RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.05
30
TREASURE REPORT 機械仕掛けの遺産TREASURE REPORT 機械仕掛けの遺産
(2011/05/26)
Nintendo DS

商品詳細を見る

主演・玉木宏で送るドラマチック・ナゾトキ・ミステリー「トレジャーリポート 機械じかけの遺産」がバンダイナムコゲームスより発売されました。
開発はDS版の「FFIII」や「FFIV」、「光の4戦士」などを開発したマトリックス。
また、主演の玉木宏さんをはじめ水川あさみさん、小野花梨さんなど豪華声優陣がドラマチックな物語を彩ります。
更に、シナリオディレクターには「428」などを手掛けた北島行徳さん。
私が一番興味を持ったのはまさにここ。
そんな豪華布陣で送る「トレジャーリポート 機械じかけの遺産」のファーストインプレッションです。

システムは同系の「レイトン教授」シリーズと同様で、フィールドの探索や会話→ナゾを解く→物語が進む、という感じです。
下画面にフィールドとキャラクターが表示されているので気になるところを直接タッチして調べていきましょう。

ナゾトキにはヒント機能が付いているので、ナゾトキが苦手、という方でも安心して遊べます。
なんと今作ではナゾトキをギブアップして代わりに解いてもらう機能もあります。
ナゾトキのヒントを見るために必要なアドバイスポイント(AP)は調査中に特定の個所や人物をタッチすることで貯められます。

また、セーブデータのロード後には今までのあらすじが表示されたり、次にすべき行動が上画面に表示されているので、ゲームに不慣れな方、まとまった時間が取れない方などでも遊びやすい仕様になっています。

○良かった点

・同じ会話を繰り返すためには2度タッチが必要

この手のアドベンチャーの場合、誤って以前と同じ場所をタッチしてしまったりすることありますよね。
その時、このゲームでは青い「!」マークが出て1度調べた場所であることを教えてくれます。
会話の内容を確認するためにはもう1度タッチが必要なため、誤って同じ文章を見てしまうことがなく、テンポよくゲームを進めることが出来ます。
地味なところですが、このゲームのお気に入りの機能の1つです。

・分からないナゾは解いてもらえる
前述したとおり、このゲームではナゾトキのヒントを見てもどうしても解けない時、ギブアップをしてキャラクターに問題を解いてもらうことが可能です。
ただ、ヒントを見るためにはゲーム中で手に入るアドバイスポイント(AP)が必要なので、無尽蔵にスキップできるわけではありませんが。
まだお世話になったことはありませんが、こういった機能があるとより安心出来ますね。

・進行には関係ないナゾを解くとAPが貰える
このゲームでは調査中に特定の場所を調べたりすることでアドバイスポイント(AP)というヒントを見るために必要なポイントを貯めることが出来るのですが、このポイントはゲームの進行とは関係のない隠されたナゾを解いたときにも貰えます。
物語をサクサク進めたいところで、物語と関係ないナゾを解くのはちょっとストレスだったりしますが、物語を有利に進められる特典が付くことでそういったストレスを軽減しつつ、問題数を増やすことに成功しています。

○イマイチだった点

・ナゾトキ画面でタッチすべきところが分かりづらい

このゲームではタッチペンを使用してナゾを解いていく訳ですが、そのナゾトキ画面で、回答を決定したり、リトライしたり、アドバイスをもらったりするボタンが分かりづらいです。
どれも同系の色合いですし、明確な区切りもないので、どこまでがタッチで認識されるのかも分かりにくい。
慣れれば位置はいつも一緒なので気にならないとは思うのですが、もっとボタンはボタンらしく、色を付けて個性を出すなどしても良かったと思います。

・ナゾトキ中のメモ機能でペンが選べない
このゲームではナゾトキ中にメモを取ることが可能なのですが、そのメモ機能のペンの太さや色を変えることができません。
「レイトン教授」シリーズはペンの太さ、色は勿論、塗りつぶしまであるのに、シンプルすぎてちょっと使いづらいです。
特に色分けはナゾによってはあった方が分かりやすかったはず。
何故あえて差別化を図ってしまったのか、疑問です。

○総評

恐ろしいほど「レイトン教授」。
サクサク進む物語のテンポは快適。


ナゾトキの答え合わせの間の取り方までそっくりという細部に至るまでの徹底した「レイトン教授」シリーズのモノマネが逆に心地いいくらいしっくりきます。
ナゾトキのヒント機能やあらすじ機能、次すべきことの表示など、ゲームに不慣れな方でもとっつきやすく、「レイトン教授」シリーズ経験者の方には何故か安心感、というシステム周りは絶妙な出来だと思います。

逆にAPが会話中や隠されたナゾで手に入ったり、同じ会話が繰り返されるところは2度タッチしないと会話が始まらないなど、より遊びやすくなっている部分もあります。
反面、ナゾトキ中のメモ機能でペンの種類や色が選べなかったり、ゲーム中で自由にメモする機能がなかったり、あったら良かったのに、という機能もあるので難しいところです。
差別化を図った結果…でしょうか?

全体的に物語の進行もナゾもサクサク出現している印象で、遊んでいてダレません。
「レイトン教授」シリーズは物語の本筋以外の遊び機能が充実していて、ボリュームは満点なのですが、ちょっとお腹いっぱい、という人にはこのくらいすっきりと本編だけ楽しめたほうがいいのかもしれません。
私もそう思ってしまったり…

システム周りはモノマネだけれど遊びやすいものだったので、ここから1番の期待はこれからのシナリオ運び。
「レイトン教授」シリーズは独特のシナリオ世界があって、それはそれでいいのですが、ちょっと年齢層高めに見える「トレジャーリポート」ならではのドラマチックなストーリー展開に期待しています。

―関連サイト―
トレジャーリポート 機械じかけの遺産 | バンダイナムコゲームス公式サイト
http://tr.channel.or.jp/

Check
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

相互ブログさんの”なう” vol.2

●= 【DS】「トレジャーリポート 機械じかけの遺産」ファーストインプレッション =● (参照元のブログ:非生活必需品さん) 先週は何も買わなかった私ですが、こちらでは2本ほど購入された模様です。 せっかくなので、2本とも紹介させていただきます。 『トレジャーリ?...

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。