RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.11
22
ダンスエボリューションダンスエボリューション
(2010/11/20)
Xbox 360

商品詳細を見る

ダンスゲームに未来が来た。
Kinectを使用して全く新しいダンスゲーム体験が出来るコナミ「ダンスエボリューション」のファーストインプレッションです。
Kinectと一緒に買ってきました。
このソフトのためにKinectを、延いてはXbox360を買ったといっても過言ではありません。

このゲームはいわゆるリズムゲームなので、画面の表示に合わせてタイミング良く踊ることで得点を獲得していきます。
従来のリズムゲームではタイミングに合わせて特定のボタンを押したり、画面をタッチしたりなぞったりしたと思いますが、このゲームではそういったリズムが取れているかの判定が例えば波打つように手を動かしたり、左手を腰に当てて右手を上に掲げるポーズを取ったりすることで行われます。

判定を行うための指示には大きく分けて4つの種類があります。

・リップル
2つの輪が重なるタイミングに合わせて手や足を輪の位置にかざします。
基本的なリップル以外に
足下に1つの輪だけが表示され、それが最小になるタイミングでステップを踏むステップ。
一定時間輪の中で手や足を固定するロックリップル。
連続で同じ位置にタイミングを合わせていくソリッドリップル。
などいくつか種類があります。

・ダンスポーズ
2つのシルエットが重なるタイミングでシルエットと同じポーズを決めます。
ダンスポーズを決めた後に、指定された部位を動かすジェスチャーもあります。

・ストリーム
ライン上の光の輪に合わせて手を動かしていきます。
平面だけでなく奥から手前など立体的な動きが要求されるものもあります。

・ボイス&ポーズ
2つのシルエットが重なるタイミングで手拍子や掛け声を出します。
オプションで音声判定をオフにすることも可能です。

これらの指示に合わせて動くことで高得点が獲得できます。
基本的に同一の曲では全て同じダンスですが、難易度によって出る指示の種類や数が異なるため、上手く踊れない人でも特定のタイミングで指示をこなせればOKです。

また、1人プレイだけでなくオフラインで2人でプレイすることも可能です。
更にオンラインでは4人のプレイヤーと一緒にダンスを踊ることが可能です。

○良かった点

・ダンスがそのままゲームになる衝撃

前述したとおり、このゲームでは指示に合わた動作をすることで得点が加算されます。
まさにダンスそのものが評価され、ゲームになっています。
これも「Kinectアドベンチャー!」同様、家庭用ゲーム機のレベルじゃないぞ、と思いました。

・難易度設定で誰でも気軽にダンス気分が味わえる
1曲に対してダンスの種類は1つですが、難易度によって指示の種類や数が変わってきます。
ダンスに慣れてない方などは低い難易度でやれば判定箇所は少なくなるので安心です。
しかもリップルやステップの判定は特定のタイミングさえ合っていれば手や足の左右は判定されません。
右足を踏み込むところで左足を踏んでも位置さえ合っていればOKなので、上手くない人でも十分楽しめます。
中央ではいつもキャラクターが正確なダンスを踊っているので、それに合わせて何となく踊りつつ、決めるところだけしっかり決めるだけでも高得点が狙えますよ。
また、高い難易度では判定箇所が多く、キャラクターとシンクロする様な本格的なダンスが要求されるので、ダンスに慣れている人も楽しめる作品だと思います。

○イマイチだった点

・やや広い場所が必要

ダンスという動き自体がある程度のスペースが必要ですが、上手くセンサーに全身を認識してもらう必要があるのか、「Kinectアドベンチャー!」と比べるとテレビから離れる必要がありました。
大体2mくらい離れれば快適にプレイが可能だと思います。

○総評

誰もが楽しめるダンスゲームの究極形。
ダンスそのものがゲームになる、そんなダンスゲームの未来を感じられる作品です。

ポーズや手の動き、ステップが判定に取り入れられる…
もうダンスゲームはこれ以上進化のしようがない、と思えるくらいの究極形だと思います。

敷居もとても低いので、誰でも見よう見まねで踊れれば楽しめると思います。
大切なのは恥ずかしがらずにリズムに乗ること。
恥ずかしがって大きく動けないといい結果は出ませんので、プレイする際は思いっきりダンサーになったつもりで踊りましょう。
指示がないところでもキャラクターに合わせて踊っていると、いざ指示が出た時にタイミングが取りやすいですよ。

一緒にオンラインでダンス対戦してくれる方も募集中です。
ゲーマータグはmaneX360ですので、対戦していただける方はぜひコメントをお願いします。
なんとかスタンダードならば踊れるくらいの平凡ダンサーな私ですが、よろしくお願いします。

―関連サイト―
DanceEvolution 【公式サイト】
http://www.konami.jp/gs/game/danceevolution/



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。