RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.03
31
Category : お知らせ
1日遅れましたが、ブログ開設から4年が経ちました。

せっかくなので、4年間全くいじっていなかったテンプレートを変更してみました。
不思議です。
今までのに慣れすぎてしまったせいでしょうか。

おかげさまでこのブログも約84000人の方に訪れていただきました。
いやー、継続は力なりですね。
ちりも積もれば山となる。
昨年から2万人くらい増えているので、今年中には10万人にも届くかもしれません。
感慨深いです。

本当に、こうやって多くの人に訪れていただけることが、ブログを続けていく原動力になっています。
かなり更新に並のある日々ですが、いつもお世話になっている方も、はじめましての方も、今後ともよろしくお願いします。
スポンサーサイト
2009.03
31
ポケモンワールドチャンピオンシップス日本代表決定大会のエリア予選に参加してきました。

あ、いえ、私が参加したのはラストチャレンジ予選なのですが…

いきなり寝坊して、集合時間に遅れる。
もう終わったかも。と思いきや、なんとか並べてラッキー。

使用デッキはガブリアス(DPt3)、アブソル(DP3)。

1戦目:ゲンガー(DPs)、カイリキー(DPs)

なんというか、まだ寝ていた気がします。
カイゲンなのに無作為にユクシーを2体出したり、しかもサイコリストアせず出しっぱなしだったり…
やっぱりまだデッキが手についていなかったかなぁ。
プレイングがまだまだです。って、何年やっているんだと…
1-3で負け。

そんな訳で私のラストチャレンジ予選はここで終わりです。

IMG_0876_convert_20090331033429.jpg
IMG_0877_convert_20090331033629.jpg
会場内はこんな感じで飾られていました。

暇だったのでいろいろとトレードをしたりしました。
今回は結構欲しかったカードが手に入って良かったです。
意外とジバコイルLV.Xが人気だったのですが、何かあったのでしょうか?

デリバードは2枚しか集まりませんでしたけど。
早く新しいカードを出してほしいです。
DPt4に期待。

せっかく新しいカードを手に入れたので、新しいデッキを作りたいのですが、ハマナのリサーチが足りません…

せっかくなので、本物のエリア予選も観戦しました。
IMG_0878_convert_20090331033727.jpg
こんな感じでモニター観戦も出来ました。
ただ、解像度が低いのと、照明のテカリで見辛くてしかたなかったのですが…

そういえば、コインを裏から投げて欲しいとお願いしたのに、表から投げて、表が出て、ゲンガーの「しのせんこく」が決まってしまって一悶着あったみたいですね。
やっぱりその場で判断が下せる様なマスタージャッジ必要ですね。
ちなみに今回は投げなおしはなかったみたいなので、裏から投げて欲しいと頼まれても、断固拒否して表から投げるのはアリみたいです。

やっぱりエリア予選だけあって、非常に多くの方が来ていましたね。
なんか、取材の人もたくさん。
けれど、ラストチャレンジ予選以外は多くの方が参加できるイベントがなかったので、時間が経つにつれて人が徐々に減っていっていたような…

予選もいいですが、せっかくスペースも空いてますし、遠方からはるばる来た人のためにもう少しイベントがあっても良かったんじゃないかなぁ、と。
まぁ、エリア予選の観戦がイベントと言えなくもないですが。

とにかく、今回、代表になった方々には頑張って欲しいですね。
地元の人も残っているみたいですし、陰ながら応援しています。

―関連サイト―
ポケモンカードゲーム公式ホームページ トレーナーズウェブサイト
http://www.pokemon-card.com/index.html
2009.03
28
ケータイアプリで展開されていた、いつでもどこでも空気が読める「空気読み。」が「空気読み。DS」としてDSiウェアに登場しました。

このゲームでは様々なシチュエーションで自分の分身となる「お前」をボタンを使ったり、タッチペンを使ったり、はたまたマイクに息を吹きかけたりして、その場の空気を読んだ行動をしていくゲームです。

100問の空気を読むシチュエーションが登場し、すべてを終えると、どれだけ空気が読めていたかが診断できます。

操作もすべて空気を読んで判断することになります。
ボタンを押して動かしそうならばボタンを押せばいいですし、上っぽかったら十字ボタンの上を押す、とう感じです。

しかし、思った通りの動きをしてくれない場合もあったので、もういっそ、すべてタッチペンだけで操作が出来る、とかの方が良かったですね。
ボタン+十字ボタン+タッチペン+マイクでは最適な入力方法が何なのかから探さなくてはいけませんから。

ボリューム的には本当に100問の診断をやったら、特にもう1度やろうとは思わないくらいさっぱりとしたものになっています。
すでに答えの分かっている空気を読んでも…

誰かに遊んでもらうにしても、サクッと楽しめる10問での空気読み診断ではかなーりアバウトな診断しかされず、かといって100問はちょっと多いような気がして、中途半端な感じが残念。
せっかく「空気が読めるかどうか診断できる」という一人で遊ぶよりも、多人数でシェアするような遊び方が似合う題材なのに、上手く料理できていないなぁ、と。
遊びやすさとしては「脳トレ」みたいな感じがちょうど良かったと思います。

独特の世界観と空気が読めているかどうか診断できるという題材はとても良かったと思います。
それだけにゲームとしての完成度に不満が残るものでした。
次回は「もっと空気が読める 大人の空気読みトレーニング」という感じでお願いします。

―関連サイト―
空気読み。DS
http://www.g-mode.jp/title/kuukiyomi/dsi/
2009.03
28
Wii本体が更新され、バーチャルコンソールやWiiウェアが熱い今日この頃ですが、DSiウェアもいよいよ、任天堂以外のメーカーからも作品が出始めました。

そんな中、ナムコから「ころがしパズル塊魂」が発売されました。
これはPS2などで発売された「塊魂」をモチーフにしたパズルゲームです。

このゲームでは「モノ」と「ブロック」の2種類のブロックがあります。
次々に現れてくる「モノ」や「ブロック」の組み合わせをタッチペンで選んで、フィールドに並べていきます。

「モノ」を上手く積み上げていき、時折現れる「塊」を転がして「星」にします。
「ブロック」は横に一列並ぶと消えます。

この性質の違う2種類のブロックと下へ下へと向かっていく「塊」を上手く利用して高得点を目指すゲームになっています。

昔、ナムコから出ていた「コズモギャング ザ パズル」と同じようなシステムらしいです。

「アイテム」を巻き込むと、便利なアイテムが手に入るので、パズルが苦手な人でも遊びやすいと思います。
また、一定時間「王様」を巻き込まないでいると、困った現象が起きたりして、スリリングに遊べるようになっています。

遊び方については初回起動時にチュートリアルもあるので、しっかりとルールを覚えてから遊び始めることが出来ます。

モードは大きく分けて2つ。
様々なミッションをクリアしていく「チャレンジ」とにかくゲームオーバーまでの高得点を競う「エンドレス」です。

「チャレンジ」は1つの塊で決められた数のモノを巻き込んだり、○秒間ゲームオーバーにならずに耐え抜いたり、5種類の遊び方が用意されています。
それぞれ10個ずつ難易度が用意されているので、一通り遊ぶだけでも結構かかりますね。

DSiウェアながら音声がBGMに使われていたり、「モノ」の種類も豊富なので、容量の少なさを感じさせませんね。
これで500DSiポイントは安い。

ただ、それぞれの「モノ」の表示が非常に小さくなっているのもあって、画面がちょっと見辛いです。
ただ、あんまり大きくしすぎても、フィールドにおけるブロックが少なくなってあれですしねぇ…
難しい。

あとはせっかくなので出来れば対戦モードも欲しかったですね。

昔に作られたパズルゲームと新しい「塊魂」というゲームの世界観が上手く融合しています。
私はこのために考えられた新しいパズルゲームだと思っていたぐらいですから…

塊が通って行くルートを予測しつつブロックを積み上げていく必要があるので、コツを掴むまでは難しいと思いますが、手軽にハマれる良いゲームだと思いました。

―関連サイト―
ころがしパズル塊魂
http://www.katamaridamacy.jp/puzzle/index.html
2009.03
27
Category : ゲームの話題
Wii本体がバージョン4.0に更新されました。

新たにSDカードメニューが追加されました。

これは従来のようにSDカードの中のチャンネルやゲームソフトをSDカードから本体にコピーすることなく、簡単に遊べるようになるメニューです。
また、それに合わせてWiiショッピングチャンネルからSDカードに直接ダウンロードも可能になりました。
さらに、大容量のSDHCにも対応。
一気に容量の心配がなくなりました。

さっそく今まで泣く泣く消していたチャンネルやゲームソフトをダウンロードしてみました。

SDカードメニューを開く際と、実際にソフトを起動した際に若干の読み込みが入りますが、そんなに気にはなりません。

ただ、注意が必要なのはSDカードメニューではWii本体の保存メモリを一時的に利用するため、SDカードに保存したチャンネルやソフトの最大のものの容量以上は本体保存メモリを開けておく必要があることですかね。
「スペースインベーダーゲットイーブン」が301ブロックもあるので、その分は空けておかないと…

あと、セーブデータは本体保存メモリに保存していないと読み込まれないようなので注意が必要です。
また、WiiConnect24機能を利用するにはソフトを本体保存メモリに保存しておく必要があります。

けれど、普段はちょっと遊ばない対戦ゲームとかもこれでどんどん保存しておけるので、便利になりますね。
私はとりあえず用意していた1GBのSDカードを使っているのですが、それでもまだまだ容量が残っているので、これは快適すぎてヤバイです。

今まで容量の問題が~と購入を見送っていたソフトも、次々に買ってしまうかも!?

しかし、こうやって整理してみて、意外と、セーブデータで本体保存メモリを使用していることに気付きました。
確かに、今までWiiで買った全部のソフトのセーブデータが入っているわけで…
「スマブラX」とか100ブロック以上もあるわけで…
次の問題はここか…?

―関連サイト―
SDカードメニューについて
http://www.nintendo.co.jp/wii/sd_card_menu/index.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。