RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.12
12
アサシン クリード ブラザーフッド【CEROレーティング「Z」】アサシン クリード ブラザーフッド【CEROレーティング「Z」】
(2010/12/09)
Xbox 360

商品詳細を見る

「アサシン クリード」シリーズ最新作がXbox360&PS3で発売。
ということで「アサシン クリード ブラザーフッド」のファーストインプレッションです。
今回、購入したのはXbox360版。
両機種を手に入れた私はどっちでソフトを買うか悩んだ訳ですが、「アサシン クリード」ならばやっぱりXbox360版かな、と思い、360版にしました。
Xbox360で初めてコントローラーでプレイするゲームを買いました。

「アサシン クリード」シリーズは初体験。
元々、シリーズには興味はあったのですが、何か機会がなくて触れたことがありませんでした。
今回はシリーズ初のマルチプレイを搭載している、というのも初めて触れようと思ったいいきっかけになりました。

このゲームでは主人公・エツィオとなって中世のローマで暗躍するストーリーモード最大8人で楽しめるマルチプレイの2つの遊びが楽しめます。

ストーリーモードでは広大なローマの街を少しずつ敵を倒すことで解放していきます。
仲間を集めて、共に闘ったり、仲間を別の場所に派遣したり出来るそうですが、マルチプレイばかり遊んでしまっていて、そこまでストーリーが進んでいません…

マルチプレイではいくつかルールがあるのですが、基本的なルールではそれぞれのプレイヤーがそれぞれ決められたターゲットを暗殺していき、最終的なポイントで勝敗が決まります。
得られるポイントは暗殺の仕方によって変わってきますので、いかに工夫して暗殺するのか、がポイントになってきます。
また、他のプレイヤーを倒すだけでなく、逃げたり不意を突いて反撃することでもポイントが貰えます。

やはりこのゲームで魅力的なのは敵を暗殺すること。
闇雲に戦闘するのではなく、息をひそめ敵を暗殺するスリル。
達成感があり、非常に面白いです。

○良かった点

・駆け引きが熱いマルチプレイ

とにかく楽しい。

それぞれが狙い・狙われる立場になる攻防が非常に熱いです。
良い暗殺は出来るだけ目立たずNPCに紛れ込む必要があるのですが、あんまり紛れていても今度は逆にターゲットを殺せなくなってしまったり、しかし、派手に動けば自分を狙うプレイヤーに存在を知らしめることとなり、暗殺されてしまう…
この絶妙な駆け引きが楽しさのキモですね。

・変幻自在のフリーラン
このゲームの楽しさの1つにフリーランが挙げられます。
壁をよじ登ったり、家と家の間を飛び越えたり、とにかく、美しい街並みを縦横無尽に駆け回れるのが気持ち良くて楽しい、そしてカッコイイ。
あんまり駆けまわっていると目立ってしまってアサシンとしてはダメなのですが…

・美麗なグラフィック
中世ローマの街並みがきれいに描かれており、街を歩いているだけでも感動してしまいます。
街中にあるビューポイントからぐるりと周囲を見渡したりすると息をのみますね。

・暗殺のスリルと達成感
ストーリーモードにおいてもマルチプレイにおいても暗殺が上手く決まった時の達成感は格別。
ターゲットに気付かれないように潜伏して近づき、一瞬にして目標の命を絶つ。
この快感は一度味わったらやみつきになること請け合いです。

○イマイチだった点

・ストーリーモードの序盤が冗長

ストーリーモードを始めて、ある程度自由に行動できるようになるまでがちょっと長く感じました。
シークエンス2まで丸々チュートリアルといった感じ。
チュートリアルとストーリーの導入を一緒に持ってきたせいでちょっと重めになってしまったような気がします。
ストーリーモードはそこを超えるまでが一つの山ですね。

○総評

暗殺のスリルと快感、更に追われる緊張感が手軽に楽しめるマルチプレイがとにかくオススメ。
シリーズ未体験の方も是非。

マルチプレイが楽しすぎてストーリーモードが進められません…
マルチプレイはやればやるほどレベルが上がるので、プレイ時間が長い人が技術的な面だけでなく有利になってくるのは少し頂けませんが、レベル差が開いていても戦績にはあんまり影響ないです。
意外と誰が勝つか分かりません。
誰でも気軽に楽しめると思います。

ただ、ストーリーモードは初めてだとストーリーを理解するまでが大変です。
ちゃんとおさらいみたいなものが随所で入るので、シリーズ未体験の方でも問題なく楽しめるとは思いますが、最初は何が何やら分かりませんでした。

というわけで、マルチプレイが熱いこのゲーム、ぜひお手合わせ願えないでしょうか。
ゲーマータグはmaneX360です。
Kinectがあるので、ボイスチャットも可能です。
気軽にお声掛けください。

―関連サイト―
Assassin's Creed Brotherhood - アサシン クリード ブラザーフッド | トップページ | Ubisoft
http://www.ubisoft.co.jp/acb/



Check
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。