RSS
Admin
Archives

非生活必需品

ゲームもブログも生きていく上には必要のないもの。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

mane

  • Author:mane
  • 任天堂ハードを中心にゲームが好きな普通の人です。

    Twitter:@mane_t

    Wii Uあります。
    ニンテンドーネットワークIDはmane_nです。
    ソフトは
    「FIFA13」
    「ドラゴンクエストX」(課金休止中)
    「Wii Sports Club」(テニス)
    「マリオカート8」
    「ベヨネッタ2」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    があります。

    ニンテンドー3DS買いました。
    フレンドコードは0645-5708-5162です。
    ネット対応ソフトは
    「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」
    「テトリス」
    「マリオカート7」
    「ウイニングイレブン2012」
    「バイオハザード リベレーションズ」
    「マリオテニスオープン」
    「とびだせ どうぶつの森」
    「ルイージマンション2」
    「モンスターハンター4」
    「ポケットモンスターY」
    「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」
    「モンスタハンター4G」
    があります。

    けれど、PS3も家にあります。
    便利なメディアプレイヤーですね。
    オンラインIDはmaneidです。

    Kinect用にXbox360も買いました。
    ゲーマータグはmaneX360です。


RSSフィード
リンク
ブログランキング参加中

blogram投票ボタン
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02
21
カードゲームの醍醐味とは。

いろいろな答えがあると思いますが、ここでは1つ。
新しいカードが発売されることによる環境の変化が挙げられると思います。

環境の変化にどう対応していくか。
新しいカードを既存のデッキにどう取り入れるか。

新規のデッキを作るのとはまたちょっと違った楽しみがそこにはあると思います。

環境の変化に合わせて既存のデッキも進化していく。
それが現在も新弾が定期的に発売されるカードゲームには必要でしょう。

そんなわけで、前に掲載したレジギガス・トゲキッスの2009年2月バージョンを公開。
来月にはもう新弾が出ますが…

ポケモン:9枚

2: ユクシー(DP5)
2: トゲピー(DP4)
1: トゲチック(DP4)
2: トゲキッス(DP4)
2: レジギガス(DP5)

トレーナー:12枚

2: ハマナのリサーチ
1: 地底探険隊
1: プラスパワー
2: ポケモン図鑑 HANDY910is
1: ワープポイント
1: 夜のメンテナンス
1: ふしぎなアメ
1: ゴージャスボール
2: 破れた時空

エネルギー:9枚

3: 水エネルギー
3: 闘エネルギー
2: 鋼エネルギー(基本)
1: 鋼エネルギー(基本)

デッキの解説

トゲッキスでエネ加速、レジギガスでにぎりつぶす、というコンセプトはそのまま変わらず。

最大の変更点はゴースの「まっくらやみ」やディアルガの「つんざく」を意識してトゲチックを投入したことです。
ただ、このデッキは進化ポケモンがトゲキッスだけなので、破れた時空よりもふしぎなアメとの相性が良いので、トゲチックは1枚でふしぎなアメを1枚入れています。

サポーター類も一新しています。
より素早く速攻を仕掛けるために、ハマナのリサーチを入れ、たねポケモンを引きやすくしています。
ユクシーとレジギガスやトゲピーを一緒に引いてきましょう。
また、地底探検隊を採用したことで、無駄にエネルギーを山札から引いてしまう可能性を軽減しています。

エネルギーが9枚とほぼギリギリなので、夜のメンテナンスの使いどころが重要になってきます。
場合によってはトラッシュにエネルギーが1枚しか落ちていなくても使うことも必要でしょう。

何分、今は苦手が多いデッキではあります。
ポケパワーは1回使いきりなので、パワースプレーは大の苦手。
カイリキーは「おとす」があり分が悪い。
ラムパルドはレジギガスが弱点、トゲキッスの抵抗無視。
ゲンガーは無色抵抗持ち。
グラエナは自分でダメージを載せるので苦手。
…ほんと、今の環境は敵ばかりです。

デッキリメイクアドバイス

アブソル(DP3)

これは現在試行錯誤中。
現在の環境ではSPデッキをはじめ、デッキ内のトレーナーカードが多いデッキが多いのです。
また、2進化2体など、割とデッキ内に余裕のないデッキも多い環境です。
そんな時こそアブソルが活躍するのではないかと。

また、ユクシースタートの確立を軽減できる効果は勿論、相手の手札をトラッシュするだけで、ダメージを与えないため、レジギガスとの相性も抜群です。

ただ、このデッキ自体がすでにパンパンに詰まっていて、アブソルを入れる隙間がないのが最大の難点…

―関連サイト―
ポケモンカードゲーム公式ホームページ トレーナーズウェブサイト
http://www.pokemon-card.com/index.html
スポンサーサイト
2008.12
24
メリークリスマス!
一足早い非生活必需品からのクリスマスプレゼント。
ちょっと古いかも知れませんが、もうすぐ新弾が出ちゃうので腐らせるのももったいないなぁ、と。

ポケモン:9枚

2: ユクシー(DP5)
1: アグノム(DP5)
2: ゴース(DPs-B)
2: ゲンガー(DPs-B)
2: クロバットG[ギンガ](DPt1)

トレーナー:14枚

2: ポケモン図鑑 HANDY910is
1: ワープポイント
2: オーキドはかせの訪問
2: ふしぎなアメ
1: ポケトレ
1: ゴージャスボール
1: 瘴気の谷
2: ギンガ団の発明G-105 ポケターン
2: ハンサムの捜査

エネルギー:7枚

7: 超エネルギー

デッキの解説

ユクシーやアグノムなどのポケパワー持ちが重宝される現状の環境では威力を発揮するゲンガーのワザ「シャドールーム」をクロバットGでサポートするデッキです。

基本的には相手に合わせて「シャドールーム」と「ポルターガイスト」を使い分けて戦っていきます。
ここで大切なのは、どのポケモンをどのような順番で倒していくか、ということです。
基本的にはまず相手の主力ポケモンを倒しましょう。
ベンチのユクシーを倒している間に相手の主力が2体立ってたりしたら目も当てられません。
ポケパワー「しのせんこく」もありますが、効果はコイン判定のため、決まればラッキーぐらいの心づもりで挑みましょう。
相手の主力ポケモンを早急に倒すことで、相手はドローソースであるユクシーやサイドに落ちてしまったポケモンを持ってくるアグノムを使わざるを得なくなります。
出てきたら最後のサイド1枚を取るときなどに倒しましょう。
もし相手が警戒してそういったポケモンを使わないのならば展開がままならず、結局こちらが有利に試合が進められるはずです。

ただ、ふしぎなアメがサイドに落ちているなど不測の事態の場合は積極的にサイドを取っていくのも必要です。
その辺りは臨機応変に対応しましょう。

ハンサムの捜査は基本的に相手の手札を見て、自分の手札を入れ替えます。
相手の手札を見ることで、その後の相手の流れが読めるようになるので、展開を阻止したり、対応するのも楽になります。
勿論、相手の手札内のトレーナーの枚数を確認する意味もあるので、判断に迷った時などに使用してください。

ただ、クロバットG、ユクシー、アグノムがいることで非常にベンチが埋まりやすい、という難点があります。
ゲンガーがエネルギー1枚から使えますし、クロバットGは逃げるエネルギーがいらないのでベンチがフルで埋まっていても多少はなんとかなると思いますが、出来ればすぐに「ポルターガイスト」が使える状態にしておきたいです。
そこもユクシーを使いすぎない、ゴージャスボールで山札を確認してからアグノムを使うなど臨機応変な対応をお願いします。

デッキリメイクアドバイス

アンノーンR(DP5)
ベンチが埋まりやすいことへの対策に、トラッシュすることでドロー出来るアンノーンRを入れるのもいいでしょう。
入れる場合はユクシーを1枚、エネルギーを1、2枚削って、アンノーンR1、2枚、夜のメンテナンスまたはポケモンレスキューを1枚を追加、といった感じでいいと思います。

―関連サイト―
ポケモンカードゲーム公式ホームページ トレーナーズウェブサイト
http://www.pokemon-card.com/index.html
2008.10
21
埼玉県大会も終わり、ちょっと寂しい今日この頃。
せっかくなので、県大会で1勝だけ出来たデッキをアップ。

ポケモン:9枚

2: ユクシー(DP5)
2: スカタンクG[ギンガ](DPt1)
2: ドクロッグG[ギンガ](DPt1)
2: マニューラG[ギンガ](DPt1)
1: ドータクンG[ギンガ](DPt1)

トレーナー:14枚

2: ハマナのリサーチ
1: アカギの策略
1: ポケモン図鑑 HANDY910is
1: ワープポイント
2: 月光のスタジアム
1: ゴージャスボール
2: ギンガ団の発明G-103 パワースプレー
1: ギンガ団の発明G-105 ポケターン
2: ギンガ団の発明G-101 エナジーゲイン
1: ギンガ団のアジト

エネルギー:7枚

4: 超エネルギー
2: 悪エネルギー(特殊)
1: 悪エネルギー(基本)

デッキの解説

基本はドクロッグGとスカタンクGのコンビで60ダメージ+毒で攻めていくデッキです。
マニューラGは序盤の展開とスタジアムが来ない、割れない時とミラー対戦時のアタッカーに。
ドータクンGはギンガスイッチを使用してマニューラGを速攻で立てたり。

ドクロッグGとスカタンクGは決まれば早く、高い打点が出せるのですが、欠点としてはミラー対戦時に出力が出ないこと、ドローする手段の少ないスタジアムに依存することが挙げられます。

そこでミラー対策でドクロッグGとスカタンクGのコンビにプラスするものとして他にドンカラスGVer.、クロバットGVer.、ディアルガGVer.など色々試しましたが、マニューラGが展開をする上での安定性も高く、ミラー対戦時の出力もしっかり確保できるので私としては1番いいと思いました。
ディアルガG強いのですが、使い方が難しいですよね。

スタジアムは相手が同名のスタジアムを持っている可能性もあるので、月光のスタジアムとギンガ団のアジトの2種類を入れています。
計3枚入れることで、サーチが出来なくてもドロー出来る様にしています。
月光のスタジアムの方が多いのはドクロッグGとスカタンクGが逃げる2エネなので、それを軽減するためメインのスタジアムと考えています。

マニューラGとの相性を考えてユクシーを1枚でやっていると割とカードを引けないカードが多めなので、回しているとちょっと展開が止まる様な時が多かったので、ユクシーを2枚にしたのですが、結果としては大会ではカードを引くカードが出ない、という残念な感じで負けてしまいました。
まだ改善点があるはず。

デッキリメイクアドバイス

ポケモンパルシティ(PROMO)
場にスタジアムも出せるし、たねポケモンも場に出せる、一石二鳥のカード。
難点はほぼ間違いなく相手の展開を助けてしまうこととユクシーとの相性が悪いこと。
大会会場で使用可能カードを見ていてふと思いついたので、まったく試していないので何とも言えないのですが。

―関連サイト―
ポケモンカードゲーム公式ホームページ トレーナーズウェブサイト
http://www.pokemon-card.com/index.html
2008.10
14
さて、いよいよ日本代表決定戦がスタートしましたね。
みなさんいかがお過ごしでしょうか。
今回はかなり幅があるので、まだまだ余裕のある方もいれば、もう終わっている方もいるんですよね。
自分は意外ともうすぐ大会なので、ちょっと慌てています。
そんなわけで実に1年半ぶりにデッキ集を更新。
名前がねぇ、いたって普通。

ポケモン:8枚

2: ユクシー(DP5)
2: トゲピー(DP4)
2: トゲキッス(DP4)
2: レジギガス(DP5)

トレーナー:12枚

2: オーキドはかせの訪問
1: バクのトレーニング
2: ポケモン図鑑 HANDY910is
1: プラスパワー
1: ワープポイント
1: 夜のメンテナンス
2: ふしぎなアメ
1: ポケトレ
1: ゴージャスボール

エネルギー:10枚

4: 水エネルギー
3: 闘エネルギー
3: 鋼エネルギー(基本)

以前と書き方が変わったのは単に面倒くさくなっただけ…

デッキの解説

トゲッキスでエネ加速、レジギガスでにぎりつぶす、という分かりやすい内容のデッキです。
このデッキの肝はいかにトゲキッスを素早く立てるか、というところにあります。
1ターンで複数のカードが引けるようにユクシーやポケモン図鑑を入れてあります。
また、トゲキッスのポケパワー「てんのめぐみ」は山札にエネルギーがあってこそのポケパワーなので、オーキド博士の訪問で手札に来てしまった余分なエネルギーを山札に戻したり、夜のメンテナンスで山札のエネ率を上げたりして「てんのめぐみ」を有効活用してください。

また、にぎりつぶすの出力が120なので、プラスパワー、バクのトレーニングを入れてHPが130のポケモンも1発で落とせる様にしています。
1:1にしたのはバク2枚では効果を重ねることが出来ないため、+20を可能にするためというのと、プラスパワー2枚ではドロー力に不安があるからです。
とはいえ、ハーフではカードの引きすぎもまずいので、プラスパワー2枚でもいいかも知れません。

ただ、このデッキ、Gに勝てないんですよ、パワースプレーがあると…
もともとトゲキッス系のデッキはポケパワーに強く依存しているので、そのポケパワーを封じられると途端に弱体化してしまいます。
パワースプレーを警戒してギンガ団の賭けやハンサムの捜査もいいかも知れません。
どちらもエネルギーを山札に戻すことも可能ですし。

エネルギーの種類ごとの比率はお好みで。
もう1枚減らしても大丈夫そうですが、トゲピースタートやサイド落ちを考えると10枚が安定するのではないかと。

デッキリメイクアドバイス

アンノーンG(DP4)
言わずと知れたカイリキー対策。
また、逃げるコストの重いレジギガスの特殊状態対策にもなる心強い味方。

アンノーンK(DP3)
DPt1で再登場したレジギガスの驚異、レインボーエネルギー対策。

ナナカマドはかせ
デッキにエネルギーを戻す、という効果は高いのですが、オーキド博士の訪問と違い、戻したものを再度引いてしまう恐れもあり。
お好みで。

あと、現在進行形で調整中のデッキでもありますので、ここはこうしたらいいんじゃないか、というアドバイス等ありましたら、ぜひお願いします。

―関連サイト―
ポケモンカードゲーム公式ホームページ トレーナーズウェブサイト
http://www.pokemon-card.com/index.html
2007.03
11
ポケモン 8

サボネア(PCG8) 2
ノクタスδ(PCG8) 2
サンド(DP2) 2
サンドパン(DP2) 2

トレーナー 13

オダマキはかせ 1
孤島の隠者 1
クルミのリクエスト 2
ロケット団の幹部 1
マスターボール 2
ポケモン図鑑 HANDY901is 1
ちからのねっこ 1
プラスパワー 2
ワープポイント 1
暴風 1

エネルギー 9

闘エネルギー 7
Wレインボーエネルギー 1
スクランブルエネルギー 1

レギュレーション変更という苦難を乗り越えて久しぶりにデッキ集を更新。
使えないものは載せられませんからね(^^;
最近は「湖の秘密」記念大会用のデッキを考えているのですが、いいものは中々思いつきませんね。
そんな今日はDP2のサンドパンを使ってノンキラだけで出来るお手軽(?)デッキの紹介です。

デッキの解説

基本的な戦略としてはノクタスδのトリプルニードルで相手にダメカンを撒き、サンドパンのどくのトゲトゲを積極的に狙っていこう、というデッキです。
どくのトゲトゲ自体の出力は60ですが、どくとの相乗効果で70、さらにプラパを隠し味にすることで、出力はそこそこあるのではないでしょうか。
なによりもノンキラだけで出来るのでお手軽ですよねぇ。
まぁ、DPシリーズはノンキラでさえ出にくいのであれですが…

デッキリメイクアドバイス

サンド(DP2)→サンド(PCG6)
「湖の秘密」大会でないのならこちらで。
こちらなら相手の壁も超えられるので。

ちからのねっこ→封印の結晶
ノクタスδのポケパワーはベンチでは発動できないので、サンドパンに張るのならこちらでもいいかも。
耐久力に不安が残りますが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。