RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.07
16
ニンテンドー3DSの新しい映像配信サービス、「ニンテンドービデオ」のサービスが開始されました。
今回の「ニンテンドービデオ」も「いつの間にテレビ」と同様、ニンテンドーeショップより無料のソフトをダウンロードすることで利用が可能です。
いつの間に通信を利用していつの間にか映像を受信している、というのも同じですね。

ただ、違う点も。

まず、映像は任天堂が制作したオリジナルの映像であり、映像内の広告がありません。
また、毎日の配信ではなく、不定期での配信となっています。
更に、ビデオの名前の通り、一度受信した映像は指定の期間内は何度でも視聴が可能です。

7月16日現在、3タイトルが配信中です。

「ふらふら街歩き京都 道」(7月23日まで)
京都のならではの街並み・風情を田畑智子さんの京都弁の語りで楽しめます。

「いつの間にテレビ」の「鉄ビュー」に近い作品ですが、街中を歩くようなカメラワークになっているので、より実際にそこにいるような感覚になります。
任天堂なのでとりあえず京都なのか、それとも今後、様々な日本の観光地を巡ってくれるのか。
せっかくなので色々な場所の風景を見たいところです。

「TGC 2011 S/S」(7月17日まで)
10代から20代の女性が普段着られるリアルクローズをテーマにしたファッションショー・東京ガールズコレクション2011 SPRING/SUMMERの模様が楽しめます。

画面が2分割や4分割になるのがちょっと新しいですね。
実際に会場にいるような臨場感はさすがです。

「よしもと実験劇場 その1」(7月21日まで)
吉本興業所属の芸人さんによる様々なお笑いネタが楽しめます。

3Dを意識したネタ(と呼べるかは微妙なもの)となっているので、最初は新鮮かもしれませんが、これが新鮮味が薄れた時、一番今後が不安な1本でもあります。

総評

「いつの間にテレビ」との差別化が思っていたより弱い。
サービスを分けるのなら「ニンテンドービデオ」ならではの展開や仕様を希望。


正直、何故もう1つのサービスとして始まってしまったのか微妙な存在の「ニンテンドービデオ」。
広告のない番組だって不定期の配信だって「いつの間にテレビ」の枠組みで出来たことなんじゃないんでしょうか?
現在の「ニンテンドービデオ」は本当にただの”広告のない不定期配信の「いつの間にテレビ」”に止まっていて、新しく始まった意義が感じられません。

また、現在の仕様はあまりにもテレビ的でお世辞にもビデオと名のつくサービスとは思えない仕様なのにもガッカリ。
今後、「ニンテンドービデオ」が「いつの間にテレビ」と差別化を図る上で必要なのは、やっぱりいつの間に通信の使用をやめること、なんじゃないでしょうか。
世の中のビデオオンデマンドサービスの様に、見たい人が見たい時に見たいものを取り出して見ることが出来る、これこそビデオの名にふさわしいサービスだと私は思います。
「Wiiの間」で出来ていたことを何故やらないのか…
今のままでは「ニンテンドーテレビ」ですよ、まったく。

とにかく「ニンテンドービデオ」には配信されるコンテンツ以前に一度サービスを仕切り直しして出直してきてもらいたい。
もしくは「ニンテンドーテレビ」とか「ニンテンドーチャンネル」に改名。
んー勝手に期待してただけだけど、あんまりにも期待とかけ離れていて正直ガッカリ…

―関連サイト―
ニンテンドー3DS|ニンテンドービデオ|Nintendo
http://www.nintendo.co.jp/3ds/eshop/jesj/index.html

Check
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

確かに”テレビ”という言葉と”ビデオ”という言葉が混同している点は、まぎらわしいですね。
私はそこまで期待していなかったので、言われるまで気にならなかったですが…なるほど。

個人的にはどちらかというと、名称の変更などで統一性を図って欲しいかな。
「見たい人が見たい時に見たいものを取り出して見ることが出来る」というスタイルは、抵抗ができるので。

確かに統一はしてほしいです

一般的な”ビデオ”サービス、というのはいわゆるオンデマンドサービスだと思うのですよ。
いつの間に通信を使用したものは”ビデオ”というのとはちょっと違うな…というのも「ニンテンドービデオ」が私の期待と大きく剥離してしまった理由かと思います。

現状の「ニンテンドービデオ」のサービスはあまりにも「いつの間にテレビ」と内容が酷似していて、別のサービスとしてわざわざ分けずに、統一してサービスを行ってくれれば、と思いますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。