RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.09
21
Category : ゲームの話題
ちょっと前ですが、18日に東京ゲームショウに参加してまいりました。
相変わらず人が多くて、何をしてきたんだろうって感じですが、各ブースを回ってみた感想なんかをちらほらと。

セガ

セガは見る方向によって色の違う、全方位型の展開がされていました。
その中でも特に「龍が如く」関連の展示が人も多く、目を引きましたね。

モバイルスタンプラリーの設置場所が分かりにくかったり、タッチしにくいところに設置されていたのがちょっと不便でした。

セガは直接関係ないのですが、セガブース付近で「デビルメイクライ」や「ベヨネッタ」で知られる神谷英樹さんとお話しすることが出来ました。
事前にツイッター情報でこの日に来ることを知っていたので、すごく期待していたのですが、想像以上に緊張して何言ってるのか分からなかったであろう私に優しく接してくれて、気さくで親しみやすい方でした。
「ビューティフルジョー」にサインを頂いて感無量です。
一生大切にします。

カプコン

カプコンブースは「モンハン」の展示が1番力が入っていましたが、体験自体は整理券配布方式なので、それほどの混雑はない印象。
それよりも「逆転検事」もすごい人気で、改めてシリーズの人気の高さを実感。
派生ソフトでなくて本編も出してもらえると嬉しいのですが。

イグニッション・エンターテイメント・リミテッド

イグニッション・エンターテイメント・リミテッドブースでは神谷英樹さんもオススメの「El Shaddai ASCENSION OF THE METATRON(エルシャダイ アセンション オブ ザ メタロン)」をプレイ。
http://elshaddai.jp/

リアルでもアニメ的でもない不思議なグラフィックのアクションゲーム。
操作に使用するボタンは3つだけというシンプルさが売り。
敵を弱らせて武器を奪って攻撃をする、というスタイルも使用するボタンが少ないのですぐに飲み込むことが出来ました。
武器により攻撃方法が異なるので、簡単操作で多彩な遊びが楽しめると思います。
ただ、武器を奪ったり、敵の攻撃を回避するのがボタンの組み合わせで行うため、PSのコントローラーの様なボタンの多いコントローラーでわざわざ使用するボタンを減らす必要があったのか、とも思います。
グラフィックは非常に目を引きますが、横スクロールステージでは足場が分かりにくいのが難点でした…

ソニー・コンピュータエンタテイメント

ソニーブースはPlayStation Moveをメインに据えているようで、並びはブースの裏側とか、ちょっと分かりづらい仕様でしたね…
メインのスクリーンがどっと場所を取っているのですが、周囲のソフトの間の通路が狭く、昨年などと比べると、ブース全体が手狭に感じました。

肝心のMoveは混み合っていて体験できず。
2階建ての体験会場なので、上の方は良く見えないという…

マイクロソフト

キネクトは大々的な展開がされ、非常に目を引いていました。
ただ、ブース全体に占めるキネクトの割合は少なめ。
これはやはりロンチタイトルの弱さが出てしまった結果でしょうか。
あと、やはり体を動かすようなソフトの場合、体験スペースを通常より広く取らないといけないため、展示数が減り、遊びづらくなってしまう気がしました。
想像のつかない遊びはこういった機会でその魅力を伝えていけるのが理想ですが、多くの人に届けるのは難しいです。

ゲームを見ている感じではWiiリモコンの延長線上のMoveに比べるとキネクトの方がより可能性が広がる気がしました。
これを上手くゲームに落とし込めるのか、というのが問題ですが、今まで体験したことのない体験が出来そう…なのは確か。
気になるけれど、Xbox360…

コナミ

あんまり並んでいる人がいなかったので「ザックとオンブラ まぼろしの遊園地」を体験しました。
http://www.konami.jp/gs/game/zac_ombra/index.html

見た目にたがわず「レイトン」シリーズのフォロワーでした。
キャラクターたちの掛け合いやアニメーションで物語を進行させていくのは本家に見劣りしないと思うのですが、やっていることはミニゲーム集。
脳トレというジャンルにストーリー要素を組み込んだのは確かに「レイトン」の功績だとは思いますが、それがミニゲーム集で革新的と言えるのか。
しかも、DSというハードの円熟期に…
という思いが強くあんまり楽しめなかったです。
4種類くらいのミニゲームといくつかのアニメーションムービーやイベントシーンがあったので、結構長くなってしまったのもあまり良くなかったかも。
まぁ、ミニゲーム集なので1種類だけ、という訳にもいかず、アニメやイベントシーンも見てもらいたい、と欲張った結果だと思うのですが…

以上。
やっぱりあんまりゲームで遊ばなかったのですが、まぁ、遊ばなくても「二ノ国」とかは買いますしね。
問題ありません。
でも、本当はもっと色々ゲームで遊びたい。
というか、もっと気軽に遊びたい。
ディズニーランドの様にファストパス的なものがあればいいのですが…

来場者数は過去最高を記録した東京ゲームショウ。
今年は触ってみなければわからない、新機軸な遊びを提供する周辺機器の発売もあってのことかもしれません。
触れたり見たりすることでより興味が湧く。
ネット環境が整備され体験版や映像の配信はネットを行えば出来る今、新たな周辺機器はゲームショウに人々を集める一つの目的になったのかもしれませんね。
これらの新機軸な周辺機器が、この年末、どのように市場に受け入れられるのか。
気になるところです。



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。