RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10
27
毛糸のカービィ毛糸のカービィ
(2010/10/14)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

毛糸の世界に迷い込んだカービィが毛糸の姿で大冒険。
独特のグラフィックが特徴の「毛糸のカービィ」のファーストインプレッションです。
二人同時プレイに関しては面白そうだし、いつでも切り替えできるのは評価できるけれど、やったことがないので割愛。

このゲームはワイヤー状に伸ばせる毛糸を使って、敵をやっつけたり、ぶら下がったり、所定の場所に毛糸を引っ掛けるとステージに変化が起きたり、今までの「カービィ」シリーズとはちょっと違ったアクションゲームになっています。
従来の「カービィ」シリーズで見られた吸いこんで吐き出す、相手の能力をコピーする、というアクションはありません。
毛糸で敵を引っ張ってきて、毛玉状にして投げれる、というのは従来の吸い込み→吐き出す、と構造が似ているので慣れやすいですが、今回は吸い込みが出来ないので、「カービィ」シリーズお馴染みのボバリングが出来ません。
おかげで慣れるまでちょっと戸惑ってしまいました。
ちなみに、吸い込みが出来ないのは毛糸なので空気が抜けてしまうからだそうです。
一応理由があるんですねー。

○良かった点

・質感のあるグラフィック

カービィが毛糸になってしまっただけでなく、ステージ全体が布や糸などで構成されています。
布は布らしく、毛糸は毛糸らしく、それぞれの質感のあるグラフィックがWiiでここまで出来るのかと思いました。
質感のあるグラフィックといえば「リトルビッグプラネット」がやっぱりあると思うのですが、あれは布だけでなく、段ボールとかもよく出来ていましたが、今回はそれの布類版ですね。
ステージの色遣いも含め、グラフィックがとてもポップなので、見ているだけでも楽しい、そんなゲームになっています。

・ミスにならないゲームシステム
このゲーム、ミスがありません。
ステージを進める際にビーズを集め、ミスをしないでいるとチェインが加算されますが、敵に触れるなど一般的にミスになるような行為があっても、ビーズを大量に落とす、積算されていたチェインが0になる、これだけで、ミスをしたのでステージの最初から、ということはありません。
楽しい見た目あってのことですが、見た目に惹かれたアクションゲーム初心者の方なのでもクリアをするだけなら誰でも出来る究極の形ですね。
「カービィ」だからありかな、という感じ。
これが「罪と罰」だったら暴動ものです。

見た目に惹かれたアクションゲーム初心者の方でも遊べるゲーム設計ながら、アクションゲームが得意な人にはビーズ集めとチェインで目標設定をさせる、というシステムは評価できます。
ただ、通常の敵キャラは触れてもミス判定にはならないので、どこに触れるとミス判定になるのか、というのが少し分かりにくいところはあると思いましたが。

○イマイチだった点

・撮った写真がSDカードに移行できない

このゲームはステージ中などで写真を撮れる機能があるのですが、撮った写真はアルバムに残して確認するか、Wii伝言板に貼るしか出来ません。
なぜSDカードに残せないのか、と。
特に、このゲームではステージ中で手に入るインテリアやステージ中で集めたビーズで購入したインテリアや壁紙や床を利用して部屋を飾ることが出来るのに。
共有できるのがWiiだけ…
SDカードに残すことが出来て、ネット上で公開することが出来たら、さらに楽しみが広がっていただろうに残念です。

○総評

カービィでなくて良かったかもしれませんが、「カービィ」シリーズが元来持っていた誰でも楽しめるアクションゲーム、という良い点が活かされた作品。

従来のカービィファンからしてみると、こんなものはカービィではない、と思われる点が多々あるかと思います。
しかし、全く新しいキャラクターによる誰でも遊べる新しいアクションゲーム、というよりは、あのカービィが登場する誰でも遊べる新しいアクションゲーム、という方が、あまりゲームを遊ばない方により興味を持ってもらい易いのは確か。
そう考えると、カービィというマッチングはベストなマッチングだったのではないかと思います。

勿論、中身がダメ、というわけでなくアクションゲーム初心者も中級者以上の人も楽しめる内容になっていると思います。
何よりかわいらしいカービィをかわいい世界で触っているだけで楽しい。
仲の良い、普段あまりゲームをやらないような人と協力プレイなんかしたらより楽しめるかも。

―関連サイト―
毛糸のカービィ
http://www.nintendo.co.jp/wii/rk5j/index.html



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。