がしっかりと個性を持った魅力的なキャラクターたちも素晴らしいです。
表情や動作に人間味が反映されているんですよね。

そういった細かいところまで作り込まれていて、ゲームの中の世界なんですが非常にリアリティを感じることが出来、ゲームの世界により没入できるようになっています。

・謎を解いていく楽しさ
Wiiリモコンプラスでのアクション部分がフューチャーされがちですが、勿論、従来の「ゼルダ」シリーズらしい謎解きの楽しみは健在。
この辺りは安定した楽しさ、といったところ。

○イマイチだった点

・ヌンチャクとリモコンを繋ぐコードが邪魔
このゲームではリンクの剣の動きをプレイヤーのリモコンの動作そのままでプレイできるので、通常のゲームと比べるとWiiリモコンプラスを大きく振るような形になります。
そうすると、リモコンとヌンチャクとを繋いでいるコードが煩わしく感じてしまうことがあります。
これ、ワイヤレスとかにならないんですかね。

○総評


Wiiリモコンプラスでまさにゲームの世界に入り込める。
そんな新しい魅力は勿論、安定した「ゼルダ」の面白さを持った作品です。


Wiiリモコンプラスを存分に使った直感・体感の操作はプレイヤーが操作をするキャラクターとの今までにない一体感を味わえます。
それに加え、作り込まれた「ゼルダ」の世界がプレイヤーをこの世界の一員にしてくれる、そんな作品です。

勿論、従来の「ゼルダ」シリーズが持っていた謎を解き、新しい土地を冒険していく楽しさ、というのはしっかりあります。
更に今作は収集要素やカスタマイズ要素も充実していて、今まで以上にプレイヤーが自由に楽しめる環境が作られました。

ただ、Wiiリモコンプラスを活かした戦闘は今までよりアクション性が高くなってしまっていて、アクションが苦手な人には今まで以上に敷居が高くなってしまったかも。
でも、慣れるととっても面白くなるので、ぜひチャレンジしてみてもらいたいです。

―関連サイト―
ゼルダの伝説 スカイウォードソード
http://www.nintendo.co.jp/wii/souj/
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。