RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.07
14
Wiiリモコンプラス バラエティパックWiiリモコンプラス バラエティパック
(2011/07/07)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

Wiiリモコンプラスで、広がる遊びのバラエティ。
Wiiリモコンプラスを使用して遊べる12種類のミニゲームが収録された「Wiiリモコンプラス バラエティ」Wiiリモコンプラスのアカがセットになった「Wiiリモコンプラス バラエティパック」が発売されました。
ソフト単体の発売はなく、アカのWiiリモコンプラスがセットで付いており、Wiiの発売と同時に発売された「はじめてのWii」を彷彿とさせます。
そんなソフト、「Wiiリモコンプラス バラエティ」のファーストインプレッションです。

このゲームでは12種類のゲームが収録されており、収録されているゲームの内容は公式サイトなどで確認して頂きたいのですが、なんと言っても特徴的なのはそれぞれのミニゲームを複数の開発会社が別個に担当していること。
ゲームごとの開発会社は

「石投げ水切り」、「モグラたたき」…グッド・フィール(「毛糸のカービィ」など)
「ドッキングステーション」、「ドルフィン」…チュンソフト(「風来のシレン」シリーズ、「428~封鎖された渋谷で~」など)
「まきあげろ!海底のお宝」、「一輪車」…ミッチェル(「直感ヒトフデ」など)
「ボールとシーソー」…任天堂
「ポーズMiiプラス」、「ふわっとバルーン」…スキップ(「bit Generations」シリーズ、「ちびロボ」シリーズなど)
「傘ライダー」…バンプール(「もぎたてチンクルのばら色ルッピーランド」など)
「360°シューティング」…プロペ(「Let's TAP」など)
「ジャンピングライド」、「アイスクリームチャレンジ」、「ゴーストマンション」…アーゼスト

となっており、非常に珍しい形でゲームが制作されています。
ゲームの種類は12種類ですが、ゲームの中には複数のルールがあるもの、複数のステージがあるものもあるので、実質的なボリュームは結構なものになります。

どのゲームも2人ないしは4人でのプレイが可能になっていますし、ほとんどのゲームは難しい操作を必要としない(「ドッキングステーション」だけちょっぴり難しいです)ので、パーティゲームとしても最適ですね。

○良かった点

・Wiiリモコンプラスならではの操作が沢山楽しめる

Wiiリモコンプラスをどう使用するか、ということを念頭に置かれてそれぞれのゲームが作られているので、今までのWiiリモコンではなかったような、Wiiリモコンプラスならではの傾きを重視する作りの作品が多く、新鮮で面白いです。
特に「ポーズMiiプラス」や「ドッキングステーション」では今までにないような角度や持ち方が要求されて、その操作自体が1つのゲームとして成り立っていると思います。
また、Wiiリモコンプラスをストラップから外してくるくる回転させる、という常識を覆す操作性の「まきあげろ!海底のお宝」などもあり、作品の多様性はまさに「バラエティ」の名に恥じないものといえるでしょう。

・コストパフォーマンスが高い
4800円のセットに3800円のWiiリモコンプラスが付いてくるのでソフトは実質1000円。
更に値引きをしているようなお店ではソフト単体だと数百円程度で購入できる計算になります。
そのソフトに12種類の多彩なミニゲームが収録されていて、そのどれもがみんなで遊べるソフト、というのはかなりコストパフォーマンスが高いです。
Wii発売当時に「はじめてのWii」がバカ売れしたように、Wiiを持っているのなら1本買っておいて損はないセットになっています。
WiiリモコンプラスはWiiの後継機であるWii Uにも使用できますしね。

○イマイチだった点

・ゲームごとのボリュームにばらつきがある

ゲームの性質や全体的な整合性の問題はあると思いますが、かたや30ステージあると思ったら、こちらは4ステージしかなかったり、ゲームごとのボリュームの差が大きくて、1人で遊ぶには少し物足りない印象を受けました。
全部が全部「ボールとシーソー」や「ドッキングステーション」の様なボリュームがある必要はないと思いますが、「ゴーストマンション」とか「360°シューティング」とか、もう少しボリュームがあったら良かったかな、と思います。

○総評

Wiiユーザーならマストバイな1本。
パーティゲームとしても持っていると重宝するはず。


収録されている12種類のゲームがそれぞれの色を持っており、どれを遊んでも違った感覚で楽しめ、Wiiリモコンプラスの未来をすごく広げてくれた作品です。
「Wii Sports Resort」はWiiモーションプラスによるゲームの変化を上手くまとめあげた作品だと思いますが、この「Wiiリモコンプラス バラエティ」はアイディア勝負、可能性無限大、といった感じでWiiリモコンプラスの新しい可能性、今後の広がりを感じさせてくれるソフトになっています。
そのアイディアが1本のパッケージタイトルになるのか、というのは置いておいて、こういったミニゲーム集だからこそ出来るチャレンジが光る作品になっています。
「Wii Sports Resort」と「Wiiリモコンプラス バラエティ」、この2本のソフトが揃った今こそWiiリモコンプラスの新しい始まりの日ではないでしょうか。
まぁ、その2本しか対応ソフトを遊んだことがないんですけど。

コストパフォーマンスの高さはソフトの完成度から「はじめてのWiiセット」以上。
Wiiリモコンプラスを4本揃えてるし、当然アカも持ってる、という人以外は買って損はないです。

前述したとおり、分かりやすい操作で気軽に楽しめるミニゲームばかりなので、パーティゲームにはもってこい。
良く集まってゲームをされる方にもオススメな作品です。

―関連サイト―
Wiiリモコンプラス バラエティ
http://www.nintendo.co.jp/wii/sc8j/index.html

Check
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Wii『Wiiリモコンプラス バラエティ』 インプレッション

『Wiiリモコンプラス バラエティ』 対応ハード : Wii 発売日 : 2011/07/07 希望小売価格 : 4,800円(税込)  ※Wiiリモコンプラス「アカ」1個同梱(ソフト単体では未発売) ジャンル : パーティーゲーム プレイ人数 : 1~4人 CERO : A(全年齢対象) ◆== 参考デ...

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。