RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.10
09
―ソフト情報―
「スペースチャンネル5 パート2」
対応機種:プレイステーション3
メーカー:セガ
発売日:2011年10月5日
価格:1000円(税込)(PlayStation Storeにてダウンロード販売)
ジャンル:ミュージカルアクションアドベンチャー
プレイ人数:1~2人
CERO:B(12才以上対象)
―――――――

「うらら」の銀河救出大作戦レポート開始!
セガのドリームキャスト復刻プロジェクトの最新作「スペースチャンネル5 パート2」がPlayStation NetworkとXbox LIVE アーケードで配信が開始されました。
2機種同時に出たのですが、今回、私はPS3版を購入しました。
ちなみに私は元祖であるドリームキャスト版やPS2版は未プレイです。

いやー待ってました待ってましたよ。
ドリームキャストの名作がHD解像度で甦るというドリームキャスト復刻プロジェクトが始まったのが昨年。
次の春には出るよ、という告知から約1年ですよ。
こんなにお待たせして、プロジェクトの今後の展開もあるのか不安になってしまいましたが…
とりあえずファーストインプレッションです。

このゲームはTVリポーターである主人公「うらら」を操作し、銀河にはびこる悪を踊りながらスクープするミュージカルアクションアドベンチャーです。

操作はいたってシンプル。
使用するボタンは上下左右の方向キー○、×ボタンだけ。
基本的なルールも敵が出題してくる入力パターンをリズムに合わせて同じように入力するだけなので、難しい操作方法やルールを覚える必要がありません。
この辺りはいわゆるリズムゲームと同じですね。

遊べるモードは大きく分けて2種類あります。
物語を楽しめるメインの「ストーリーモード」と連続100問に挑戦できる「ウララダンスモード」です。
また、うららの衣装やアイテムを着せ替え出来る「イショウベヤ」では、ゲーム中、特定の条件を満たすことで手に入れた衣装やアイテムを使ってうららの着せ替えが行えます。

そして、このゲームではなんと、マイケル・ジャクソンご本人がスペースマイケル役として登場。
なんか、すごくしっかり出演していてちょっと驚くくらいですよ。

○良かった点

・最高にノリノリ

このゲームはとにかくノリがいい。
ノリノリな音楽、ノリノリな世界観に酔いしれて、気が付くと身体が動いてしまっている、そんな不思議な魅力の詰まったソフトです。

言葉で表現するのは非常に難しいんですが、この世界は一度惚れてしまうと病みつきになってしまう、そんな独特の世界をもっているんですよねー。
こういう作品はすごく好きです。

・遊びのバリエーションが多彩
シンプルな基本操作とシンプルな基本ルールの作品なので、単調になりはしないか、という疑念がありましたが、そんなことはありませんでした。
シンプルながら遊びのバリエーションが多岐に渡っていて、プレイヤーを飽きさせません。

具体的にはただ出題に答えるだけでなく、お題とは逆を突く必要があったり、キャラクターを見て押すボタンを判別する必要があったり、基本は同じでも遊び方を変えることでプレイにいい刺激を与えてくれます。
最初、このまま勢いだけで単調で終わってしまうのかな、と心配だっただけにいい意味で裏切られましたね。

○イマイチだった点

・出題が分かりづらい箇所がある

このゲームでは敵は上なら「アップ」、×ボタンなら「チュー」とプレイヤーが押すべきボタンをキャラクターの動作に加えて声でも教えてくれるのですが、この声が聞き取りづらいキャラクターがたまにいるのが気になりました。

出題に対してキャラクターの動きなどで視覚的なフォローはしっかりと入るのですが、このゲームではリズムも重要な要素になってくるので、やっぱり音をしっかり聞いているとプレイもしやすくなるんですよ。
その音が聞き取りづらくて判別がしづらい、というのはいかがなものかと。
この辺りはもう少し分かりやすさを追求してほしかったですね。

・優しい難易度のモードがない
ストーリーモードは方向キーとボタンだけの2種類の操作で遊べるモードなど、もう少し優しいモードがあると良かったな、と思いました。

せっかく素敵な世界観や音楽があるのに、ゲームは割とストイックで、まさに覚えゲー。
これだとちょっと近寄りがたいかな、とも思います。
まぁ、オリジナルが出たのが2002年なので仕方ないかもですが。

○総評

ひとたび触れればこの世界と音楽に虜。
ノリノリで楽しいリズムゲーム。


期待はしていたのですが、期待以上に良かったです。
スペースマイケルをはじめとする魅力的なキャラクター、オープニングからプレイヤーを楽しい気分に誘ってくれる音楽、うららが救出した人たちとステップを踏むシーンはもうかっこいいの一言に尽きます。
世界観と音楽、こんなに魅力的なゲームには滅多に出会えません。

ただ、ゲームそのものは現代らしい優しさや配慮がやや弱く感じられました。
まぁ、これは時代なのかもしれませんが。

また、2Pプレイも操作するボタンを分担するだけなのがちょっと残念。
ゲーム的には対戦プレイとかも作りやすいルールだとは思うのですが。

という訳で、私は出来れば続編が出てほしいと、パート3を出してほしいと思うのです。
出来ればもう少し優しいモードも付けて、2人以上での対戦プレイも出来るようにしてくれると嬉しいなぁ。

ちなみに、このゲームは方向キーをしっかりと使うので、どちらがいいか迷っている方にはPS3版がオススメですよ。

―関連サイト―
セガ・ドリームキャスト復刻プロジェクト|スペースチャンネル5 パート2
http://dc.sega.jp/game_teaser.html

Check
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。