RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.01
23
ドラゴンクエストシリーズの移植作などでお馴染みのアルテピアッツァからDSiで楽しめる紙相撲「力紙 ~RIKISHI~」が配信開始。
最早名前の付け方だけでも欲しくなる、そんなゲームです。

このゲームはDSの紙相撲と同じように画面をタッチすることで力紙を揺らし、相手の力紙を倒したり、土俵の外に追いやれれば勝利、というシンプルなルール。
通常の紙相撲と違い、闇雲にタッチするのではなく、画面に表示される太鼓をタイミングよくタッチすることで力紙を動かします。
東から入場したら赤い太鼓、西から入場したら青い太鼓をタッチすると前進できるので、上手く自分の色に合った太鼓をタッチしましょう。

力紙は様々なパーツを組み合わせることで、オリジナルの力紙を作り上げることが可能です。
DSiについているカメラも使用可能なので、キャラクターの顔を自分の顔にすることもできますよ。

横綱を目指す簡単なストーリーが楽しめる一人用の他、1台のDSで二人で遊べるモードも用意されています。
ただ、残念ながら通信対戦は出来ません。

○良かった点

・多彩な力紙エディット

このゲームのミソはなんといっても力紙の作成。
普通の力士っぽいパーツは勿論、ちょっと変なパーツやロボットや宇宙人まで、パーツの種類が豊富。
どれもちょっと馬鹿げている様な感じなのも全体的な緩い雰囲気を作り出すのに一役買っていると思います。
また、DSiのカメラを使用して自分の顔などを力紙に利用出来るので、更に愛着が湧きますね。

・合成音声が良い
実はこの力紙、合成音声でキャラクターがモリモリ喋ります。
力紙は「ともだちコレクション」の様に合成音声の調整も可能なので、自分だけのパーツで自分だけの声の力紙を作れるのも更に魅力的。
一人用モードの掛け合いが更に楽しくなります。

・緩い雰囲気
力紙を作成するパーツもそうですが、一人用モードの掛け合いや敵キャラなど、全体的に緩く馬鹿げた表現が満載なこの作品。
作品自体と合成音声のキャラクターの喋り方も見事にマッチしています。
500DSiポイントという価格に相応しい軽い感じに仕上がっていて、ちょっとだけ遊ぶのにもってこいだと思います。

○イマイチだった点

・十両→小結→大関と昇進していく

一人用モードはストーリーを進めることで主人公の番付も上がっていくのですが、一般的な相撲と比べると番付の種類が少ない。
ちょっと時間が掛かってもいいので、ここも作り込んでほしかったなぁ、と思います。
その方が色々な番付の力紙を揃えたくなるんですが、今のままだと皆横綱にしようかな、という感じ。
ただ、その分、パワプロのサクセス以上にサクサクと力紙育成を楽しめると思うので、沢山の力紙を横綱にしてください。

○総評

やり込む感じではないが雰囲気が楽しいゲーム。
緩い世界観と合成音声のベストマッチは本当にオススメ。

前述したとおり、一人用モードのボリュームは1時間もしないで楽しめるくらい軽い物となっています。
ただ、このくらい軽い方がサクッと雰囲気を楽しめるのには丁度いいと思います。

公式サイトにはムービーも出ているので、見てみてちょっとでも心惹かれるものがあれば、迷うことなく体験してみてはいかがでしょうか。

―関連サイト―
ArtePiazzaの力紙
http://www.artepiazza.com/rikishi/index.html

力紙 ~RIKISHI~
http://www.nintendo.co.jp/ds/dsiware/krsj/index.html



Check
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。