RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.07
27

マリオカート8マリオカート8
(2014/05/29)
Nintendo Wii U

商品詳細を見る

―ソフト情報―
マリオカート8
対応機種:Wii U
メーカー:任天堂
発売日:2014年5月29日
価格:[パッケージ版 / ダウンロード版] 5,700円(税別)
ジャンル:アクションレースゲーム
プレイ人数:1~4人(通信プレイ時 2~12人)
CERO:A(全年齢対象)
―――――――

■お好みで楽しめる「マリオカート8」

手軽にジャイロで。
正確なコース取りを決めるならスティックで。
多彩なコントローラーと操作方法への対応により、遊び方の幅広さ、みんなで遊ぶ際の敷居の低さを実現しています。

ジャイロを使ったハンドル操作ではWii U GamePadだけでなく、Wiiリモコン+Wiiハンドルも「マリオカートWii」に引き続き使用可能となっており、「Wii」をハンドルでやり込んだという人も安心。
個人的にはグランプリはハンドル、タイムアタックはスティックと操作系を変えるのが好きです。

■うーん、反重力

今作の最大の特徴はなんといっても反重力。
コース途中で壁面を走ったり、天井を走ったり、縦横無尽にカートが走っていきます。

ただ、通常のプレイ画面ではカートの動きにカメラがしっかり付いてきてくれる場面が多く、実際に反重力を使用してどんな感じで走っているのか、というのが分かりにくいのが残念。

でも、画面をひっくり返した状態で走ったりすると操作で戸惑ってしまいとっつきづらくなってしまったと思うので、通常プレイでは今まで通りに見えるけれど、ハイライトでそのはっちゃけぶりが楽しめますよ、という形にしたのは正解だったかも。
それを補完したのがMKTVやYouTubeへの動画投稿機能ということでしょう。

反重力中のぶつかって加速できるシステムも重量級の弱体化、特定のオブジェクトや他プレイヤーに上手く当たりにいける上級者の補強といった形になってしまって、期待していたようなあまり上手くない(=コース内でぶつかりやすい)人の助けにはなっていなくて、うーん、と言う感じでした。

■シズル感あるハイライト

ハイライトを見たいと思える「マリオカート」ってのも初めてじゃないでしょうか。

ハイライトはかなり手軽なのにレースをドラマチックにまとめてくれるようになっており、レースのシズル感をしっかり感じられるものになっています。
それをアップロードして拡散する楽しみもあるので、まず自分で楽しみ、そして人に見てもらう楽しみもあるというのが、これだけ低い敷居で展開できている作品も珍しいのではないでしょうか。

まぁ、もう少し本格的なハイライトの編集機能もあってよかったとは思います。
シーン単体での入れ替えやカメラアングルの変更など、もうちょっとこうしたい!と思えるところもあったので、手軽に始められて奥深さもあるようなシステムだとより良かったですね。

■細かな配慮が足りない

細かなところのへの配慮があと少しな場面が多々見受けられ、それが小さなストレスになってしまうのは残念です。

例えば「マリオカート7」では見れたインターネット対戦の勝敗戦績が見れなかったり、GamePadでしかコースマップが表示されなかったり、キャラクター選択画面でどのキャラクターがどういった重さの区分なのかが分からなかったり…
ゲームとは直接関係はないんですが、こういった細やかな配慮ができているのが任天堂ゲームのいいところだと思っていたので、少し肩透かしな印象でした。

■既に積みあげてきたものが面白すぎるという問題点

「マリオカートWii」で超絶進化した手軽で繰り返し遊びたくなるインターネット対戦の楽しさと、「マリオカート7」で生まれた自分だけのカスタマイズを楽しむ奥深さや飽きさせない工夫がしっかりと盛り込まれた作品になっており、めっちゃ楽しく遊んでいます。

ただ、それもこれも過去に培ってきたものの継承・進化版のため、新鮮な驚きという点では薄く、反重力や新アイテムや新キャラクターという小手先の変化だけでは少し物足りない感じもありました。

とはいえ「マリオカート」の最大の魅力の手軽さは健在。
軽い気持ちでプレイを始めたら、気付いたら熱中してしまってプレイ時間を重ねていく…ということがしばしばあります。

コースが変わっただけでもすごく遊び込めてしまうんだなと、「マリオカート」が既に獲得してきた面白さに改めて驚かされながらも、もう一歩が欲しかったなと思える、「マリオカート」ならではのちょっと厳しめな評価。

―関連サイト―
マリオカート8
http://www.nintendo.co.jp/wiiu/amkj/index.html
スポンサーサイト
2014.07
20

おさわり探偵 小沢里奈 ライジング3 ~なめこはバナナの夢を見るか?おさわり探偵 小沢里奈 ライジング3 ~なめこはバナナの夢を見るか?
(2014/05/01)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

―ソフト情報―
おさわり探偵 小沢里奈 ライジング3 なめこはバナナの夢を見るか?
対応機種:ニンテンドー3DS
メーカー:サクセス
発売日:2014年5月1日
価格:[パッケージ版 / ダウンロード版] 4,800円(税別)
ジャンル:おさわりアドベンチャー
プレイ人数:1
CERO:A(全年齢対象)
―――――――

ダークな雰囲気なのに癒し系。
不思議な魅力に虜にされてしまうソフト。

シリーズを初めて遊んだ身からすると、遊んだ人を虜にする魅力は伝わってきたけれど、シリーズを愛してきた人こそ嬉しい1本だと思いました。
キャラクター同士の関係性など、知っているともっと面白いんだろうな、と思える描写が随所にあり、シリーズを遊んできている人がうらやましく思いました。

とはいえ、キャラクター同士のダークな雰囲気なんだけれど軽快なやり取りに癒されながら不思議な事件を解いていく。
この世界の一員として作品に参加していることが1つの楽しみになるような、そんな作品です。

特にアドベンチャーゲームにおいては、多くの人に聞き込みをするなど「調査」をしないといけないことも多いので、世界観自体に魅力があることは「調査」に対するモチベーションの維持に繋がるので重要だと思いました。

タッチで怪しいところからキーとなるアイテムを見つけ出して事件を解いていくオーソドックスなシステムの作品で、ゲーム自体は目新しいものでもありません。
けれども、この世界が終わって欲しくないと思えるアドベンチャーゲーム、というのも珍しいかなと思います。

―関連サイト―
おさわり探偵 小沢里奈 ライジング3 なめこはバナナの夢を見るか?
http://swninfo.success-corp.co.jp/3ds/osawari_tantei3/
2014.05
05

2014 FIFA World Cup Brazil™2014 FIFA World Cup Brazil™
(2014/04/24)
PlayStation 3

商品詳細を見る

―ソフト情報―
「2014 FIFA World Cup Brazil」
対応機種:PlayStation 3
メーカー:エレクトロニック・アーツ
発売日:2014年4月24日
価格:6,300円(税抜)
ジャンル:スポーツ
プレイ人数:1~7人(オンライン時:2人)
CERO:A(全年齢対象)
備考:Xbox360版も同時発売
―――――――

・ワールドカップをご家庭で

まさにFIFAワールドカップ公式ゲーム。

演出の随所にワールドカップ公式のものが使用され、戦いの場となるスタジアムも会場となるブラジルのスタジアムが収録されています。
あのトロフィーも掲げられますよ。

今はまだピンとこないところもあると思いますが、ワールドカップ本番が始まった際には「あ!これ、ゲームで見たことある!」と進研ゼミの勧誘マンガの様な体験が味わえることでしょう。

更にワールドカップが開幕した際には現実のワールドカップの試合と連動したお題をクリアしていくモードも収録。
今から6月の開幕が待ち遠しくなります。

・ワールドカップをとことん遊ぶ

毎年発売されている「FIFA」シリーズと異なり、今作ではクラブチームが収録されていません。

その代わり世界203の国と地域が収録。
恐らくゲーム機が発売されていない国も沢山あると思うのですが、ワールドカップの興奮をさらに盛り上げるためのこの網羅性。
誰得!
この収録チームの中から1つのチームを選びワールドカップ制覇を目指すことも出来ます。

また、前述したような実際のワールドカップの試合結果と連動して遊べるモードだけでなく、オンラインを通じ疑似的にワールドカップを体験するモードや、勝ち進むことでブラジルにあるスタジアムをすべて巡るモードなど、長く遊ぶよりはぎゅっとお祭りを楽しめるようなものになっています。

・で、肝心の日本代表とかどうなの?

「FIFA」シリーズというと日本代表が収録されていないことで有名ですが、今作にはちゃんと日本代表が収録されています。

海外のクラブでプレーしている選手は普段の「FIFA」でも登場しているためか、比較的似ています。
グラフィックを見てあーあの選手だなと分かる感じです。

一方、Jリーグのクラブでプレーしている選手は全く似てません。
専用のフェイスを作らず汎用のものを当てているだけ…という感じです。

遠藤選手とかほんとひどい出来だよ?

あと、海外のサッカー事情にあまり明るくないので詳しくは分からないのですが、収録されている選手のデータが古いです。
少なくとも日本代表は昨年のコンフェデくらいで時が止まっている感じ。
今はオンラインのアップデートで最新の選手情報が配信される可能性がありますが、出来れば発売後すぐにワールドカップ本番に近い状態で遊びたかったです。

・操作ガイドくらい入れて欲しい

このソフト、説明書が入ってません。

任天堂ハードでは今ではデフォルトの様に入ってませんが、ゲーム機上で説明書が見られる機能がないハードで説明書なし、EAのホームページからダウンロードしてください、というのはどうなのかと。

説明書のペーパーレス化はいいと思いますが、それであればゲーム機を購入した人がゲーム機だけで完結できるような仕組みにしておいて欲しいと思います。

あと、つらつらとオンラインプレイに関する同意事項を書く紙を入れるのなら、基本の操作ガイドくらい入れてくれても良かったと思います。

・日本よ、これがワールドカップだ

同時期に発売される「ウイイレ」の新作が通常の作品にプラスアルファなのに比べると、この作品は通常の「FIFA」シリーズとは一線を画すソフトになっています。

選手の動き、ボールの軌道といったサッカーゲームを楽しむ基本の部分はHD機の最先端を行くシリーズのそれを継承しつつ、遊び方をワールドカップモードに全力で舵を切っています。

まぁ、これも公式ライセンスがあるからこそ出来る仕様だとは思います。
「ワールドカップ」の名前が使えなければ、ここまで大胆なことは誰もやらないでしょう。

それだけライセンスの力というのは大きく、魅力的です。

遊べるモードもパブリックビューイングに集まる人々まで入ってくる演出も、まさにゲームで楽しめるFIFAワールドカップ。
7月の決勝の笛が鳴り終わっても、戦いの興奮と感動を呼び起こしてくれる、そんなソフトになっています。

―関連サイト―
FIFA World Cup | EA SPORTS
http://www.easports.com/jp/2014-fifa-world-cup
2014.04
29
fcr2.jpg
―ソフト情報―
ファミコンリミックス2
対応機種:Wii U
メーカー:任天堂
発売日:2014年4月24日(ニンテンドーeショップにてダウンロード販売)
価格:1,429円(税別)
ジャンル:リミックス
プレイ人数:1人(スーパールイージブラザーズのみ1~2人)
CERO:A(全年齢対象)
備考:「1」とセットになったパッケージ版も同日発売
―――――――

・有名ファミコンソフトのいいとこどり!

基本は前作と同じく、2種類のステージで課されるお題をクリアしていくゲームです。

収録されているファミコンソフトの一場面に課されるお題をどんどんクリアしていくタイプのステージと、ファミコンソフトをベースに新たな要素を加えた中でお題をクリアするリミックスステージの2種類があります。

面白い要素や場面を抽出された状況で遊べるので、ものすごく遊べる濃度が濃いんですよね。
1ステージのプレイ時間も数十秒程度なので繰り返しチャレンジがしやすいのも嬉しい。

リミックスステージではまさかの共演やお馴染みのステージに加えられたアレンジで新鮮な気持ちで遊べます。

・リミックス具合がパワーアップ

前作と比べてリミックスステージが手が込んでいて面白さが増しています。

マリオUSAとマリオ3やパルテナとメトロイドなど、多彩なコラボが展開されています。

収録タイトルを眺めてみると横スクロールアクションの要素があるものが多いのでリミックスするのにソフト同士の相性が良くなったことが良かったのかも。

・Don't think.feel!

前作では各ソフトのプレイデモがチュートリアル変わりになっていましたが、今作では序盤のステージがチュートリアルステージになっており、遊びながらプレイ方法が学べるようになっています。

前作と比べると複雑な操作や決まりごとのあるタイトルが増えているので、これはいい変更だと思いました。

・クリア動画で攻略のヒントを

新しく他の人のクリア動画が見られる機能が付いてより遊びやすくなりました。

特に今作は前作と比べファミコン後期に発売されたタイトルが中心のために全体的に難易度が高めの作品が多いので、クリアに手間取ったりするもの。

そんな時も他の人のクリア動画を見ることで攻略のヒントを発見出来ます。
また、タイムをより縮めるためのやり込みのヒントにも繋がるので、色々な楽しみ方が出来ますね。

出来ればゲームからではなくMiiverseから直接動画が見れる仕様だともっと良かったのですが、するとサーバーとかが大変なことになってしまうのかな…

・ファミコンの歴史を肌で感じる

前作と比べると少しマイナーな印象のタイトルで構成される今作ですが、ファミコン後期のソフトが中心のため、システムやグラフィック面などはファミコンの性能の中でめいっぱいのことをやろうとしている姿が見てとれるので、1と一緒に遊ぶことでファミコンソフトそのものの進化の歴史もたどれます。

基本システムはほぼそのままで、お値段も両方揃えても3,000円くらいなので前作を未体験の方はぜひ両方揃えてもらいたいです。
両方揃えるかパッケージ版だけのチャンピオンシップモードもありますし。

―関連サイト―
ファミコンリミックス2
http://www.nintendo.co.jp/wiiu/wf2j/index.html
2014.04
22

ファミコンリミックス1+2ファミコンリミックス1+2
(2014/04/24)
Nintendo Wii U

商品詳細を見る

―ソフト情報―
ファミコンリミックス
対応機種:Wii U
メーカー:任天堂
発売日:2013年12月19日(ニンテンドーeショップにてダウンロード販売)
価格:1,429円(税別)
ジャンル:リミックス
プレイ人数:1人
CERO:A(全年齢対象)
備考:「2」とセットになったパッケージ版は2014年4月24日発売
―――――――

ファミコンソフトを大胆にリミックス!
まさかの連続の夢のようなゲーム。

このゲームで遊べるゲームは大きく分けて2種類あります。

1つは誰もが知っているような有名ファミコンソフトの一場面に出されるお題をクリアしていくタイプ。
そして、もう1つは有名ファミコンソフトの一場面に大胆なリミックスが施された中でお題をクリアしていくタイプです。

ただでさえ有名ソフトの名場面をサクッと楽しめるいいとこ取りなソフトでありながら、大胆に施されたリミックスが、またユーザーの心を熱くしてくれます。

画面全体にモザイクが入るなどの妨害系から、オリジナルにはない特殊なステージ構成のもの、ソフトの垣根を越えたキャラクターの共演など、多彩なリミックスがゲームに新しい面白さをプラスしてくれています。

このゲームは新作の組み合わせで作るのではなく、過去に発売された有名ファミコンソフトを使うことで、あのソフトでこんなことを!?あのキャラがこんなことを!?といった驚きを提供でき、魅力を何倍も増やせていると思います。

まさにリミックス。

こんな素敵な企画を実現してくれた任天堂の遊び心に感謝したいです。

―関連サイト―
ファミコンリミックス
http://www.nintendo.co.jp/wiiu/wmgj/index.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。