RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.05
05
El Shaddai ASCENSION OF THE METATRONEl Shaddai ASCENSION OF THE METATRON
(2011/04/28)
PlayStation 3

商品詳細を見る

「大丈夫だ、問題ない」でお馴染みのイグニッション・エンターテイメント・リミテッドが送るPS3/Xbox360用ソフト「El Shaddai ASCENSION OF THE METATRON(エルシャダイ アセンション オブ ザ メタトロン)」がいよいよ発売されました。
私はPS3版を購入したので、ファーストインプレッションといきたいと思います。

このゲームは基本的には3Dのアクションゲーム。
ただし、ステージ中で横スクロールになったりすることもあります。
操作は4種類のボタンの使用のみというシンプルさが売り。
左スティックで移動。
□ボタンが攻撃
×ボタンがジャンプ。
R1ボタンが防御。
R2ボタンが武器奪取・持っている武器の浄化。
基本の操作はこれだけです。

ただし、R1ボタンと□ボタンや×ボタンの組み合わせで攻撃方法が変化したり、□ボタンを連打するタイミングをずらしてガード崩しを行えるなど、少ないボタンの組み合わせで多彩な操作を実現しています。

○良かった点

・他を圧倒する幻想的なビジュアル

このゲームの最大の特徴は神話の世界をモチーフとした独特の映像表現。
幻想的な光に包まれるようなステージがあると思えば、何とも不可思議なパステルカラーの世界が広がったり、それぞれのステージを堕天使が作り出している、という設定から来るビジュアル表現は、他を圧倒する力強さを感じます。
唯一無二のゲームといえるでしょう。

・やり直ししやすいゲームシステム

このゲームでは主人公のイーノックが敵の攻撃にやられた際、規定時間内にボタンを連打することで、やられたところから再スタートすることが出来ます。
復活する時はあのセリフも聞けますよ。
また、フィールド上で穴などに落下してしまった際もその直前から再スタートできるのでやり直しの煩わしさが少なく、アクションゲームが苦手な人でも楽しめる仕様になっています。

・こまめにセーブが入る
このゲームでは1つのチャプターが30分くらいかかる結構長いものなのですが、頻繁にオートセーブが入るので休憩ははさみやすいです。
また、セーブポイントであるルシフェルも頻繁に登場するので、オートセーブだけではちゃんとセーブされているかちょっと不安、という方でも安心してセーブをすることが可能です。

○イマイチだった点

・使用しているボタンが少ないため複雑になっている

このゲームの特徴の1つに使用するボタンが少ない、というのがあるのですが、その為、操作がやりづらくなってしまっていると思います。
例えばガード崩し、ボタン連打のタイミングを遅らせることで出せるのですが、やはりちょっと難しく、上手く出せなかったりします。
また、戦闘中に敵をロックオン出来る機能もあった方がより遊びやすかったと思います。
ボタンは余っているので、あえて使用するボタン数を削ることに拘らず、上記の機能を他のボタンに振り分けるなどしてプレイした時のプレイしやすさを意識してほしかったと思います。

・チャプターが長くてだれる

このゲームでは1つのチャプターが結構長いため、ある程度の達成感を得るまでが長くなってしまい、途中でだれてしまいます。
「ベヨネッタ」の様に、チャプター内でも更に細かく章を分けて評価を出すだけでも頻繁に達成感を味わうことが出来てプレイに張りが生まれると思うのですが、どうでしょうか。
まさか、ルシフェルの登場がプレイヤーへのご褒美なんてことは…

○総評

アクションゲームとしては課題が残る出来。
しかし、だからこそ生まれた怪作。


このゲームは飽くなきゲーム作りへのこだわりが良くも悪くも特徴的に出た作品だと思います。
こんな幻想的なグラフィックがしたい→しかし、足場などが見づらい
ボタン数は少なくしたい→しかし、一部で操作しづらい
しかし、それら1つ1つの特徴が「エルシャダイ」という独自の世界を構築する味付けになっています。

ゲーム作りの現場が大人数化し、ワールドワイドに向けて制作されるようになって内容が平均化してきてしまったゲーム業界で、これほどまでに強い意志を感じられるソフトが他にあるでしょうか。
このゲームにはこのゲームでしか味わえない価値というものが確かにある作品だと思いました。
いやー考えてみるとすごいゲームだ。

―関連サイト―
El Shaddai - エルシャダイ - | OFFICIAL WEBSITE
http://elshaddai.jp/

Check
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。