RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.09
08
ブログ更新が滞ってしまっていましたが、一念発起。
いつもよりはサクッとですが、溜まってしまっていたゲームの感想をポチポチ書いていきます。
うおぉー。

HOSPITAL. 6人の医師(特典なし)HOSPITAL. 6人の医師(特典なし)
(2010/06/17)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

「HOSPITAL. 6人の医師」はDSやWiiで発売された「カドゥケウス」シリーズの流れを汲む医療ドラマゲームです。
「カドゥケウス」を彷彿とさせる外科をはじめ、救急、整形外科、内視鏡、診断、検視の6つの医療が体験できます。
誰もが医療ドラマを体験できるゲームとして開発されているため「カドゥケウス」と比べると難易度は控えめのセッティングとなっているそうです。

○良かった点

・多彩なジャンルの操作で医療ドラマを体験できる
様々なジャンルの医療が体験できることで、ゲームとしての多様性もさることながら、多種多様な患者が登場することで、ドラマとしての楽しみも増していると思います。
Wiiリモコンと医療アクションの相性はいいですね。
DSでは遊んだことがないのですが、ポインティングにプラスしてボタンが使えることや、Wiiリモコンの動きも利用できることで、医術の幅とリアリティが増しています。
まさに自分が医師になったかのように多彩で体感的なアクションで治療にあたれます。

・無理のない難易度、しかし、やり込みも出来る難易度
オペにはサポートが付くので、オペ中に注意する点、次にどうすべきか、ということが明確でゲームをクリアしていくだけなら無理のない難易度設定になっていると思います。
さらに、これでも難しい、という場合はいつでも難易度が切り替えできるので、自分が得意なこっちは中難易度で、苦手なこっちは低難易度で、といった遊び方も可能です。
ただ、クリア後にオペの出来によりランク付けされるので、高ランクを得るのは一苦労。
間口は広く、奥行きは深く、誰もが遊びやすい設定になっているお思います。

○イマイチだった点

・内視鏡の移動が難しい
内視鏡はWiiリモコンを利用して移動させていくのですが、微妙な調整がしずらいのと、独特のグラフィックで内壁までの距離感がつかみにくいので、ちょっと移動が難しいです。
逆にこれが内視鏡のリアルなのかもしれませんが。

・診断・検視の2つのモードだけ1パートが長い
このゲーム、1つ1つの小さなシナリオ群から構成されているのですが、診断・検視の2つのモードだけ、アクションではなくアドベンチャー形式のため、アクション形式のモードよりもどうしても時間が掛かってしまいます。
中断セーブが出来るので、長くても問題はないのですが、バランスがちょっと悪いかな、とは思いました。
1つのソフトで多彩なジャンルが遊べることでの弊害だとは思いますが…

○総評

私は元々「カドゥケウス」シリーズは興味はあるけど、高難易度がウリのなので手が出せない、というクチだったので「HOSPITAL.」の様に手軽に楽しめるようになったのは大歓迎でした。
外科だけではなく、多様な医療技術がWiiならではの体感操作で上手く表現されているのも良いですね。
アクションだけでなく、アドベンチャー的な診断・検視の2つのモードは賛否あるかとは思いますが、単体では非常に面白い良く出来たアドベンチャーだと思います。
これ一本でもいけそうな内容ながら、アクション中心の中に入っているから違和感を感じるってのはありますが。

ちょっとテレビが壊れていた時期もあり、発売から大分経ってもあまりプレイ出来ていないのですが、今後もちょくちょく進めていきたいゲームです。
今更かもしれませんが、公式サイトをちょっと見て、雰囲気が気に入ったのなら十分楽しめると思いますので、ちょっと寂しいラインナップの続くWiiで遊ぶソフトをお探しの方は是非。

―関連サイト―
HOSPITAL. 6人の医師
http://hosp.atlusnet.jp/



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。