RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03
05
レイトン教授と奇跡の仮面(特典なし)レイトン教授と奇跡の仮面(特典なし)
(2011/02/26)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

シリーズ全世界累計出荷本数1100万本突破の「レイトン教授」最新作がニンテンドー3DSに登場。
シリーズ全作をプレイしている身としてはプレイしないわけにはいきません。
「レイトン教授と奇跡の仮面」のファーストインプレッションです。

「レイトン教授」シリーズは「頭の体操」シリーズでお馴染みの多湖輝教授が監修するナゾトキをクリアしていくナゾトキアドベンチャーです。
ナゾトキをしながら真相に迫っていく物語をレイトン教授を演じる大泉洋さんをはじめとした豪華声優陣が彩ります。
エンディングテーマは松任谷由実さんが担当しています。

今回はソフトに収録されているナゾだけでなく、なんと、365日、毎日ナゾが配信される「日刊ナゾ通信」すれ違い通信にも対応しています。
3DSならではの新しい遊びが広がります。

○良かった点

・3DSになったことでの演出面の強化

ハードが従来のDSから3DSへ変更されたことにより、今までイラストだったキャラクターがポリゴンで描かれる様になりました。
そのことでキャラクターがぬるぬる動くようになり、臨場感が増しています。
また、1枚絵で質素だった背景も稼働する部分ができたり、調査中に視点が変更されて今まで見えなかったところが見えるようになったりと、全体の演出が強化され、より世界観を楽しむことができるようになりました。

・変わらないナゾトキの楽しさ
従来のDS版では下画面のタッチスクリーンがメインで使われていましたが、今回は3DSということもあって、上画面がメイン。
タッチペンで解いてきたナゾトキがどうなってしまうのか、と思いましたが、上画面と下画面をうまく使い、上画面はイラストなどでナゾ全体の雰囲気を出し、下画面をタッチすることで問題を解いていくスタイルでした。
今までと同じように違和感なくナゾトキで遊ぶことができます。

・豊富な遊び要素
勿論、今回も本編以外の遊び要素が充実。
移動パターンの決められたロボをゴールへ導くねじまきロボ、関連ある商品をうまく並べて完売を目指すうりきれショップ、ウサギと触れあい、芸を教えていくきょくげいウサギの3種類の遊びが収録されています。
どれも普段のナゾトキとはちょっと変わった思考パズルなので、楽しく遊べます。

また、本編では語られなかったキャラクターたちの隠されたエピソードが楽しめるモードも収録されており、作品世界をより深く楽しむことができます。

・ルーペ操作が快適
従来は下画面に表示されるキャラクターや背景をタッチしてチェックすることでゲームを進めていきました。
今回は上画面にキャラクターと背景が表示されるため、上画面に表示されるルーペを疑似的に下画面で操って気になるところをチェックしていきます。
この際、何かあるところではルーペの色が変化するため、無駄にタッチをすることがなくなり、より快適にゲームを進められるようになりました。
もうひらめきコイン(ゲーム内でヒントを見るために必要なアイテム)を集めるために闇雲にタッチする必要はありません。

○イマイチだった点

・すれ違い通信がつまらない

このゲームもすれ違い通信に対応しているのですが、出来ることはプロフィールの交換だけ。
すれ違いをたくさんしようが何の特典もありません。
もっと、もっと何かなかったのか、と言いたい。

例えば本編と絡めるならコレクションの交換ができたり、日刊ナゾ通信でゲットできる家具が交換で来たり、もう少しやりようがあったはず。
すれ違ったことで何かが得られる喜びってのを「ドラクエIX」を作ったレベルファイブなのに置き去りって…
ここはもう少し楽しい仕様にしてほしかったですね。

○総評

しっかりした遊びごたえ、豪華な演出、豊富なボリューム。
3拍子揃った盤石の出来栄え。


従来がDSで展開されていたシリーズということもあり、3DSになったことによる変更点も上手く取り入れてきっちり進化した最新作だと思います。
特に演出面の強化は従来のマンネリ感を払拭できて良かったと思います。

ゲームとしての遊びごたえもあって、誰もが遊べるゲームシステムと親しみやすい話題性で老若男女、全方位にオススメできる相変わらず高い完成度。
すれ違い通信はあれでしたが。
3DSの1本目としてオススメできる1本です。

―関連サイト―
レイトン教授と奇跡の仮面
http://www.layton.jp/kiseki/index.html

Check
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。